CoH再評価 その6

resize16455.jpg

Company of Heroesの略称はCoH、Medal of Honorの略称はMoH、Call of Dutyの略称はCoD、Call of Juarezの略称はCoJ、Age of Empiresの略称はAoE、Rise of Nationsの略称はRoN、Bank of America、 Mall of America、Nintendo of America…そう世の中はアメリカなのですよ!!

と自然な流れから、アメリカ軍編の長丁場ミッション、シェルブール陥落に挑みます。このミッションは焦ってはいけません。牛歩戦術くらいで丁度良いスピードです。敵軍は序盤こそ弱いですが、後半から戦車が出てきますので、いかに自軍戦車軍団を運用するのかに鍵があります。ATと砲撃も活用して、戦車で間合いを詰めるような感覚で進めましょう。

resize16458.jpg

歩兵帝国アメリカ、ライフルをバカスカ乱射する様は、正に物量の鬼。資源は石油を重視するのが鉄板なのですが、弾薬とマンパワーとの兼ね合いが何よりも重要。気をつけるべきは、自軍の規模が大きくなるにつれて維持費も馬鹿にならなくなってくる点。あまり無理をして序盤にM4シャーマンを生産する必要は無い。ゆっくりで良い、ハーフトラックやM8装甲車だって使いようによっては素晴しい働きをしてくれるのだ。

resize16464.jpg

中盤は資源にモノを言わせ、砲撃で地面ごと吹き飛ばせ。橋の通過は犠牲が出るので、そうなる前に敵陣地に砲撃を浴びせてやろう。CoHの魅力の1つは、チマチマしているようで、操作している側からすれば1秒1分を争う激戦に永遠と浸れることだ。AoEだと内政をやったり、敵プレイヤーにちょっかいを出したりと、内政/戦争の2面性がある。ところが、CoHには内政が全く無い。資源管理を内政と呼ぶことも出来るが、AoEと比べ物にならない。だからプレイヤーはひたすら前線ユニットと向き合うことが出来るので、余計に忙しい楽しさを純粋に感じることが出来るのである。AoE等の内政があるRTSとCoHを比べると、同じRTSでもプレイする感覚が大きく異なるので、自分の好きなデザインを探すと言うのも面白いかもしれない。ちなみに私の友人で、AoEが異様に強い方がいるのだが、その方がCoHをプレイすると、やはり尋常じゃないくらいに強い。何か一貫したコツがあるのだろうか・・・

resize16473.jpg

カメラを変更できるシステムは、CoHの特権である。ゲームSSを撮る身としては、非常に助かる機能である。RTSはもっとカメラ周りに気を払うべきだとも思うが、実際にプレイするとカメラで遊んでいる暇は無い。

Zombie Army Trilogy 最高難易度でクリア

resize17568.jpg

Zombie Army Trilogyの最高難易度であるスナイパーエリートで全チャプターをクリア。当初はソロプレイでのクリアを目指していたが、想像以上にマゾかったためCoopモードにて攻略を進める計画に変更。ほぼ固定メンバーにて難所を突破し、ラスボス撃破まで約4日間を要する長期攻略となった。当シリーズは、V2、3と続け様にプレイをしてきているが、基本的に難易度が高く、憶えるシーンと腕が試される難所が折り重なるために、相当な回数のリトライをするハメになった。幸いな事に、私以外のメンバーが凄腕で構成されたチームだったので、和気藹々、悲劇回避の奇跡連発で、非常に楽しいプレイ内容であった。

resize17960.jpg

最高難易度だけあり、敵の火力が物凄い事になっている。状況にも左右されるが、下位難易度の時に有効な手段であった蹴り連発で難所を突破する脳筋蹴りゲーは全く出来ないと考えた方がよい。特に怖いのが、敵の死体に埋もれたゾンビの下段攻撃でカンタンにダウンをする事。攻撃を喰らった瞬間に即座に離れれば良いのだが、そんな悠長な時間と有利な戦況を与えてくれないため、ダウンが連発する。仲間が1人ダウンすると、敵の波状攻撃に耐え切れず、次々とダウンが引き起こされていく負の循環が恐ろしい。経験的に2人同時にダウンすると、残りの2人は逃げ回った末に順次、嬲り殺しされていく。とても哀しい。

resize17961.jpg

仲間と話し合った末、攻略するためにはM1ガーランド、ショットガン、リボルバーの3点セットが適切な装備との結論に至った。特にM1ガーランドは最高難易度に関して言えば、ほぼ最強の武器と言っても良い。これに匹敵する武器は幾つか候補があったが、当難度でボルトアクションライフルはクリップ装弾が出来なくなる仕様から完全にオワコン。セミオートライフルの連射力で敵数をバンバン減らしていかないと、簡単に壁際まで追い込まれてしまう。ショットガンとリボルバーは緊急用として活用する。マシンガン系列は後半チャプターでは自衛すら難しくなる。

resize17594.jpg

実際に確認はしていないが、最高難易度を選択後、敵数を1人用に調整する事で実績解除可能らしい。ただ、集まったメンバーが本当に要領良く進めてくれたし、助け合いの場面も多く、とても素晴しいプレイで終わることが出来た。特にラスボス戦は、2階から飛び降りてゾンビの中を強行突破する非正攻法(?)を思い付いたおかげで何とかなった。仮に正攻法で倒すとなると、圧倒的に弾が足りなくなる。というかだな、ラストはマゾすぎて4人全員がブチギレながらの行軍だった。Serious Sam 3と同等レベルを狙撃ゲームでやるんじゃない!!

resize17606.jpg

実は優れたCoopゲームだったZombie Army Trilogy。マイナーゲームでワイワイやるのも楽しい。

関連事項:Zombie Army Trilogy ショートレビュー

World Guide to Beer ストーク・ゴールド

resize19011.jpg

第74回 【アンバーとゴールド(2)】

副題にあるように、今回の序文はゴールドについて語ろうと思ったのだが面白くないので止めよう。金なんて、ネットで調べれば腐るほど情報が得られるし、その気になれば投資をして資産家になる事だって出来よう。金は美しく、そして価値があることは皆が知っています。では、考えを真反対にして、この世で最も不必要な元素は何かと考えてみます。これは性格がモロに出ますので、貴方の周りに居る人に聞いてみるのも面白いかもしれません。とても真面目で、かつ知識がある人は、恐らくアクチニウムと答えるかもしれません。日和見主義者はウランと答えるでしょう。現実的に考えると候補はフェルミウム、メンデレビウム、ノーベリウム、ローレンシウム、ラザホーニウム…あれ、結構、使い道が思い当たらない元素は多いですねぇ。(※1) しかし私の一押しはツリウムです。コイツの用途は特に思い当たりません。実際、1879年にツリウムが発見されて以降、人類史上稀に見る「どうでもよい元素」でした。そもそも、名前からしてオワコン臭が漂っていますし、今後も役に立つとは考えられない元素です。…話が脱線しすぎていますので、ゴールドに戻しましょう。と言うことで、ストーク・ゴールドの話をします。

ニュージーランド・マカシンズ ブリュワリー生産のストークシリーズ第二弾。金と銘打ってあるだけに、中々に使い道がありそうだ。(誰かツリウムちゃんに役割を与えてください)

飲んでみよう。
色はゴールデンエールとは異なり、柑橘系。ちょっとフルーツっぽさがある香りだが、そこまで自己主張は激しくない。さて、肝心の味だが、呑みやすいわりに苦さがある…が、それだけである。悪いビールではないのだが、キャラクター性に欠けているため、好きモノ好きにはスルーされてしまいそうだ。私はストーク・アンバーの方が断然に好みだが、これはこれで使い道がある。

resize19012.jpg
私の友人曰く、アスタチンが最も不要なのだという。その理由はネットで調べれば直ぐに解ります。

次回『とある店員のミステイク』

※1 大凡、原子番号100番以降の元素を『使い道が無い元素ランキング』に持ち出すのは、当たり前すぎて面白みが無いかもしれない。というのは、ここらへんのは「とりあえず新しい元素を作ってみた」というシロモノ。現時点では、その特性が解っていない元素も多い。

Shower With Your Dad Simulator 2015 ショートレビュー

resize18074.jpg

2015年、PCゲーム界隈で大きな話題になったタイトルがあった…正確に言うと、一部のコミュニティに属する人達から絶大な支持を集めたNotGTAVに関する話題である。ゲーム内では口煩くGTAVとの関連性を否定するも、公式トレイラーではガッツリとGTAVプレイ映像を垂れ流す。ゲームプレイ中では凄まじいGTAVへのオマージュ、ユーモアがあり、Rockstar社員には見させられない。そんなこと事をやっているもんだから、見えない力が働き、ついにはSteam販売停止という事態にまで発展した。こういった話題性が呼びに呼び、確固たる地位(?)が与えられたのである。この手のバカゲーは話題性があってナンボ、内容がクソであったとしても笑い飛ばせる類である。作り手も解っているので、そういうデザインにしてくれる安心さがあった。しかし、このゲームには製作人による我々に対する安心さがない。ついに世に放たれた無法無秩序無修正ゲーム。間違いなくNotGTAVを超える超問題作Shower With Your Dad Simulator 2015、マジで何を考えて製作したんだよ!!

resize18062.jpg

正式名称Shower With Your Dad Simulator 2015: Do You Still Shower With Your Dad、タイトルの時点で察するべきゲームだが、発売されるや否や、その内容からか絶大な支持を集めている(おっと、言い忘れるところだったが、支持しているのは一部のユーザーだけである)プレイヤーは子供を操作し、シャワーを浴びている自身の父親に抱きつくゲームである。これが基本的なルールなのだが、これ以外にも複数モードが用意されており、中には何故か空中から降ってくる下半身露出親父を、手が伸びる子供が次々とGetしていく謎ルールも搭載されている。

resize18080.jpg

ゲームをプレイしていると、突然に別空間にアブダクション(拉致)される。いきなり電脳世界で、下半身モロだしの父親を入手していくルールが発動され、意味も分からずゲームが進行していく。これに対する説明や事前準備は一切ない、本当に突然始まるのである。そもそも、元のルールからして、「チ○コ丸出しの父親を次から次にGetしていくゲームに、需要があるのか?」という根本的な疑問があるが、それすらを軽く凌駕する無差別アブダクションっぷりである。その他にも混乱する要素は数多く、下半身露出している忍者と戦ったり、空飛ぶバスタブで他人の親父を撃墜したりと、無法地帯すぎるゲームが続く。

resize18060.jpg

オプション項目が病気に満ち溢れている。FOV変更は90か90.1かの2択しか用意されておらず、子供の傾きがどうのこうの等、実用的なオプション項目は存在しない。ちなみに当ブログで性的なゲームSSを掲載するわけにはいかないので、全てのチ○コを黒塗りしたが、ゲーム内ではマジで全部出ている状態。それに加え、ゲーム前に導入される親父との会話は、一体何がどうなっているのかも解らない。このゲームの凄いところは、意味不明なデザインを一貫している点にあり、懇切丁寧な説明や助言は0にも拘らず、ゲームとして成立しているところであろう。

resize18083.jpg

こんなゲームを真面目に記事にするのもどうかと思うが、案外、普通に遊べる。シンプルにハイスコアを狙うゲームとしては中々に優秀なデザインであり、時間経過とともにプレイヤーを妨害する要素が増えていく様もセンスがある。私としては熱烈に本作を支持をするわけではないのだが、あまりにも印象が強すぎて驚いてしまっているというのが本音である。マジで理解の範疇を超える、ホンモノのバカゲーである。

CoH再評価 その5

resize16420.jpg

史実のM4中戦車(シャーマン)は、ドイツ軍の強力な戦車に立ち向かうことが難しく、数で押す作戦をしていたようです。CoHでもほとんど同じで、1台あたりのコストパフォーマンスは高くなく、期待しすぎると危険。戦車の運用は、対戦車か陣営突破用なので、背後からの援護は絶対にしてあげよう。特にエンジニアは戦車の側にいないと、直ぐに対応できない。M8装甲車は適当に運転させておいてOK。敵ATにとても弱いので、逃げ重視くらいで良い。

resize16426.jpg

部隊が孤立せずに、一緒になって行動しよう。全部隊を一箇所に集めると、側面からの攻撃に対応できないので、2部隊に分けるのがベストか。基本的に操作が難しいゲームなので、何をするのか解らなくなったら、暇そうな部隊を本部に戻らせよう。施設によっては負傷した兵士を回復させたりもできる。ユニット生産にかかるコストがクソ高いゲームデザインゆえ、ユニット使い捨ては出来ない。補充ゲーである。

resize16445.jpg

攻める時は一気にしないと被害が大きくなるケースがある。ベテラン・ライフル歩兵が頑張っている間に、CoH再評価をしておく。このゲームのダメなポイントの1つに、ホットキーを変更できないことが挙げられる。所謂、コンフィグ変更不能という問題である。どうして変更機能を付加しなかったのかは不明だが、これが難しい操作と相まって大きなマイナスポイントとなる。そう思ったPCゲーマーたちは、自分たちで書き換えることで対処したのである。実を言うと、私もCoH設定をファイルから弄って変更をしている。私の変更はWASDによる視点移動である。これがあるとマウスとキーボード操作が別々に分けることが出来る上に、操作としても自然。古いタイトルだと、わりとユーザー側が内部ファイルを書き換えるのは普通な行為だった。もしかすると最近は、こういう行為もチートに該当するかもしれない。PCゲームは、ユーザーがタイトルに介入する(Mod文化)が盛んであり、短所を直すことが可能だった。
ただ、このゲームの初期コンフィグは明らかにユーザーフレンドリーではない。悪いポイントだ。

resize16451.jpg

色々と思い出しながらのプレイなので、毎回不思議な気持ちでやっております。
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR