I am the Overlord!! 魔王サマの復活2

はい、じゃあ次のお便りを紹介します。

『私は世界征服を目論む魔王なのですが、人間さんに好かれてしまい困っています。
アドバイスをお願いします。』


魔王なんだ(笑)
じゃあ、まずは村を焼こうか
俺も昔は関係のない村を焼いたり、自国を何度も裏切ったけど、最終的には支配者になれたぜ。
はじめの一歩は虐殺だなァ
まぁ、頑張って世界征服をして下さい。

ソブンガルデ・ラジオでは皆様のお便りをお待ちしています

resize1683.jpg

魔王サマ 協力的な人間を襲う
村中の人間を虐殺、宝物を強奪しまくったので善行度が一気に落ちました。
魔王サマは正義の味方じゃないんだ、悪のヒーローなんだ。
だから虐殺してアイテム奪うのは良いことなんだ。

resize1679.jpg

ハーフリング達の居住圏にかつて英雄と呼ばれた男『メルビン』が居るという。
いざ、英雄討伐!!
英雄『メルビン』討伐の前にハーフリング(ホビット?)の宴会に出席する魔王サマ。
宴会は一瞬にして処刑場と化した。

resize1680.jpg

このゲームではパズル的な要素もあり、基本的に部下のミニオン達を上手く誘導してあげないと先に進めない。
召喚数に上限があり、今の所15体しか出せない。
集団で戦うにしてもミニオンは弱いし、魔王サマも若干ひ弱体質。
中々に手強いゲームになりそうだ。

resize1685.jpg

英雄メルビン討伐
最初のボスだけあり弱い…
しかし、こちらの被害も甚大で殆どのミニオンを失ってしまった。
そんな弱い軍勢のリーダーでは世界征服なんて出来ない。
どうにかして自軍を強化したい所だ。

World Guide to Beer コナ ビッグウェーブ ゴールデンエール

kona goldenale10

第26回 【黄金の見方】

Au(金)はこの世に存在する物質の中でも最大の延性・展性を誇る。
どのくらい凄いかというと、1辺2.5インチの立方体の金を薄く伸ばしていけば野球場一面は覆える。
昔の人達は金の特性を知り、何か芸術的なことが出来るのではないかと考えた。
金は加工品としては好条件が揃っており、例えば金箔同士はお互いに密着する。
さらに重なった部分を丁寧に擦っていけば融合していき、繋ぎ目が無くなるのである。
水や空気、アルカリを含む多くの酸に耐性を持ち合わせたため、古代の人達にとっては美しさ以外にもそういった特殊性が神秘に写ったのかもしれない。
人類に多くの『神秘』を与え続けた金だが人類によって発掘された総量は18メートルの立方体程しかないという。

ビールの世界で『金』といえばゴールデン・エールになるが、殆どの人がデュベルを連想するだろう。
意外にもゴールデン・エールの銘柄は多くデリリュウムトレメンス、ジュダス、ハプキン…と殆どがベルギー産のビールになる。
コナ ビッグウェーブ ゴールデンエールもその仲間に入るが、前回の銘柄と同じ会社が生産しているのでアメリカ・ハワイ産になる。

飲んでみよう
色は確かな金色だ。
香りは相変わらずアロマ的で『草』の臭いが強く出ている。
私好みの香りなのは変わらない。
味は苦味が極端に少なく、舌の中での広がりを感じることが出来ない。
金なのに延性が無いのだ。
よって個性がなく、味自体も平均的な飲みやすいビールになっている。
この味で『金』を名乗るのは不釣り合いだろう。

kona goldenale suika10
見た目だけは美しいビールだが中身が平均すぎてしまった…

次回『ゴルフをしたことがない』

F1 2012 Demoプレイ

resize1674.jpg

Codemasters Birminghamは見事な仕事ぶりをした。
SteamでDemo配信された『F1 2012』の出来は相当に高く、製品版にも期待ができる。
私は大のレースゲーム好きだが、最近はGT5かForza4しか選択肢がないように思えた。
私は前作の『F1 2011』はプレイしていないので比較はできないのだが、しっかりとしたF1シュミレーターが楽しめる。

resize1675.jpg

Young Drivers’Testは非常に退屈な出来だったが、F1ファンではない層に向けたアピールはされている。
ただし、F1マニアの方なら『そんな事は知っている』の一言で片付けられてしまうような説明を永遠とされる。
明らかにPC版を意識していないようなキー操作でシフトアップ『A』、シフトダウン『Z』は変速の多いF1ゲームでは明らかにオカシイ。

resize1678.jpg

しかしながら肝心のレースは信じられないような質を保ちつつ、強烈なマニア向けである事を実感させてくれる。
雰囲気が心地よく、さらにタイムを競う楽しみをマニアから初心者まで広くアピールするのに成功している。
元々カー・シュミレーターの中でもF1は難しいタイトルが多い。
ルール的にミスが許されないので、初心者は1度のレースをしただけでウンザリするほどの失敗をした後、ゲームを投げてしまう。
だが、F1 2012では『時間巻き戻し』によってミスする前の状態に戻すことができる。
誰でもMichael Schumacher、Sebastian Vettel、或いはAyrton Sennaになれるのだ。

確かに『初心者もプレイしてよ!!』というアピールはしているのだが、題材が題材なだけにマニアしかプレイしないことは明白だ。
それでも、私はこのDemoの出来で購入することを決めた。
PC版は操作関係の面から御免なのだが、Xbox360かPS3版なら大丈夫そうだ。

resize1676.jpg

GT5とForza4は素晴らしい作品だ。
勿論、私は2タイトルをやり込んだし、シリーズ通じてファンだ。
だが、このF1は見落としていた。
有名なタイトルではないが、これからは違うだろう。
正に『魂の駆動体』をプレイヤーに体験させてくれる。

XCOM: Enemy Unknown Demoプレイ

resize1663.jpg

ターンベースストラテジーゲーム『XCOM: Enemy Unknown』のDemoがSteamに来ていたのでプレイしてみました。
どうやらリメイク作品らしいですが、ターンベースゲーム自体をあまり好んでプレイする方ではないので不安が募る。

resize1665.jpg

兵士4人をMAPの好きな場所へと移動させるシーン。
行動は2回移動(ダッシュ)かアクションで該当兵士の1ターン終了。
それを敵味方交互に繰り返していくのがルールだ。
移動中に短いムービーが挿入されるのだが、案外カッコよく決まっている。
だが、製品版で毎回同じ移動ムービーを見させられるのは嫌だなぁ…

resize1667.jpg

日本語化されているのが驚き。
攻撃は1ターンで終了となるのだが、攻撃する前に索敵しないと敵の位置がMAPに反映されない仕組み。
序盤なので難しくはなかったが、先を読む力が必要になりそうな予感がします。

resize1669.jpg

兵士をアップグレードできるようです。
その他にも自軍施設には面白いギミックがありそう。
気になったのはUIは扱いづらく、咄嗟にキーを押せないこと。
ターンベース系はよく知らないので文句は言えないのだが、RTSみたくスピード感のあるプレイが良かった。

resize1671.jpg

個人的には『様子見』
70年代のSF作家が考えそうなストーリー展開は野暮ったくて好きだし、UI以外は素直な印象を受けた。
しかし、このDemoでは真価が解りづらい。
気にはなるのだが、来月くらいになったら忘れていそうなタイトル。

I am the Overlord!! 魔王サマの復活1

resize1642.jpg

世間ではBorderlands2やGuild Wars2の話題で持ちきりですが、そんな有名なゲームを紹介しないのがこのブログ。
そういう事でPC版のOverlordをプレイ。
初プレイなので全何回になるのかも、どんなジャンルなのかも不明という完全見切り発車日記。



長き眠りから覚めた魔王サマ。
部下を使って世界を征服する冒険に出かける決意を固める。
さあ、世界征服の始まりだ!!

resize1647.jpg

ミニオンの集団を指揮して町や畑を燃やし、奪いし尽くすゲームらしい。
魔王サマに刃向かう奴らは全て皆殺しなのだ!!
戦闘は完全に部下任せですが、魔王サマは賢きお方なので気にしてはいけない。

resize1648.jpg

牢獄に入っていた人間達を救助したことから英雄扱いされてしまう魔王サマ。
なんだか殺すに殺せない雰囲気になってしまい、その場を立ち去る。
案外、小心者なのです。

resize1651.jpg

人間の街でメチャメチャ歓迎を受ける魔王サマと部下のミニオン達
なにかがオカシイ。
世界征服するんじゃなかったのかよ!?

少し可笑しな魔王サマと可愛らしい部下たちが出てくるゲーム『Overlord』ですが、初回の感想としましてはピクミン風アクションゲームのようです。
撮り溜めをしていないため更新頻度は遅くなると思いますが、どうぞ愉快な魔界の集団と世界征服の旅に付き合ってあげて下さい。

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR