World Guide to Beer VB

resize9189.jpg

第69回 【英国の真似をして】

日本と英国は同じ島国でありながら、その文化・思想が全く異なる。とりわけ英国は特殊な消費税を導入していることで有名で、これは付加価値税制と呼ばれています。この消費税は、日本に住む我々から見るととても奇妙な税のように思えます。
例えば、英国では品物によって税率が変化をするため、サンドイッチとパスティ(英国の伝統食)とでは、税金が違います。これは、パスティは国民的な食べ物なので、0%の税率でOKという考えのようです。日本で言うと、お米は国民食だから税金は掛からないと言うような意味合いでしょう。何故かビスケットも0%です、まぁ英国は紅茶が大好きですから、ビスケットも国民食と見なしているようです。ところが、チョコレートビスケットには20%もの税金が掛かっています。チョコレートが贅沢品に当たるため、思いっきり税金を絞れるわけです。さて、ここからが難題です。見た目がチョコレートビスケットのようなチョコレートケーキには税金が掛かるでしょうか?正解は『チョコレートビスケットは贅沢品に当たるが、チョコレートケーキは国民食なので税金は0%』。ではもう一問いきましょう。ビスケットの中にチョコレートが入っているチョコレートビスケットの税率は?正解は『誰も答えられないが伝統的に0%である』私は未だに意味が解らないのですが、恐らく日本人の考えるチョコレートビスケットと本場の英国とでは違うお菓子なのかもしれません。そこで、英国に住むゲーム仲間に尋ねたところ、このような回答がありました。
「クリケットが11人で行う事に疑問を感じないだろう?それと一緒さ」、つまり当の英国人ですら、どうでも良いと考えているのです。では、最後の問題です。どう見てもチョコレートビスケットだが、製品名がチョコレートケーキであった場合の税率は?

答えは各自調べて下さい。きっと意味が解らないと思いますから。さて、今回のビールは英国とは全く関係がないオーストラリアのビールです。オーストラリア国内シェアNo1のビールで、ビクトリア州のビールであり、オーストラリア代表のビールである。

飲んでみよう
まず、水が良い。香りからも麦と水の存在が十分に感じられる。味は薄い、と感じたが、その中に苦さがあり、単純に薄いビールではない。全く不思議なことに、薄味ビール嫌いの私でも、スイスイと飲み続けていられるような味わいで、実は優秀な銘柄なのではないかとさえ思えてしまう。オーストラリアの気候的にも最適な味わいであり、国民の支持を集めている理由も解るビールだ。

resize9190.jpg
ちなみに英国では付加価値税があまりにも複雑化、政治的な目論見と業界からの反発がせめぎあっている状態が続いており、法令の執行が困難化しているとの事

次回『The Collector』
ビール・コラムが70回を迎えるため、次回は非常に美味しく、そして諸事情により現在市場では殆ど見かけなくなってしまったレアビールを紹介します。特殊な事情が重なっている銘柄ですので、それを踏まえてご紹介いたします。

コラム:艦隊これくしょん ショートレビュー(仮)

resize9595.jpg

Day1:私も流行りに乗って艦これ記事を掲載しようと思う。中年狙撃手がハアハア五月蝿かったり、棍棒でゾンビを追い回したり、マヌケロボットのダンスを眺めたりだの、暴力的で知性に欠けるゲームは私向きじゃない。さっそくアカウントを作成して、新たな胸の高鳴りを確かに感じつつ、プレイを開始…できない。サーバーはどこも満員で、私に遊び場を提供してくれないのだ。どうしよう、これじゃ記事が書けないよ。

resize9598.jpg

Day2:今日もサーバーは満員だ。人気のあるゲームが持っている特有のパワーには圧倒されるよ。ゲームはプレイできないが、用語集が完備されており、後にプレイすることを考えて読み込んでおこう。例えばボーキサイトの説明は…これがボーキサイトの説明文?ボーキサイトから精錬されるアルミニウムの話が何処にも無いぞ。そもそも出撃するのにボーキサイトが必要なのか?石油や弾丸ではなく、ボーキサイトが重要な価値を持つらしい。

resize9608.jpg

Day3:「艦これよりWar Thunderやろうぜ」とお誘いを受けて、少しだけプレイをしてみる。空戦を主軸にしたゲームで、戦闘機を操作して、敵機を撃墜していく部分に、十分なアナログ空気が流れ込んでいる。シンプルながら土台が頑丈で、なおかつ重要なのが常時サーバーが満員でないことだ。ああ、早くスピットファイアを操縦したいなぁ、もうワクワクが止まらないよ!!

resize1861.jpg

Day4:どうすれば艦これの記事掲載ができるのか考える必要に迫られている。サーバーは常時満員で、一向にプレイできる気がしない。艦これの代用になるゲームがあれば、それを『艦これ』にすれば体裁が保てそうだ。Ummm、皆さん、意外に知られていない事実ですが、艦隊これくしょんはハンガリーの会社によって開発されました。英語版ですが、戦艦以外にも潜水艦や戦闘機も操作できるゲームです。Battlestations:Pacificを和訳すると、艦隊これくしょんになることは既知の事実です。、それと、あまり深いことは聞かないで欲しい。本当にサーバーが満員でプレイが出来ないんだよ。

resize5980.jpg

Day5:艦これがプレイできない不安と焦り、やり場のない悲しみが怒りに変わり、赤軍将兵はトカレフ拳銃を空に向けて撃つ。何故、私はプレイが出来ないんだ!!確かに私は日本産のタイトルは殆ど記事にしてこなかったが、その仕打ちがこれなのか。トカレフの弾が尽きた私は、落ちていたライフルを拾い上げ、特攻をした。お前ら、私について来い!!もうゲーム負けは確定をしているが、それでも銃を撃つんだ。あそこに標的になりえそうなサーバーが見えるだろう?

resize8251.jpg

Day6:今日は美味いビールを飲みながら、読書をした。ラッセルの怠惰への讃歌を読むのは3回目だが、相変わらず凄まじい考えである。そういった良書に相応しい銘柄は、幾つか存在をするがオーストリアのボックビールは、十分に役割を果たしてくれるだろう。なにせ、このビールの素晴しいトコロは…ああ言い忘れていたけれど今日もサーバーは満員だったよ。

resize9183.jpg

Final War:艦隊これくしょん(私が強引にそう決め付けた)は、人類最後の戦争に立ち会うこととなった司令官の心情が良く解るデザインとなっている。まずプレイヤーはDefcon5状態で準備や作戦を練り、その後、警戒レベルが上がることで本格的な戦争へと突入する。敵国の核弾頭が海岸都市に着弾、報復攻撃として原子力潜水艦3隻がICBMを発射する。大陸間に無数の核ミサイルが飛び交い、それを撃墜する対空レーダーが常時稼動、世界は焼き尽くされる5秒前だ。大型爆撃機が艦隊の支援を受け、ついに敵国本土へと侵入をした。ありとあらゆる都市が攻撃をされ、空中には戦闘機が飛び交い、警戒警報は鳴り響き、最後の巨大艦隊がゆっくりと動き出す。この頃になってもサーバーは満員だろう

続・超精鋭狙撃手 その7

resize7985.jpg

ドイツ軍の飛行場に潜入したフェアバーンさん、のっけから敵数が凄いことになっている。最早、ヤケクソとしか思えない広大なMAPであり、敵が配置されまくっているせいで、ルート選びが困難。スタートしてから右ルートは安定しているが、左ルートに目的物があるという鬼畜構成。無理に戦闘をする必要はないので、敵のパトロールを掻き分けて、暗殺&ステルス。

resize7991.jpg

DLC武器『M1917 Enfield』は、超高性能ボルトアクションライフルだ。…ってWWⅡ系ゲームを好んでプレイしてきたつもりだが、こんな銃は知らないぞ。これまでのフェアバーンの愛銃といえばSpringfield M1903かM1 Garandであり、この2つはよくよくメディアに登場をする有名ところ。今回のM1917 Enfieldは、私も良く知らない武器だ。何だろう、と思い調べてみると、元々はアメリカ軍内でライフルが不足しまくったために、数を揃えるためだけに生産されたモノらしい。初登場はWWⅠで、相当数が生産されたようだ。急造品であったが、性能が良く、WWⅡでも活用された。マイナー銃だが、Youtubeの有名人hickok45氏が、銃レビューを行っているので気になる人は観てみると良いだろう。

resize8000.jpg

射撃職人による破壊活動。このchapterは信じられないほど行動範囲が広く、なんと地下MAPまで完備されている。そのため敵に発見されても地下に逃げ込んだり、茂みを利用すれば簡単に隠れることが出来るだろう。むしろ問題は、遠方の敵スナイパーチーム。目ざとくフェアバーンを狙い撃ちにしてくるので、見つけ次第、即射殺を推奨する。

resize8010.jpg

衝撃の後半戦、ノリが絶頂期のBFである。ジープではしゃぐ私に、悪ふざけをしている古参も何故か貴重な戦力と見なされ、芋はキャンプポイントを譲り合わない、あの勇者はナイフで戦車との一騎打ちに備えているのだろう。キング・チーハーたんの超火力により、勝利をする日本軍、そして敵の潜水艦は発見できない。混沌と収拾の付かない不真面目さ、楽しさが詰まった意味不明世界。ネット対戦の初期は言葉で言い表せない空間でした。まぁ、そんな空気感が漂っていますよ、ココ。

resize8018.jpg

狙撃手と言う肩書きを捨てつつあるフェアバーンさん。次回、本編の最終ミッションです。

Borderlands 2 MayaでNormalモードクリア

resize9591.jpg

想像以上に厳しい戦いだった。他2キャラではUVHモードをクリアをしていたため、BadassRankも十分にあったはずである。それにも関わらずクリアに時間が掛かったのは、単純にMayaの火力が低く、後半戦の戦闘の長引きが大きかったためである。SalvadorならGunzerkingを何も考えずに連発していればクリアなんて一瞬だろうし、Gaigeは育て方に幅があるが、大方Anarchy世紀末プレイで難所は突破できる。ところが、Mayaには火力を大幅に引き上げるスキルが無く、更に固有アクションスキル『Phaselock』は超高性能だが、タイマン専用スキルである。後半のMAPであるEridium Blightに入ると、敵の数が大幅に増えるために、何もかもが難所だった。

resize9593.jpg

クリアレベルは33、ほぼソロでの本編クリアであるが、DLCは更に厳しい。Phaselockありきな性能なために、再リチャージ中の13秒が地獄。強力な敵キャラクターが多いDLC4はCOOP推奨。防御と攻撃を固有スキルで補っているという、とんでもない綱渡りキャラで、接近されるとボコボコにされてしまう。上級者向けなスキルも多く…ハッキリというとクソスキルの総数が多すぎなため、成長しても強さが実感しにくい。

resize9594.jpg

スキル最下層は凶悪だが、そこまで育て上げるのが大変という印象。新鮮だったのは、火力は無いものの、Mayaの性格が『常識人』であることで、恐らくBorderlands2の中では最もマトモ。それが要因からか序盤のClaptrapとAngelの3人旅は、Mayaが一番に似合っていると感じた。TVHモードを攻略は保留にしたい。キャラが弱いからプレイしたくないと言うわけではなく、単純に7周もすれば飽きる。気が付けば300時間もBorderlands 2をプレイしてわけで、ちょっと肩入れしすぎな気がしたからだ。

resize8350.jpg

個人的には、断トツでGaigeでの攻略が楽しかったBorderlands 2。武器バランスに難があるが、それでも涙が出るほど素晴しい作品である。濃さと長さの兼ね合いが実に見事で、チープさが無い。ともあれ私は惑星パンドラを救いすぎたので離れることとにしよう。

続・超精鋭狙撃手 その6

resize7934.jpg

渓谷に展開をするドイツ軍に忍び寄るフェアバーンさん。愛銃Gewehr43は射撃精度がやや低いものの、中距離からの連続射撃は最強クラス。射撃音をマスクするのに失敗をした場合、敵軍と壮絶な銃撃戦となるが、そういった最悪の戦闘でも活躍をしてくれる良銃。また敵兵が銃パーツを所持している事があり、これを拾うことで愛銃の拡張が可能。最初に所有していたM1 Garandも改造を繰り返すことで強力になるが、銃そのものの基本性能が高いGewehr43の方が扱いやすい。

resize7949.jpg

高低差が激しいMAPで、嫌らしいポイントに敵狙撃兵もいる。渓谷内は細道と開けた地域の2つがあり、これも極端なMAP構成だ。前作とは明らかに異なったMAP思想で、恐ろしいほどリプレイしたくなる。ただ、中年の低スタミナが、長い移動を要するデザインと噛み合っておらず、少しイライラをする。また、弾丸があまりにも重力の影響を受けすぎているような気がしてならない。リアル思考のゲームではないが、完全なアクション風味でもない。その中間で留めているバランスは素晴しいものの、もう少し中年に体力が必要である。

resize7957.jpg

敵を観察する楽しさは、Hitmanに似ているかもしれない。
ストーリー性は、この時点では巨大戦車の開発阻止がどうのこうの。いや、そんな事をするよりも、遥かに戦況に影響をするような活躍を平然とこなしているフェアバーンさん。この独特な空気、ドヤ顔だけれども超冷静、自己主張を殆どしない中年がスーパーマンのように活躍をする矛盾が、笑えてしまうのだ。

resize7975.jpg

銃の威力が低いため、ヘッドショット必須である。後半戦に備えて1発の威力が高いボルトアクションライフルにすべきだろうか。せっかくDLC入りを買ったので、銃を変更してみよう。
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR