Mason、怒りのゲリラ8

resize1387.jpg

戦艦E.D.Sハイドラを破壊し、EDFによる火星支配に終止符を打つ
Masonさん、殺る気満々の最終決戦は山岳地
戦艦E.D.Sハイドラは火星近くまで来ているようなので、山頂にある大砲で破壊する作戦
いざ、山頂へ

resize1390.jpg

EDF守備隊を退け、お目当ての大砲に辿り着いたゲリラ一団
しかし、発射するには発射口のある山頂に行く必要が…
ココから最凶の難度を誇るミッションが始まります。

resize1391.jpg

戦車で山頂を目指すMasonさん
しかし敵の攻撃も激しく、かなり辛い戦いになります。
まぁ 最終ミッションまで来れた憂愁なゲリラ諸君なら問題はない
急いで駆け上がれ

resize1392.jpg

火星世紀末モヒカン乱入
戦いはモヒカン vs EDF職員となっているが、ココは任せた
そして最後の戦いに赴くMasonさん

「俺、この戦いが終わったらHearts of IronⅢをやるんだ」

resize1393.jpg

掟8 戦車なんて棄ててかかってこいよ!!

戦車とMasonさんのキルレシオ比は1:10
負け無しの爆弾神、怒りの爆撃
そして、大砲を宇宙戦艦に撃ちこむのだ!!

…冷静になって考えれば、戦艦1つくらいMasonさんで破壊できた気もするが…

resize1399.jpg

ゲリラ万歳
ハンマー最高
爆弾は友達
そして、Masonさんは伝説になった。

ゲリラ
【名】({スペイン}guerrilla )
ゲリラ戦を実行する部隊、あるいは戦闘員のこと

もしくは・・・


いや、やめておこう
プレイした私でもguerrillaの定義は解らなくなったし、彼を定義できるのは『破壊』という現象だけだろう。


Red Faction GuerrillaはVolition, Inc.によって制作されましたが『Saints Row』シリーズのほうが有名で、本作はその後後継作が造られませんでした。
一応、Red Faction armageddonという続編はありますが、ゲーム性は大きく変り一本道TPSとなっています。
Red FactionGuerrillaの面白いさは実に表現しにくい所が多く、コラムにしましたがそれでも伝えるのが難しいと実感しています。
又、全てがパーフェクトなゲームではありません。
幾つものデザインミスや難易度、ストーリーには賛成できないですし、なによりマップの出来が悪いのです。
それでも、Red Faction Guerrillaは『憂愁なゲーム』にカテゴライズされるのは、実に野心的な試みを中枢に置き、実行したからに他なりません。
レビューは書きますが、一旦間をおいてからになると思います。
というのもやり残したDLCの存在があり、コチラの紹介を軽くしてから(連続コラムにはしません)という考えがあるので、最終的なレビューは遅くなるかもしれません。

Mason、怒りのゲリラ7

resize1403.jpg

電車に乗っていたら、前の座席に居たキャバクラ嬢風オネーちゃん3人組みが

「Xbox360のォー、レッドファクション・ゲリラがヤベーんだってェー」

いや、どう見てもゲームする感じの人ではないのだが、リーダー格っぽい女性が熱く2人にゲリラの魅力について語り始める。

「爆破ァーできるゲームなんだけどォー、なんかァー、ゲリラしてねーんだよ」

という訳で、女性から見てもゲリラしていない主人公Masonさんのお話も終りが見えてきました。
突如、司令部が襲われているとの知らせを聞き、救助に向かう。

resize1409.jpg

主人公とSAM姉貴以外全員死亡
ゲリラ活動の拠点を失い、途方に暮れる2人だったが…

SAM姉貴「マローダーを仲間にして革命しようぜ!!」

さっそく世紀末地帯に住む火星産モヒカンに協力の願いを届けに向かう。
会話スキル0のMasonさんの交渉術はいかに!!

resize1413.jpg
① 銃を所持した状態で入室しましょう

resize1414.jpg
②交渉相手は予想以上の世紀末な人です

resize1416.jpg
            !?


resize1417.jpg
③SAM姉貴が交渉してくれるようです

resize1418.jpg
④粘り強く交渉しましょう。次回からハゲ抜きで交渉するとスムーズになりますね

resize1419.jpg

掟7 ゲリラたるもの世紀末集団を理解せねばならない

マローダーを仲間にしたことにより数的な心配はなくなりました。
統率が取れるのかは疑問ですが、ついにEDFの最終基地に攻めこむことを決定したゲリラ一同。
火星の自由を得るために、破壊神と世紀末集団の最後の反撃を試みる

Mason、怒りのゲリラ6

resize1361.jpg

オアシス地区でハンマーによる撲殺事件が発生。
誰がこんなに非道な行為をしたのか…
ストーリー的にも後半戦を迎えた本作だが、EDFとゲリラ勢力の独立を巡る戦いは激化。

resize1363.jpg

ゲリラらしい待ちぶせ作戦を決行し、EDF補給部隊を襲う。
確かにゲームは進んでいるのだが、ストーリーは進んでいないのがゲリラ。
制作スタッフは破壊活動だけは作り込んだが、それ以外に不満があり後半で露見してくる。

resize1367.jpg

掟6 ゲリラ、空からの強襲はお手の物
飛べるようになったゲリラ戦闘員Masonさん
心なしか嬉しそうにも見えるが、良からぬことを考えている顔にも見える。
空と陸からのゲリラ活動により楽勝と思われたが…
次回急展開のMasonさん

Mason、怒りのゲリラ5

resize1350.jpg

掟5 ゲリラたる者、盗んだ戦車で戦わねばならない

そろそろ誰か説教をした方が良いような気もする主人公Masonさん。
『独立を目指す戦い』をするはずが単なる破壊神と化し、EDF職員並びに現地住民に暴行を加えている模様

resize1353.jpg

新兵器ナノライフルをGETしたMasonさん。
何を想っての含笑いなのか…

さてメインストーリーと並行してサイドストーリーも進めて行かないと強化ハンマーのアンロックがされない。
幸いにもバットランド編はサイドストーリーは豊富なので、ココらで一気に主人公強化するのもいいだろう。
難易度にもよるがオススメの強化は『爆弾』と『ロケットランチャー』の2つ。
爆弾は強化すれば終盤までメインで使っていける強力な武器になるし、ロケットランチャーは対建物や戦車戦にないと困る。


resize1357.jpg

中盤は観光スポットも増えるので、敢えてストーリーを進めないのもいいかもしれない
荒廃した建物に人影は無く、生活していた痕跡が冒険心を擽る。
こういった大抵のプレイヤーが来ないような場所を作り込んでいるのは評価できるが、もう少し街の作りこみをしてほしかった。

見所が少ないバットランド編だが次からは戦闘メインになってくる
ゆったりと観光をする事が多いパートだったが、オープンワールドゲームの評価はこういった『自由時間をいかに強制させずに楽しませるか』で変わる。
そういった意味でバットランドは素晴らしい体験なのだ。

いい話で終わりにしようと思ったが、邪神Masonさんは人狩りに夢中

resize1349.jpg

忍び寄る悪魔
嵐の前の静けさなのか…

Mason、怒りのゲリラ4

resize1345.jpg

ダスト地区最後の解放ミッション開始
EDFの激しい砲撃から仲間と物資を救出する作戦なのだが、マローダーの乗っている世紀末バギーに心を奪われてしまったMasonさん。
ココら辺から難易度が上昇してくるので、装備品の調達は重要。

resize1346.jpg

掟4 司令官に抗議できるのはMasonだけ

基本的に主人公Masonさんは会話スキル0です。後にコレがフラグになるので覚えておきましょう。
因みに隣にいるのは女ゲリラのSam姉貴。

resize1348.jpg

爆破と砂漠のバッドランド編スタート。
メインストーリーなんか無視して、EDF職員を撲殺、検問所は爆破だ。
憂愁なゲリラを目指すのなら爆弾強化は必須。
民間人諸共爆破しているのでリスペクトポイントは0だが気にしてはいけない。

敵味方構わず襲うゲリラ戦闘員Masonさんの戦いは続く
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR