Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す 最終回

           カルラディア大陸に2度の混乱を招いたニット帽司令官
                 
             再び起きた大陸戦争によって生き残った国家は2つ
                            
                    ノルド王国と真ノルド王国

          偉大なる大陸統一をするのには故郷を破壊しなければならない

   Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す 最終回   

resize1450.jpg

北東部制圧隊と本部強襲部隊に別けての大規模侵攻開始
ニット帽司令官率いる1000の兵士は主要要塞都市サルゴス陥落と現ノルド王抹殺を狙う
邪魔する部隊を皆殺しにしつつ、北部へ進軍を続ける
今回の侵攻は援軍、最前線部隊共に選り抜きを用意、物量と質で押しつぶす

サルゴス手前の平原でノルド軍が待ち構えていた
総数600からなる最後のノルド正規軍である
こちらは真ノルド国精鋭650を用意
このゲーム始まって以来の大規模野戦が開幕した

resize1453.jpg

今回の侵攻において新兵器を投入
それが60名から成る弓騎兵部隊である。
時計回りに高速攻撃をし敵をMAP中央に集める事を目的とした騎兵で、敵の散開を防ぎつつ数を減らす
また弓騎兵を守ることを目的とした重騎兵も100名用意
あとは重装歩兵で押しつぶす

resize1454.jpg

作戦は成功
敵の第一波は壊滅するが増援が来るため重装歩兵を中央に配備、騎兵は丘で待機させる
敵軍の装備を確認しなければ大規模な騎兵部隊は動かせない

resize1457.jpg

敵第二陣に重装歩兵を突っ込ませる
どうやら敵も同じ兵装の模様

「諸君、これより大陸統一の仕上げをする」


resize1456.jpg

「支配者の暴力を見せるのだ」
丘の上に陣取っていた150近くの騎兵が一斉に前進を開始する
ニット帽司令官を先頭にした暴力は、戦局を大きく変えた。

戦いは、戦いとは呼べない処刑場となり敗走兵は敗走できなかった。
同時に第二軍から主要要塞の壊滅の知らせを聞く。
ノルド王は大陸の外れで捕縛され、南部の要塞に監禁したことにより大陸は有る一人の者の手に落ちた

resize1459.jpg

正規軍は壊滅したものの、ニット帽司令官に従わない街がサルゴスだった。
何度も投降を呼びかけるも、徹底抗戦の構えを崩さない。
流石重要都市の守りを任せられているだけはある衛兵だ。
しかし、大陸統一に勇敢な思想は邪魔なだけである。

望み道理以上の暴力を与えよう

さて真ノルド王国の王レスウィンは大陸の支配者に成れた。
しかし彼は傀儡王に過ぎない
軍、経済、領土、人事を握っているのはニット帽司令官である。
現にレスウィン王は領土を1つも持っていなかった。いや与えなかったという方が正しい。
しかしながら大陸統一を果たしたので平和になった・・・

敵国は存在しないのだ!!

resize1463.jpg

彼が居なければ・・・の話だが

長きに渡り攻略してきたMount & Blade Warbandも今回で終わりです。
ゲームレビューは書きますが、暫く時間が掛かると思います。
続編のWith Fire & Swordですが流石に同じ系統のゲーム3連発はキツイのでプレイはしますが、このような攻略日記にすることは無いと思います。
また何らかのマイナーゲームを知ってもらうために、このようなコラムを用意できれば良いかなーと所感を述べた所で終幕とさせて頂きます。
いやー、久しぶりに楽しいPCゲームでした。

Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す7

resize1299.jpg

大陸の状況
戦争により大陸に存在する国家とその状況

ノルド王国
大陸の半分を領土にするも領土が大きすぎて管理できていない状況
そこに、毎度の反乱指揮官が大軍を率いて砂漠地帯から攻撃してきたことにより、国内不安が起こる
現ノルド王に反感を持つ将兵15名が、新ノルド国へ亡命するなど混乱状態

ロドック王国

今回も終盤まで生き延びた西方超大国
スワディリア王国を滅亡に追いやった後、大人しくしていたのだが此処に来て大規模な軍を大陸中央部へと進める
前作と同じような展開を狙っているのだろうか?

新ノルド王国
血統上のノルド王レスウィンを筆頭にする国家
彼は表面上の王様でしかなく、国の実権を全て握るはニット帽司令官
極東、砂漠地域一帯を配下に置く、超軍事国家
豊富な資源を武器に大陸中央部へと侵攻を開始
まずは大陸中央部拠点ディリムへ向かうが・・・

今までロドック王国と戦ってこなかった理由は『軍が強い』の一言に尽きる。
彼らが持つ長槍兵は、我々が得意とする騎兵戦法と相性が悪く、戦えば敗戦は免れない。

これまではロドック王国とは平和にやってきた
いや、平和にするしかなかったのだ
だが大陸の中央利権ディリムを狙う2カ国に平和は築けない。

ロドック王国死すべし


resize1307.jpg

20師団を投入しての西方地域壊滅作戦開始
どんなに犠牲を払ってもロドック王国を潰さねばならない
各地で火の手が上がり、想像を絶する物量戦争と化した。

resize1310.jpg

古今戦争に勝つのに必要なのは質ではない
いくら憂愁な兵器、人材がいようとも物量と補給さえあれば押しつぶせるのである。
信じないなら見せつけるしかあるまい、なぁロドック王国よ

resize1308.jpg

ロドック最重要拠点、ヴェルカ争奪戦は100名の部下を失うも物量で押しきり勝利
西方地域は信頼のできる脳筋将兵に残党兵力掃討と領土管理を任せる事にした

さあ、横槍を入れる国家は存在しない
ニット帽司令官の号令の元、集まった将兵25師団と共にノルド本国へ侵略を開始した。

次回『Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す』の最終回を予定しています

Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す6

resize1292.jpg

公益上敵対したくはなかったサラン王朝との戦争を命じられたニット帽司令官
嫌嫌ながらも砂漠地帯に侵攻を開始する。

スマン サラン王朝・・・私の出世のために滅んでくれ・・・
元々サラン王朝は軍備が整っていなかった所を、電撃的に進行したため内政が混乱し滅亡

・・・旧サラン王朝の大都市の管理を一任されるも心にモヤモヤが残る
砂漠地帯はニット帽司令官の最大軍事基地と化し、騎兵300、重装兵500名から成る難攻不落の地域となった。
砂漠地域一帯の利権が手に入ったために膨大な金が手元に残るようになり、それを元手に大規模な軍備拡張をすることに

もはや味方すら恐れるほどに金と利権、そして軍事を手に入れたニット帽司令官

resize1290.jpg

怖いものナシになった司令官は好き勝手することにした
まさかの駆け落ち
駆け落ちが出来るゲームって凄いと思う・・・
スヴィプル婦人と駆け落ちしたためにノルド王国貴族とは犬猿の仲になってしまった。
だが、関係ない
私はそれだけの軍功を成し遂げたのだ

権力を手にしたニット帽司令官は、極東地帯の利権も王様に強請りGETしたため、もはや領主というよりも

1国家に匹敵する領土と軍事を手にした事になった


スタートは傭兵団、今は豊かな大都市を7つも抱える大領主、ここがエンディングでも良かった。
そう、タイトル道理に『良き領主』に成れたのだ!!

そう 良き領主に・・・

ある街で運命を変える人物に出会う
レスウィンなる人物は『自分こそが真のノルド王だ』と言う
現ノルド王に尋ねてみたところ・・・

resize1288.jpg

王様「レスウィンは血統的には王様だけど邪魔だから排除したよ」


さて このコラムのタイトルは良き領主を目指すである。
つまり真のノルド王に出会った以上、ノルド王国に仕える領主としては、真の王様に仕えたいものだ。

これは反乱などではない
名誉を賭けた戦争なのだ


ノルド王国は大陸の半分を手にした大国家である。
しかし我々には1000の精鋭と膨大な金がある。

敵はノルド王国
砂漠地帯からノルド本国へ宣戦布告

今こそ侵攻の時だ


resize1293.jpg

Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す5

resize1254.jpg

スヴィプル婦人と仲良くなってノルド王国の中枢に居座ろうとする作戦を思いついた主人公
彼女の父親はノルド王国では一目置かれている重鎮だ。
若干下心があるが、出世には彼女が必要なのだ・・・

resize1252.jpg

街の運営をしたいのだが、戦火が思ったよりも拡大してしまい、それどころではなくなってしまった。

resize1256.jpg

街を焼き・・・

resize1261.jpg

騎兵隊で虐殺を繰り返す日々・・・
この戦争はどこに向かっているんだ?
かつての強国スワディア王国は滅び、最大のライバルであったベージャー王国は滅ぶ寸前だ
ノルド王国は戦争で大陸の半分の領土を得るが、大陸そのものが荒廃しているために景気の良い街が貴重になってきた。
幸い、私の領土である3つの大都市は平和で経済状況もかなり良い

ノルド王国は平和な砂漠地帯、サラン王朝に攻めるため領主を集め戦争をするようだ
サラン王朝と私の街は交易上、仲が良いので攻撃はしたくないのだが・・・

Mount & Blade Warbandで良き領主を目指す4

resize1241.jpg

大都市の略奪行為を始めた一団

目に付く都市を焼き討ちし、破壊行為をし続ける
もはや動く火種、武装した重装歩兵は陣営関係なしに襲っている・・・
あれ もしかして主人公が一番の悪役?

結果

resize1248.jpg

前作も弱かったが、今作は更に弱いカーギットハン国滅亡

これが原因で大陸に本格的な戦争が勃発

どの陣営と敵対し、何が味方なのか解らない状態になってしまったが関係ない
私が欲しいのは大都市の利権だけなのだ。
税金を、利権を、領土をよこしやがれ 

あまりにも暴れまくったためにノルド王様がビビり大都市リヴァチェグをくれた
resize1238.jpg

ココを拠点として本格的な反らn・・・ではなくノルド王国に忠誠を誓う良き領主を目指そうと思う
まずは大都市の立て直しをして住民の理解を得よう!!
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR