Grave (Kickstarter Free Demo ver) ショートレビュー

resize4729.jpg

昔、誰かから聞いた話だと、砂漠に飛行機が不時着した場合、最も賢い行動は『その場から一切に動かない』事だと言う。
一般的な砂漠は日中の気温が50℃近くまで上がるから、下手に動けば直ぐに脱水症状に見舞われてしまう。水が十分に確保されていたとしても、助けを求めて歩き回ると言うのは自殺行為なのだそうだ。(例え持ち物にコンパスと地図があったとしても)
助けを求めて動かない、半日もすればフライト計画に支障が出たことに気が付いた管制塔がレスキュー隊を出しているに違いない。しかし、仮に貴方が、その場から何かの理由で移動しなければならない特殊なケースだったとしたら…サバイバル専門家の意見はどのようになるのだろうか。

resize4711.jpg

Broken Window Studios製作のGraveはKickstarterにて資金集めに成功すると、その勢いを落とさずにSteam Greenlightに登録された、現在もっともホットなインディーかもしれない。このverはKickstarterキャンペーン用に公開をされた無料版であり、公式から誰でもDLすることが可能。製品版の具体的な発売日は不明ではあるものの、家庭用ゲーム機ではXbox Oneでの発売が決定している。Demoでは分からない部分も多いが、開発者によるとオープンワールドなゲームになる以外、明かされていない。

resize4713.jpg

全く説明がなされないゲームなので、主人公が何故荒野に放り出せれているのか、バックストーリー的なモノは語られない。ゲームプレイは非常に奇妙で、それでいて気味が悪い。あまりにも静か過ぎる荒野のゴーストタウンを、意味も分からず徘徊をしているうちに夜になる。このゲームはリアルタイムな時間の流れがあり、それがとても重要な意味を持つ。
なぜなら、夜になれば闇と共に怪物が闊歩し始めるからだ。プレイヤーは日中の間で、出来る限りの資源集めを行い、夜に備えなければならないのだ。怪物は光(火?)に弱く、マッチやらガソリンがあれば撃退をすることができる。
なお拳銃の類は登場しないようで、全体的にサバイバル色の強い作風である。

resize4719.jpg

この気味の悪い世界観は大変に気に入った。まるで芸術家の頭の中を彷徨っているかのような得体の知れなさがオブジェクトに出ていて、他とは志向が異なったホラーゲームと言える。まず、荒野が舞台とあって、明るい日差しという環境を、気味の悪さを加えることによって独特のホラーテイストを与えている。静けさがゴーストタウンと上手にマッチしていて、次に何を目視してしまうのか分からない怖さが感じられた。様々なホラータイトルと比べても、特殊な空気感があり、綺麗なグラフィックスは、まるで芸術的でいて、そして生命を感じられない世界がより一層のユニークでもある。

resize4724.jpg

戦闘バランスは練られておらず、敵に一撃をもらった瞬間に死ぬ。また敵が壁を通過するわ、空中を歩いてくるわで、理不尽な鬼ごっこが始まるし、敵の足音が無いから近づいてくる方向さえもわからないクソバランス。敵の同時出現数に若干のランダム制があり、運が悪いと本当に何も出来ずに終わってしまう。アイテムの量も2回目から少なく、このままのバランスで製品化されてしまうと、私のような慈悲深いゲーマーによって褒め殺されてしまうだろう。それと雰囲気は十分に怖いが、敵が出た瞬間に、あまりのマヌケな接近歩行に怖さが消し飛んでしまうのも考え物だ。もっと得体の知れない敵造型にすべきだ。

resize4733_201407282051512b3.jpg

未完成タイトルなので、本格的には語るべきではないが、それでも期待できる。
気味の悪さだけで言えば、最高に私好みだし、こういうホラーゲームであればゾンビモノに飽き飽きしていたPCゲーマーも大喜びだ。それ故に、納得の出来ない戦闘バランスは直ぐにでも改善をすべきだ。
この一部分さえしっかりと整えば、サバイバル専門家でさえ脱出の出来なさそうなゲームになれると感じる。


公式



Borderlands 2 Gaige その2

resize4705_2014072520013489e.jpg

あまりにも序盤過ぎるためLvもまだまだ低く、当初の予定だったDLCクエスト攻略はまだ先になりそう。
前回のプレイでは『Tiny Tinaとドラゴンの城塞』をクリアしていたが、それ以外のDLCが中途半端で終わっている。
うろ覚えだが、それなりに敵が強かったので、もう少しだけサンクチュアリ住民と交流を深めておこう。

resize4707_201407252007465b7.jpg

なんだ、この超火力は?
適当に育てているはずだったが、プランを変更して慎重に育てたほうが面白そう。
というのは、下位スキルが非常に充実しているGaigeは、序盤からでも凶悪なビルドが組める。
特に射撃精度を犠牲にして火力を上げまくるスキル「Anarchy」がぶっ壊れている印象で、1スキルポイント振りで、この性能はびっくりするほど破格だろう。また、よくよくスキルツリーを観察すれば、Anarchy強化系も多く、どうやら完全なペット職というキャラではない模様。そのわりには召喚できるDeathrapはやけに強く、相当な高性能キャラではないだろうか。

resize4706.jpg

コラムが本格的に進むためには、あと2,3回くらいの報告記事があるかもしれない。
サクッと終わるようにしたいが・・・何にせよレベル差が非常に重要なゲームなので仕方が無い。
まぁ、Borderlands 2はこんな感じだよ、が分かってもらえれば十分だ。

resize4708.jpg

それにしてもLv50は恐ろしいくらいに遠い道のり。

Pay to Win???

resize4701.jpg

フォーラムで話題になっていたゲーム関連の記事。久しぶりに笑ってしまった。
写真に書かれた内容は「50セントで己のスキルを試せ。それか15ドルで勝つまでプレイ」
PCゲーム市場で何かと目にするようになったPay to Win(勝利のための課金)がクレーンゲームの世界にも。
ちなみに『15ドルで勝つまでプレイ』と私は訳したが、意味合いを正確に捉えるのであれば『勝てるまでプレイしよう』のほうが良いかも(クレーンゲーム的にも)
更に言うと、このクレーンゲームの商品はebayで8.99ドルで購入可能。(Lovely Cartoon)



さてさて、ゲームブログをやっている以上、Free to PlayとPay to Winについて書かないわけにはいかない。
Free to Playは基本無料でパッケージ料金も月額料金もかからないゲームの総称。ゲームをプレイするだけなら完全に無料なタイトルだ。
一方のPay to Winは所謂、課金ゲーム。リアルマネーをつぎ込めば勝てるゲームのこと。支払った金額が多ければ多いほど強くなれる仕組みになっている。

resize1811.jpg

Team Fortress 2のデザインは見事で、恐らく最もPCゲーマーに支持されるマルチ対戦のFree to Play雛形。
FPSで勝つためには(協力をするためには)、各人のスキルや思考がとても大切で、装備の質で勝ち負けが決定するようなものは、対戦ゲームとは呼べない。その点、TF2は武器数は多いものの、初期武器が安定して強いクラスが多く、またゲームデザイン的にも戦闘が苦手なクラスが存在するので、装備ゲームではないことは明白だ。一応、ストアで自分の好きな武器を購入することができるが、別に金を支払わなくても武器アイテムはプレイ中にドロップするし、見た目だけを買えるアバターアイテムも勝敗には影響しない。スキルと知識だけで勝負が決する、フェアで清潔感があるゲームの成功作といっていい。



私が困るのは、明らかにPay to Winなデザインなのに、Free to Playと言い張る人たち。
彼らの言い訳は非常に見事で、「100時間以上プレイをすれば課金者と無課金者の差は無くなる」というものだ。
これを言われてしまうと、批判することが出来ない。
実際、100時間後の両者のステータスは等しくなるデータが存在するのだろう、でなければ、こんな恥ずかしい発言は出来ない。(100時間内で得られた感情は勘定に入っていなさそうだけれど)
もっと言うのであれば、ゲーム開発者がこういう発言をしている現実。
ゲームを製作するよりも先に、道徳と算数、国語、出来ればまっとうなゲームをプレイしないといけない。
私は15ドルで確実な勝利を購入するよりも、16ドルを支払ってクソゲーをプレイする方に価値が見出せる人間だ。
まぁ、どちらにせよ金を支払う価値は無い。15ドルもあれば大抵のビールは手に入る、16ドルなくても100時間しなくても楽しめるゲームは山ほどあるし、そういったものを探すのに掛かった費用は無駄にはならない。

Pay to Win is now infecting real world games too!

Borderlands 2 Gaige その1

resize4700.jpg

Borderlands 2の記事は過去にも十分に書いていたので、もうプレイをしなくても良いと思っていたが、私が買ったのが『Borderlands 2 Game of the Year Edition』であり、クソみたいにDLCが大量に入っている。一応、本編はTVHクリアをしているが、DLC放置というのは勿体無いような気がした。と言うことで、DLCを中心にGaigeでプレイをすることに。
DLCキャラクター、Gaigeだが正直、何キャラかも解らない。エンジニア?

resize4689.jpg

TVHをプレイした後で1週目をプレイすると、物凄い簡単に感じるが、特に縛りプレイはしない。
さっさとサンクチュアリまで特攻。Handsome Jackの煽りも懐かしい。
どうやらBadass Rankもプレイ中のキャラだけでなく、同じゲームプロファイルのキャラ全員に適用されるようで、色々と最初からある程度のボーナスが付いてきた。気休め程度だが、これにより序盤はさらに楽。
脳筋2丁を育てておいて良かった、と言うことか。

resize4688.jpg

スキルをちょっとばかし拝見したが、これは育て方が難しいキャラクターだ。
召喚スキル『Summon Deathrap』を基点に、本人強化も充実している。あまり万能系にはしたくはないが、脳筋にすると前回と変わらないし・・・。まぁ、この連続コラムは短めにサクッと終わる予定なので、適当に育てる。
それと意外だったのが、Gaigeの性格。
ハイテンション&ぶっ壊れという見た目に反するセリフが多い。
Salvadorは割りと真面目だっただけに、余計に感じる。

resize4697.jpg

ドヤ顔で御馴染みのAngelさん。
こっからとても長くなるんだよなぁ・・・

Papers, Please ショートレビュー

resize4674.jpg

ゲームレビューは難しいものだ、書き方や表現1つでさえ内容に影響をする。例えば『壊れた巨大宇宙船から脱出を目指すエンジニアが工具を使う』とDeadSpaceをレビューした所で、何1つとして間違ってはいないが、この書き方から実際のプレイを想像するのは難しい。良いレビューと言うのは、アレやコレ、ソレと幾つかのトピックスを丁寧に説明して纏めるから、多くの場合で長文になってしまう。しかし、長ければ素晴らしいというモノでもないのだ。短い文章でも十分にゲームの本質を伝えることも出来るだろう。『ハゲ、暗殺、自由』、『ハゲ、脱獄、暗闇』、『モヒカン、世紀末、ベセスダ』、『CoD、CoD、CoD』、『偽造パスポート!!、帰れ!!、アルストツカに栄光あれ!!』

resize4663.jpg

プレイヤーは共産主義国アルストツカの入国審査官となり、入国審査に必要な手続き業務を行う。国境検問所には多くの人々が審査を待っているから、1人1人じっくりとパスポートを眺めているような余裕は無い。さっさと提出をされるパスポートを見て、入国許可のスタンプを押すだけの簡単な仕事…なはずだった。しかし、検問所でテロが起こってしまってからは日に日に審査は厳しくなっていく。パスポートの期限チェックは勿論のこと、労働許可証だとか、滞在理由だとかを細かく審査していかないと、給料が減ってしまい、最終的にはゲームオーバーになってしまうのだ。ミス無く効率的。まさに仕事そのもの。

resize4671.jpg

と、このように書いてしまうとPapers, Pleaseの本質を捉えていないレビューになる。このゲームの面白さは、厳しくなっていく審査基準に、自分が素早く対応していく様を確かに実感できることにある。最初こそヒーヒー言いながらプレイしていたのに、コツさえ掴んでしまうと「はい、このパスポート偽造だから帰って。はい次の人」と機械的な事務処理を行うことの喜びが得られ、それが妙な中毒性を持っている。慣れてくると、顔を見ただけで即入国拒否さえあるのだ。ブラックユーモアたっぷりでいて、骨が太いデザイン。こんな濃い事務作業を密室で淡々と行っているのが最高に笑えるのだ。そして時として他人の人生さえ左右しかねない判断を行うこともある。スタンプ1つで、こんなにも面白いゲームデザインがあるだなんて信じられない。

resize4667.jpg

Papers, Pleaseのゲームトレイラーを作る人たちは、さぞかし大変だろう。なぜなら、ゲーム部分の殆どがスタンプを押す作業だからだ。それは事実だから否定しようが無い上に、非常に面白みの無い(購買意欲の沸かない)動画になるだろう。
特殊部隊が世界を救う熱いドラマ?ないよ
無謀な冒険家が絶体絶命なシーン?ないね
スーパーカーによる熱狂的なレース?あるわけないだろう
貴方はただの入国審査員だ、そんなロマンチックな爆弾は炸裂することはない。
チェック、チェック、OK、スタンプ押す、これが永遠と続くだけ。
偽造されていないエンターテイメントゆえに、素晴らしいスタンプが押せるわけだ。

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR