伊・超精鋭狙撃手 その8

resize49538.jpg

ドイツ軍の補給基地となっている軍港を爆撃するために、事前に潜入をすることとなったフェアバーンさん。どうやら軍港は厳重な警備と対空機関砲によって防備を固めているらしい。まずは軍港近くの林からスタートし、物資を集める。また狙撃銃はポイントが溜まり次第、色々なものを使っていこうと考えている。今回はドイツ軍の狙撃銃Kar98Kだ。前作では非常に高い倍率スコープと最強クラスの威力を誇ったものの扱い難いライフルだった。今回は、そこまで駄々っ子ではないが、スプリングフィールドと比べると見劣りする。

resize49552.jpg

とは言え、有効射程を最大限まで活用できるライフルは、その分だけでも戦術に幅が出る。発砲距離が十分に遠ければ、敵からはフェアバーンの位置を容易に察知できないからだ。消音弾丸と併用することで、マスク射撃不要の無双も可能。ただし、持てる弾丸に大きな制約があり、20発までしか撃てない。ここぞという時だけにしたい。

resize49566.jpg

緊張感ある室内戦。
そろーりそろーりと事務所内を掃除していく。サプレッサー付きのマシンガンがないため、室内戦は拳銃が活躍をする。初期でサプレッサーがない拳銃でも、消音弾丸を用いる事により発砲音は抑えることができる。ライフル用、拳銃用と別個に用意をしても良いが、アイテムスロット数が限られているので、そこは各自の判断によるだろう。ちなみに私はライフル用20発と医療パック2個、あとは爆発物です。やっぱ爆破っすよ。

resize49579.jpg

警備が厳重だ。
敵の種類が増えており、厄介な増援を呼ぶ通信兵も出てきた。言わずもがな、真っ先に排除をしていきたい。室内戦も面白く作ってあり、あまりも狭苦しいわけではない。よって室内戦でも十分に狙撃銃が有効であり、これはとても嬉しい。TPSやFPSで悪いデザインは、ほぼ室内戦にストレスが集中をする。視認性が悪かったり、何かに引っかかったり、何より動きが制限される狭さが宜しくない。そういう観点から見れば、スナエリ4に不満は無い。

resize49596.jpg

ようやく港へ到達。
対空砲や対空光源を破壊したいが、戦車も出てきてヤバさ満点。
この軍港、マジで厳重だ。

伊・超精鋭狙撃手 その7

resize49374.jpg

引き続きスナエリ4の山岳走行列車編を攻略中。
色々と洋ゲーをプレイしてきた身ですが、久しぶりに夢中になって攻略をしてります。これは凄いゲームです。スナエリ3から基本システムが一切に変更をしていないのに、MAPデザインを此処まで変えるだけで異様な面白さです。スナエリ3は完成をされた作品でしたが、本作はさらに作り込んであるという印象で、散策しつつ戦略を練るのが非常に楽しい。

resize49384.jpg

山道には装甲車が徘徊をしている。
木の陰に隠れてやり過ごすのも手だが、このまま放置をすると厄介だ。そこで地雷の出番なのだが、ここは一手間をかける。まずは装甲車の足を止めて、そこからTNT投擲から射撃を行う。即席即起爆爆弾であるが、地雷の方が便利だった。明らかな作戦ミスだが、こうした試行錯誤を繰り返していくのが堪らなく面白い。

resize49391.jpg

山中に農村を発見!!
しかしドイツ軍によって防備が固められていた。ジェネレーターがある場所から、ひたすら射撃を敢行する。完全な作業だが、事前に双眼鏡で敵を目視しておかないと直ぐに包囲されてしまう。狙撃ポイント近くに、対人地雷を埋めて安全策を図るのも良いだろう。ちなみに本作は地雷埋設ゾーンがあり、普通に侵入をすると死亡をする。しかし、双眼鏡を使うことにより・・・まぁ試してみてください。きっと行けなかった道が行けるようになるだろう。

resize49457.jpg

墜落をした連合国の戦闘機を爆破するサブミッション。
所謂、ドイツ側に飛行機を引き渡さないようにするための最終措置だが、こういうスパイっぽさが良い味出している。どうもフェアバーンさんは行く先々で、やれドイツ軍の巨大兵器の爆破だの、ミサイルの破壊だの、やることなすことが大掛かり過ぎる。今回も巨大兵器とか出てくるのだろうか・・・いや、これまでの流れから考えても間違いなく出すだろうな。巨大ヒトラー出すくらいだからな

resize49500.jpg

なんだ、この巨大な大砲は?
列車砲の近くまで到達をしたが、あまりの巨大さにビビる。どうやら橋下に爆薬をしかけて橋ごと破壊する作戦らしい。列車に爆薬をしかけちゃダメなんですかね。

resize49522.jpg

こういう巨大なものが落っこちていくのは興奮しますねぇ。
非常に時間はかかったが、これで森林地帯は制圧をした。次の戦地は何処ですかな。

伊・超精鋭狙撃手 その6

resize49293.jpg

山岳地帯に陣取る列車砲の破壊のため、フェアバーンさんは森へと歩を進める。
見ての通り、本作のグラフィックスは非常に力が入っているのだが、逆に綺麗すぎて目が慣れないため、攻略記事では敢えて画質を落としてプレイをしています。それでも、この画質は凄いと思う。

resize49304.jpg

列車砲は直ぐに視認が出来たが、あそこまで行くのはかなりの遠出になるだろう。攻略のポイントだが、双眼鏡で敵をマークするのは重要だが、目的物も一緒にマークしてあげよう。そうしないと広いMAPで迷子になりかねない。左ルートが面白そうなので、まずはそこから始めてみようと思う。

resize49312.jpg

わりと厳重な守備だった左ルート。
湖畔近くの戦闘で、オフィサーもいるためてんやわんやの大増員が始まる。スナイパーのために森の捜索がされるというのはロマンがある。実際、敵が増えすぎてしまったために、いったんは森に身を潜めて待つことに。案外、待ち時間も面白く仕上がっており、今のところはシリーズ最高傑作かもしれない。今のところは、ね。

resize49345.jpg

地面からちょこんと砲塔だけ覗かせている戦車さん。
フェアバーンさんはナチスキラーですが、またの名をタンク狩りの中年。つまり即撃破です。この段階では、戦車は身動き一つとして取れないが、キャタピラが装備された個体も出てくるのだろう。初期装備では地雷を購入していないので、スタート時点では1つもない。MAP上で集められることを考えれば、そこまで緊急性は無いと思う。それよりも消音ライフル弾丸の購入が先決だろう。

resize49362.jpg

爆破の喜びに浸るフェアバーンさん。
爆破描写は美しく、そして爆音が鳴り響くためステルス攻略は出来なくなる。ちなみに、前作であった煙+ダイナマイトの時限装置は本作では使用できなくなった。そもそも発火器具が無いため、煙自体が無い。投石アクションは残されているので、これで敵を誘導することは可能だ。更に口笛で、その場に注意を引くことも可能となった。つまり口笛で敵をおびき寄せて対人地雷を踏ませる攻略ができるようになったのだ。

resize49373.jpg

森に狙撃手は2人も要らねぇよなぁ。
手当たり次第に狩りまくっていくスタイル。敵軍から奪ったセミオートライフルG43は、過去作では最強兵器の一角であったが、交戦距離が異様に長くなった本作では、ある程度の命中性能や弾速も重要になってくる。決して悪い武器ではないが、次回ミッション辺りからはKar98K等の王道ライフルを使ってみたいな。


伊・超精鋭狙撃手 その5

resize49260.jpg

屋根伝いに攻略をしていく2面。
このルートでは上に陣取れるメリットがあり、私は楽だった。試しに山道ルートも行ってみたが、こちらは単純に面白かった。何方を選ぶかはプレイヤー次第だが、クリア目的ならば市内から上へ上へと昇るほうが幾分かは良いかもしれない。ただし、敵に発見されて、慌てて逃げると、最悪の場合、落下してしまう。本作の落下ダメージはかなり大きく、これは後の攻略に響きそうではある。

resize49264.jpg

折角、MAPが広いので試してみる。
まず登れるオブジェクトが増えたのは良いのだが、ちょっと見つけにくい。登れるオブジェクトなのか、そうではないのかの判定は遠目からでは解らないことが多い。基本的に鎖はOKのようだ。

resize49267.jpg

敵の行動ルート把握は、まるでHitmanのような戦略性を生んでいる。
正直、私は新生Hitmanと同じくらいにスナエリ4は面白いと思う。あっちは地味な暗殺が面白いが、本作は派手に暴れられる要素が多く、ややシビアなバランスも絶妙だと感じる。そしてスキル選択制になったことにより、かなり遊びやすくなった。スキルはレベル5から取得可能だが、どれも有用なものが揃っている。落下ダメージ減少スキルは欲しいところだが、現レベルでは入手できない。欲しいなぁ。

resize49286.jpg

2面はサクッと終了。
これくらいの長さが丁度良いですね。

伊・超精鋭狙撃手 その4

resize49180.jpg

開幕、ナチスぶっ殺しゲーと化すスナエリ4の2面。
イタリアで協力をしてくれるレジスタンスがどうのこうの協力作業、らしいです。正直、この人に協力者なんて必要なんですかね?前作の英国軍人は綺麗にタイガー戦車に吹き飛ばされていたし、本作も協力者は死ぬ運命しか見えていない。というか、ブリーフィングにいるおっさん2名が既に死亡フラグが匂っているのですが・・・

resize49183.jpg

うわぁ・・・これを本当に攻略していくの?
これね、奥に見える家とか、MAP上に入っているんですよ。つまり全部行け!!という事なのでしょう。頼りになるジェネレーターはスタート地点には無く、かなり心細い。そして背後の海からは巡視艇が凄まじい勢いで、浜辺を監視している状況。特攻をするには危険が過ぎるので、まずは巡視艇から破壊をするか。

resize49188.jpg

高速で海上移動をする巡視艇のエンジンにピンポイント狙撃をする天才。
ちなみにV2では、発射されかけているロケットの一部を狙撃、3では走る回る戦車の運転手を狙撃と非常にヤバい職人芸を発揮していた。こういうシーンをプレイヤーに委ねられるアクションがあるスナエリは本当に面白い。

resize49204.jpg

無理やり市内に入ってみたが、凄まじい歓迎射撃を受けて撤退。
高低差が非常にあるMAPで、入り組み方が尋常ではない。あまり長い時間、迷子になっていると索敵されて追い回されてしまう。出来るだけ少しづつ敵を排除しながら市内の占拠を試みる。無限ダッシュのおかげで移動はかなり楽になった。

resize49230.jpg

VS敵狙撃手との1シーン。
市内左にある廃墟塔には敵狙撃手がいるため、早期に排除をしよう。ここを攻略してしまえば、かなり楽になる。恐らく正攻法では、この塔を占拠してから市内攻略がセオリーなのだろう。私は市内の移動を先にしてしまったが、プレイヤーによって攻略ルートは異なるのもスナエリの魅力。

resize49254.jpg

市内上部に移動をするため、攻略ルートを探す。
山道から上部へ上がるルートもあるようだが、ここから正面突破をしてみようと思う。

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR