雑記

resize3670.jpg

アイギス「私はロボットです」

Wheatley「俺はAIだ」


私は人間です。
ですが、こういったロボットだとかサイボーグネタは大好きです。
今日は友人と映画『攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-』を見に行きました。
攻殻機動隊は大好きな作品の1つでしたが、今回の映画は主人公の1人である草薙素子にフォーカスを当て、
公安9課設立以前の活躍劇が描かれていました。
映画は全4篇になるとのことで、最初のエピソードでは素子と荒巻課長との出会いと心境の変化が面白く感じられました。
何にせよ続編に期待が持てるエピソードであったと感じます。



私は攻殻機動隊に限らずSFジャンルが大好きで、多くの作品に触れて来ました。
中でも突出しているのは『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(1968年、Philip Kindred Dick)であり、原作小説、映画『ブレードランナー』ともに大ファンです。
この作品は後世のSFワールドに多大な影響を与えた作品の1つに数えられ、独自の世界観や謎多き概念、ストーリーに多くの考察を与え、未だに根強い人気がある傑作です。
ファンを悩ませた要因は主人公のデッカードにありました。
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』と『ブレードランナー』ではデッカードの状況が異なるため、単純な比較は危険なのですが、私の感覚で言わせてもらえれば原作では『デッカードが何者であったにせよ、彼は人間を理解したのである』というテーマを感じ、映画では『デッカードは"例外的なレプリカント"であったが、それを理解した上でEDを迎えた』と解釈をしています。
この解釈はファンの間でも意見が異なるため、反論もある方もいるでしょうが、少なくとも映画『ブレードランナー』は後に『ブレードランナー ファイナル・カット』が発売され、その中のある追加カットによりデッカードの存在がハッキリと明確化されました。(※1)



原作小説は哲学的な内容なのですが、私はタイトルに関して1つの疑問を抱き続けていました。
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(原題:Do Androids Dream of Electric Sheep?)
丁寧に日本語訳をすると『アンドロイドは電気羊を夢見るか?』になります。
『夢みるか』ではないのです。
これは英語を日本語化する際に起こる“些細な事柄”の1つであり、私の解釈によるトコロが大きくなってしまいます。
しかし、この作品では『夢』をどのように解釈するのかで、EDの捉え方が大きく変わる側面を持っています。
作中に登場するレプリカント達は、夢を持ちながらも、捜査官デッカードの手によって1人1人と殺されていきます。
デッカードは腕利きのブレードランナーですので、容赦はしないわけです。
そこでレプリカント達はデッカードと戦うのか、それとも逃亡をするのかで揉め始めます。
彼等には夢を抱くだけの心はありましたが、実行に移すだけの生存時間は残されていませんでした。
一方のデッカードは、レプリカントを処理するという仕事をしているだけにすぎません。
電気羊を欲しがるデッカードでしたが、このキャラクターは初登場時と最終場面で就寝をしています。
夢を見ているわけです。
タイトルの夢は果して何方側の主観での夢なのでしょうか?



論理的に考えると、主人公はデッカードなので『アンドロイドは電気羊を夢見るか?』と訳せます。
となると、このようにタイトルを解釈出来ます。
「最初期のデッカードは電気羊を飼うことを睡眠中に夢見たが、彼はレプリカントである。しかし人間に近づいたことにより電気羊を欲しいという夢を抱けるようになった」
なのですが、作中の最大のテーマは『デッカードが人間なのか人間ではないのか?』ではないことは事実です。
自分が自分であることの証明は真実なのか?という哲学は近未来においても解決をしていません。
Philip K Dickが描きたかったのは、デッカードの心境変化だけ、というのが私の考えです。
彼は最終的に“人間“なのですから、なんだって良いのです。(※2)


(※1)…この作品は幾つかのバージョンが存在し、その最終版がファイナル・カットである。
この仕様は書くと長くなるのだが、物凄く端的に言うと制作陣側がデッカードの存在に関してハッキリと明言をしている。よってデッカードはレプリカントなのである。

(※2)…勿論、翻訳者のセンス問題が一番に大きい。
翻訳者の浅倉 久志は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』と訳したのだが、寧ろ解った上で敢えて『夢を見るか?』にしたと思う。
そのように訳すと、2つの意味をもたせられるために、より面白味を増すタイトルになるからだ。
浅倉 久志は翻訳者としては超1級であり、多くのSF作品も翻訳していた。
よって彼がタイトル問題に気づかなかったと考えるのは不自然であり、彼の翻訳センスによって"そうなったのである"。

Dead Island 楽園脱出日記 7日目

resize2816.jpg

密林の村に行ったら、民族紛争に巻き込まれた不良ラッパー"サム・B"
ゾンビとか島脱出する気概が感じられない密林チャプターへと突入。
生存者を襲い、アサルトライフルを乱射する光景を、誰が想像したであろうか。
中盤までの弾不足が嘘のようになってきたのは、弾薬が製造できるようなったため。
法律的に大丈夫なのだろうか?というより人間を殺している時点で引き返せない。

resize2819.jpg

サムの顔は悪人だが、4人の中で唯一の犯罪歴が無い漢である。(シアンはスパイなので、経歴が分からないが…)
口は悪いし、態度は不真面目だし、借金だらけだし、人の話は茶化すし、顔の割に銃スキルが1つも無いし、体当たりで無双しちゃうし、体力が自己回復する超人。
しかし、変なトコロで仲間の事を考えるキャラクター。
これだけ自己中心的なメンバーの中で、コイツだけが正統的な主人公をしている。
スゴイ素敵なラッパーだと思います。

resize2820.jpg

じゃあ、ゾンビ轢くか

ゾンビのワクチンを製造している研究所に到着した一味。
ジャングルの中のワクチン研究所…
もう既にフラグなのだが、それは何時も事だ。
森先の密売人モーウェンも加わり、胡散臭さ倍増の脱出劇は続く。

Company Of Heroes2 初回プレイ感想

resize4148.jpg

私は続編を待っていたわけではない。
CoH2が発売しなかった世界にいたとしても、きっと満足にCoHの記事を書いていただろう。
それだけ初代の完成度は高く、PCゲーマー達はとても幸せな時間を共有していた。
「そろそろ続編が欲しいなぁー」
と仲間内では言うのだが、いざ期待してみれば失望させられたタイトルは多い。
そういう結果は見たくはない。
それならば『別の世界』で生きた方がずっと、ずっと、楽しい時間が続く。

resize4155.jpg

期待以上の出来だ
初めて初代をプレイした日を思いださせるような体験にして、それを超える興奮。
画面いっぱいにユニット達が動きまわり、よくアクションを起こしてくれる。
爆発するとFPSが落ちてしまう現象さえ、些細な問題だ。
初代のオマハビーチへのオマージュのような序盤は、しっかりとRTSの本質を理解している。
効率的な生産?勝つための政治?塀を作ってタートル?
君はRTSには向いていないよ。
コレはそういう『時間をかければ簡単になる』デザインじゃない、CoHの正当な続編だ。

resize4158.jpg

さて、私はまだ序盤なんだ。
コラムを書くためにはプレイをしなければならないだろう?
つまり、もう書く時間は終わりということ。
ただCoHファンの私にとって本作は、初回プレイ以降もとても期待ができるデザインだと強く感じる。

Dead Island 楽園脱出日記 6日目

resize2794.jpg

警察署の生存者はクズと決めつけた不良ラッパー"サム・B"(とその一味)
スーパーマーケット襲撃後、警察署もゾンビ化が始まる。
もうこの街は終わりだ!!
教会?知るか!!

resize2797.jpg

久々シナモイ。
都会の人間を見捨てる英断で一番得をしたのはシナモイさんで御座います。
というか、食料なら裏手の海岸に行って釣りをすれば解決するんじゃないだろうか?
そんな都会の食い物が欲しかったのかい?



ラジオの男が言うには、島から脱出に必要な『ある男』が森林地区に居るという。
どう考えても『ラジオの声』が黒幕のような香りを出していますが、ストーリ的に進めます。
このゲームのせいでCiv5が進まないんですよ、私のモンゴル帝国が完成しないのはDead Islandのせいだ。

resize2808.jpg

密林の運転は任せろ

何か違うゲームになってきた感もあるが、楽しいので気にしない。
とりあえず近くの集落に聴きこみをするために向かう。
密林ならゾンビ化の影響も受けていないよね?

Dead Island 楽園脱出日記 5日目

resize2773.jpg

壊れかけのバールを手にゾンビ街に残った生存者を救助する不良ラッパー"サム・B"
街には大きな教会があり、ここに生存者が集まっている。
どこぞの歌詞には『God is in the TV』なんてあるけれど、神はラッパーに強力なタックルを与えた。
こんなトコロで不良ラッパーは死ねない。

resize2774.jpg

ねんがんのべれったをにゅうしゅした!!

しかし弾薬が異常な少なさで、日常的に使えるとは思えない。
難易度が高いタイトルとは聞いてはいたが、このチャプターから実感し始めてきた。
MAPは複雑で、異様な入り組み方をしており、一旦迷子になるとフルボッコが確定する。
ゾンビは全力で走ってくるし、攻撃力は高めだし、マトモな武器はないしでサバイバル感が凄まじい。
伝説の宇宙エンジニアばりの工具一式(ハンマー、バール)で戦うにも限界が近い。
ココらで強力な武器が必要そうだ。
MAPが私好みな雰囲気なので、ちょっとメインから外れてトレハンしてみよう。

resize2788.jpg

警察署にやって来た主人公チーム。
しかし、何やら警察署内は悪い空気が流れている。
どこもかしこも自分たちの利益だけを考えて行動する世紀末…
そんな世界に救いを!!

resize2789.jpg

流石にローガンのこのセリフには笑った。
確かに事実なんだけど、ソレを言う主人公は珍しいなぁ。
そう言えば、主人公の一人ローガンは殺人での前科があるし、プルナも殺人の経験がある、シアンはスパイだし…
あれ、サム、お前が一番良い経歴じゃないのか…?(借金まみれだけど)

ということで、自己中チームとなった主人公4名は、街から脱出できるのだろうか。
あと、バールが壊れました。
バールが『壊れる』とか何考えているんですか?物理学者でないとダメなんですか?
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR