I am the Overlord!! 魔王サマの復活9

俺達の世界の話じゃあないんだが、噂によるとトンデモない悪党が暴れているらしい
その世界の英雄を次々に殺し、街を破壊し、悪行を重ねているらしいんだ
しかも怪物軍団を結成、世界征服まで手を伸ばした…らしいんだよ
まぁ、そんだけ悪い野郎ならハッピーエンドは迎えられないだろうし、ソブンガルデにも迎えられないだろう



長き眠りから覚めた魔王サマは弱いミニオン達と共に旅をしてきました。
かつての英雄達は人間を苦しめる悪党となり、世界を征服しようとする一行と対峙しました。
魔王サマは沢山の部下を失いましたが、確実に世界を征服…というより平和にしてきた征服者になっていきます。
長き戦いを終え、お城に戻ってきた魔王サマ
世界征服は確かに完了したのです。
此処からは征服者としての彼ではなくOverlordとしての幕引きです。

I am the Overlord!! 魔王サマの復活 最終回

resize1833.jpg

お城に戻ると様子が一変しています。
そこにいた老人から衝撃の事実が述べられます。
彼は本当の魔王ではありませんでした
老人の思うように動かされていた傀儡魔王に過ぎず、世界征服が完了した今、彼の存在意義はなくなりました。
彼は利用されただけ。

resize1834.jpg

彼「私のお城を返せ、(怖い)嫁を返せ、部下を返せ」

彼は今まで勝ち取ってきた多くの財産を取り上げられてしまいました。
さらに力までも老人の手に渡り、幕引きは確実な敗北という形で終わりを迎えようとしています。
ずる賢さが足りなかった彼に『魔王』という大役は重すぎたのです。
知恵が足りない支配者は死ぬのが鉄則です。

resize1837.jpg

彼に付き従う部下は少数です。
元々従う理由なんてなかったのかもしれません。
悪者は倒される運命にあるのなら、今此処での悪者は…

resize1836.jpg

ラスボス戦開幕
凄まじい攻撃の数々ですが、パターンさえ読めれば何とかなります。
攻撃のチャンスが少ないので、一回の攻撃に全てをぶつけましょう。
コツは部下の待機場所にありますが、此処までこれたプレイヤーなら理解できるはずです。
悪い奴は殺せ!!それが魔王サマスタイル



彼がその後、どうなったかって?
知らないよ、多分死んだんじゃないか?
そもそも英雄を殺すような心が汚い野郎なら、ずる賢く立ち回っているはずだろうから
部下からの人気もないだろうな
案外、裏切りとかで殺されたりして
裏切りといえば、俺も生前は裏切りで国を乗っ取ったことがあるんだが、その話は今度にするよ。
次のソブンガルデ・ラジオは~

resize1839.jpg

He isn`t "He"

He is the Original Overlord

I am the Overlord!! 魔王サマの復活8

ジャブスコ「いつものDJは外にいるドラゴンを討伐しに行ったため今回は私一人で喋らせてもらいます。
ソブンガルデも物騒になっっているようなので外出時は用心したほうがいいかも知れません。
まぁ、用心したトコロでソブンガルデの住人さんは大半が英霊だと思いますので用心のしようがありませんが…



私は生前、キャピタル・ウェストランドで司令官をしていました。
そりゃあ大変な環境でしたよ。
法律は無いし、警察もいません。
勿論ですが国家は消滅していましたし、放射能が大地を蝕んでいました。
安全な食べ物もない、安全もない、レイダーがヒャッハーして住民を殺していました。
その中で幾つか得た経験を話しましょう。」

ソブンガルデ・ラジオも終わりに近づいて来ました。

resize1757.jpg

魔王サマ「ラジオ聞きたいけど、今は自分の事に集中しよう」

残る英雄は1人となった魔王サマ一行。
目標達成のために砂漠地帯を進撃します。
このMAPは非常に質の良い防具、武器が集まりやすく後半戦に相応しいアイテムが多いです。
その分、敵も強く気が抜けません。
砂漠地帯は直ぐに終わったのですが、事態が急変します。

resize1760.jpg

魔王サマ「人間さん達を襲っちゃ駄目なんだよ!!」

最後の英雄がトンデモナイ外道で、かつて助けた村を襲っています。(詳しくはPart1,2参照)
心優しき魔王サマは村人の救済のために軍を派遣します。
しかし事態は悪化の一途を辿っています。

resize1764.jpg

以前、Frapsの起動忘れでまるまるカットされてしまった疫病都市ですが、魔王サマは結果的に人間を救って来ました。
その平和になった都市に、最後の英雄が現れて住民を殺しているのです!!

resize1765.jpg

魔王サマ「…許せないんだよ!!」

正真正銘の最後の英雄との戦いです。
こちらには強化されたミニオンが沢山居ます。
相手はたったの1人。
そして正義は此方にあります。
本当は世界征服を目指しているので、「悪は此方にあります」の方がいいのかも知れませんが…

resize1769.jpg

魔王サマの盾となり死んでいくミニオン達
魔王サマを強化するために死んでいった数百のミニオン
今まで苦楽を共にしてきた古参ミニオンは突撃し、そして散っていきました。
それも世界征服のために死んでいったのです。

世界征服のために英雄は死ぬべき時を迎えるのだ!!



失った部下は少なくないが、魔王サマは全ての英雄を殺しました。
最早、地獄の軍勢を止める英雄は存在しません。
征服者となれたのです。
これにてハッピーエンド。おしまい

resize1755.jpg



ジャブスコ「~という点を守ってきたからこそ俺は生き抜けたんだ。
でも一番大切なことはさ、

目的を知ることだと思うんだ

幾ら俺のアドバイスを守ったトコロで状況によっては役に立たないと思うけど、目的がしっかりしていれば司令官は務まる。
ただ時々、悪い奴がいて憂愁な司令官を利用して自分の思惑道理に動かそうとすることもあるんだ。
憂愁で純粋な奴ほど死に急ぐって言うだろう?
今まで本当に世界征服をしたいと願ったのか?
そもそも何で部下はお前に付き従ってきたんだ?
何時かは考えないと、マジで死んじまうぞ」

次回、Overlordの最終回を予定しています。




I am the Overlord!! 魔王サマの復活7

はい、お便りを紹介しまーす。

「私は魔王なのですが、部下が弱すぎて世界征服に若干の不安があります。どうしたら良いかアドバイスを下さい。」

またお前か!!
前回のお便りコーナーでも自称魔王(笑)が手紙を出してきたが、コイツも同じアホだろ。
自分で解決しろや、バカタレ魔王!!

ジャブスコ「いや答えてやれよ…。俺の場合は部下に良い装備をさせてたよ。君の部下は体力が低すぎて死んでしまうんじゃないか?だとしたら体力が大幅に上がる防具を見つけてきてあげるしかないかな。キャピタル・ウェイストランド時代の俺の部下は良い装備をしていたから生き残れたんだ。まぁ、俺の部下の装備を狙ってくる賞金稼ぎがいたけど…そいいえばアイツは英雄になれなかったのか?」

ソブンガルデ・ラジオに出ている出演者は生前英雄でした。

resize1744.jpg

魔王サマ「貴様は弱い」

魔王サマが強くなりすぎてしまいゲームバランスが崩壊してきました。
問題は火力の異常なインフレっぷりにあり、部下だけだと火力面から時間がかかり過ぎます。
ミニオン達を装備以外でパワーアップさせる手段をシステムに組み込むべきだったと感じます。

ドワーフ殺しに目覚めた魔王サマ一行でしたが、奥地にはドワーフ長がいる模様。
エルフさん達の敵は魔王サマにお任せ!!(魔王サマがエルフ長を殺しましたが気にしてはいけない)

resize1747.jpg

なんですか、このトンデモマシーンは!!


強すぎてミニオンが死にまくりです。
流石ドワーフ達の最終兵器だけはあります。
実は此処まで来るのに色々とイベントがあったのですが、何にせよ作業だったので思いっきりカットしました。
気になる方は自身でプレイしましょう。
多分、キレます。

resize1749.jpg

ミニオン「魔王サマ、あそこに囚われの身のエルフがおりまする。しかし黄金財宝と一方しか選べないですぞ。ご命令を。」

魔王サマ「え?どうしようかな…お城には浪費家の妻がいるし…でも命はお金じゃ買えない」

resize1750.jpg

魔王サマ「お金無いと妻に殺されそうなので財宝にしよう。さぁ皆逃げるぞ!!」

流石魔王サマです。
段々と悪行がサマになってきました。
囚われエルフさんはドワーフ達とともに地中に埋まりました。
こう書くとファルメル的な妄想を掻き立てられます。
ぜひ地中世界を作り上げて欲しいトコロですね。

resize1753.jpg

さてさて、人間、エルフ、ドワーフを蹂躙(又は救済)してきた魔王サマでしたが、次回からは少し違ったエピソードになります。
この旅の目的は世界征服です。
物語も後半戦になってきた魔王サマは最後の戦いの地に向かいます。

本稿を書いている時点で本編は終了したのですが、後半エピソードが衝撃的なのでビビっています。
この様子だと後2回でOverlordのコラムは終わりになると思います。

I am the Overlord!! 魔王サマの復活6

ジャブスコ「…な訳で俺のいた世界は大変だったんだよ。英雄とか以前に悪人しか居なかったから部下を守るだけでも精一杯な事もあったぐらいだしね。」

ふーん、きゃぴたるうぇすとらんど(?)は1つのミスで全滅する過酷な環境なのかぁ。
そういえば、この前ソブンガルデに来た英霊も
1ミスで宇宙人に殺されるような弱い組織を運営していた
とか言っていたな。
何にせよ司令官なら1ミスすら許されない事も多いだろうし、まさかFrapsを起動し忘れてSSが無いとか言う管理人は居ないよなぁ!!

次回のソブンガルデ・ラジオは少し更新に時間がかかります。

resize1731.jpg

魔王サマ「ゴメンナサイ、疫病都市編まるまる1つ撮り忘れました…」

Fraps起動し忘れた時に限ってノーミスクリア…
しかもこのゲームはオートセーブしか無いという鬼畜保存法により、解決策は最初からのやり直ししか無い。
このコラムを書いている時点でOverlordのセーブデータが2回壊れ、しかも2回とも中盤まで進めていたセーブデータだったのが心が折れる
もうこれ以上やり直ししたくないので、疫病都市編はカットすることにしました。
まぁ、その…
本当に申し訳ないです。

resize1733.jpg

これまでの魔王サマの経緯
1.世界征服したいから人間襲おう→手違いにより感謝されてしまう
2.疫病に苦しむ人間を助けたよ→お城が嫁に牛耳られてしまう
3.エルフの森が欲しいなぁ→エルフ長がクズだったので始末
3.疫病の原因は悪い人間だったので懲らしめたよ→周辺が平和になる
4.エルフさん達を没落に追いやったドワーフは許せないんだよ
←今ココ

という訳でドワーフを殺しに行きます。
この世界のドワーフは悪者で、発達した科学力を武器に他の種族を殺していたようです。
ソイツはメチャ許せんよなァ!!

resize1741.jpg

前回から大幅に魔王サマがパワーアップしました。
具体的には子分のミニオンが要らなくなるくらいに超火力斧の製造に成功。
攻撃力150とか違うゲームでやれ状態です。
防具も非常に堅いモノを製造しパワーアップをし続けた結果、何ゲーか最早解らないくらいに強力魔王サマになりました。
某世紀末宇宙エンジニアも驚きの強さを手に入れた魔王サマですが、ゲームの難易度が激しく面倒くさい仕様になってくるためミニオンの数もそれなりにいないと困るのが厄介な点。

resize1743.jpg

魔王サマ「君達は下がっていなさい。アレは私が狩る」



ここまで来てまたセーブデータが壊れたら血管が切れる。
なんとかしてこの1プレイに賭けたいが…どうなるものやら


I am the Overlord!! 魔王サマの復活5

今回のゲストは世紀末なゲームで人気な英雄だそうです。
えーと…至高のオーバーロード・ジャブスコ?さんだ。
何、この恥ずかしい名前。
馬鹿じゃないの?

ジャブスコ「これは誤訳なんだよ…正確には"Commander Jabsco"なのでジャブスコ司令官が正しい。どうやったら至高のオーバーロードなんて恥ずかしい名前に訳したのか俺が聞きたいよ。とにかくゼニマックス・アジアは英語を出来る人を雇ったほうがいいな。まぁオーバーロードって響きは悪くないけど…」

(生前、何してたんだろう…)
まぁ英雄なら人助けをして報酬を貰うこともあるだろう。
要らない報酬を貰う時、貴方は断る勇気があるかな?

次回からソブンガルデ・ラジオに至高のオーバーロード・ジャブスコ氏が解説に加わります。

resize1700.jpg

魔王サマ「困っている人は助ける」

前回からかなり間が開いたのには理由があります。
まずXcomをプレイしたこと、Overlordのセーブデータがブッ壊れたこと、そしてやる気が起きなかったことの3点です。
まぁ、今年中には終わりそうな感じではあります。



疫病に苦しむ人達を助ける魔王サマ一行。
問題を解決してあげると、報酬として嫁を貰いました

resize1705.jpg

魔王サマ「スッゴい我儘なんですけど!!」
困っている人を助ける→知らない女性が勝手に嫁になる→お城を牛耳り始める
何だか魔王サマが可哀想になってきた。
取り敢えず疫病の原因を探すために、沼地を散策することに。

resize1719.jpg

凄い勢いで食われていくミニオン。
段々と戦闘の難易度も上がってきたが、運良くブルーミニオンの巣を発見。
泳ぐことが出来るブルーさえいればエルフの森は落ちたも同然。

resize1725.jpg

エルフ長オベロン、この森は頂いたぜ!!
案外、弱かったオベロンさん。
こんなに弱いのならドワーフとの戦争も劣勢になるわな。

少し想うことがあるのはブルーミニオンの仲間になる場所。
ヒントも一切に無かったし、こんな最果ての場所に重要なイベントを配置するなんて分かり辛いにも程がある。
そう考えると本作の分かり難いMAP構成も気になり始める。
うーん、もう少し丁寧に作って欲しいなぁ…

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR