Hell's Highway その8

resize27008.jpg

次々に戦死していく部下たち。そして毎ミッションで10分おきに死んでいく軍曹殿。死が死を呼ぶBiAを絶賛攻略中です。ようやく慣れてきたため、そんなに死ななくなりました。隠れながら進みのがコツです。

resize27060.jpg

軍曹殿、戦死。甘えが即死に繋がります。

resize27066.jpg

まさかの戦車撃破戦闘。単独でドイツ戦車に時限爆弾を仕掛ける軍曹殿。
リアル系じゃなかったのか・・・戦車は周回をしており、近づくのは容易である。しかし、無邪気に戦車を追い掛け回す様子は、何とも言えぬギャグシーンである。某スナイパーゲームの狙撃手も戦車と戦いましたが、あっちは接近戦ではありませんでしたからね。WWⅡゲームの主人公たちは、どこか超人的な気がいたします。

resize27102.jpg

悲劇すぎる展開
軍曹と仲間たちが休んでいた店が爆破される。店内は負傷者で溢れ、しょちゅう死んでいる軍曹殿も死亡したものと思われる。名作CoHでも同じような展開があり、当初の主人公が死亡し、中盤から別の指揮官をプレイヤーを操作する事となっていた。こういった展開では、プレイヤー側の不意を付くことが多く、物語の急展開でゲームから離れないy・・・

resize27104.jpg

お前、不死身なのか。まぁ、毎回、戦死しては復帰しているくらいだから不自然ではないのだが。

resize27111.jpg

敵の待ち伏せ攻撃により、大混乱をする軍曹一行。ドイツ軍の強力な野戦砲が部隊を襲い、攻撃から身を隠すために道路から逃げるように命令を下す。航空支援なし援軍なし、炎上する村を舞台に大接戦が始まる。軍曹も死ぬ。


Killing Floor 2(Early Access) 久しぶりのアップデート

resize29833.jpg

大人気(?)Coop・FPSであるKF2にて大規模なアップデートが行われたので、久しぶりにガッツリとプレイをすることに。アップデートの遅さは多くのプレイヤーから指摘されていたが、家庭用を11月に発売する関係からか、今回は色々と追加されている。新ParkであるSWATは、サブマシンガンで雑魚敵を蹴散らすクラスで、既存ParkであるCommandoに似ているかもしれない。ただし、SWATは使用する武器の関係から威力は低めで、弾丸を撒き散らすタイプ。その他、他Parkも調整された模様。触った感じだと、不要とさえ罵られたFirebugに希望の光が見えており、物凄い殲滅力を発揮するようになった。バランス調整が極端すぎないかい?

resize29834.jpg

何故か日本語に対応するようになった。
何故か日本語音声に対応するようになっている。

・・・

KF2に日本語ファイルが存在することは前々から知っていたが、いざ日本語対応になると違和感を感じる。特にボス・Hans Volterが嗄れ声で、英語音声に慣れていたプレイヤーの先入観を打ち砕く。英語版はわりとイケメン声であったのだが。その他のプレアブル・キャラクターも日本語を喋るようになったが、一部、変な日本語。まぁ、日本語は厄介な言語だから仕方がないか。それでも良い仕事ぶりと言える。

resize29819.jpg

以前にも記事にしたが、KF2は可能性を秘めているFPSである。前作とはプレイ感触は異なるものの、これはこれで面白く、Coopの楽しさが詰まっている。各クラスのレベル上げが面倒だが、Tripwire Interactive製のゲームは総じてLv上げが多いのでKF2に限った話でもあるまい。バイオレンス描写が激しいゲームなので、人を選ぶかもしれないが、まだまだ希望に満ち溢れたEAである。

それはそうと、KF2は家庭用ウケするFPSには思えないのだが・・・

Hell's Highway その7

resize26935.jpg

フランキー君(脱走兵)を懸命に探す軍曹殿。むしろ必死すぎて自分が死にそうなのですが・・・ここまで来るのに何度も戦死しているので、そろそろ分隊メンバーは怒っても良いと思います。こういうシーンを見ますとね、私は引き合いにCoJを出したいのですがね。

resize26939.jpg

軍曹殿、頑張って下さい。

resize26942.jpg

ああ、また貴重な軍曹が死んでしまうのか。

resize26951.jpg

ギリギリ生きていたが、分隊から離れてしまった。しかし、偶然にも発見したフランキーが逃げ込んだと思われる病院に入る。そのシーンでは、わりと哀しいカットが挿入される。それと軍曹殿の特技がやっと判明しましたよ。この軍曹、ハンドガンを超連射できます。指きりでサブマシンガン並ですよ、これは。あまり戦場でハンドガンを出す機会は無いが、憶えていこう。

resize26982.jpg

逃亡兵フランキー君、戦死。
軍曹殿の心の闇が増えていく・・・

最序盤でのチュートリアルへと続く一連の演出は上手。ストーリーがドラマのように進んでいくので、夜のちょっとしたプレイに向いている。

The Forest(Early Access) 初回プレイ感想

resize27587.jpg

無人島に持っていくべき3つの道具を考えよう。
1.ナイフは絶対に必要である。鋼材はステンレス鋼、刃は11cmもあれば十分すぎる。出来るだけ余計なエッジや用途不明なイミテーションの無い、素っ気ないモノが最高である。頑丈な刃物は切ったり割ったりと用途の幅が広く、コレがないと死ぬ。2.着火器具なら何でも良い。マッチ、ライター、マグネシウムファイヤースターター 、要は『壊れなければ』何を使っても良い。3.貯水タンクが無ければ1週間も持たない。貴方が彷徨う島に河川があるとは限らないからだ。海水から真水を得る方法もあるが、これだと長期的な生活は出来ないだろう。自然の雨水を貯めたほうが遥かに賢いのだ。刃、火、水が揃えば・・・

resize27595.jpg

主人公が搭乗をしていた飛行機が墜落したのは、自然あふれる孤島である。何故、都合よく飛行機内に手斧があるのか?いや、これは幸運と考えるべきなのだ。何せ斧があるために、木を伐採して小屋を建設できるからだ。と、ここまで話すと、流行りモノのクラフト・サバイバルに飽き飽きしたPCゲーマーは、この記事を読まずとも察する。『はいはい、木を切って建物を建築して、食料を確保して、ゾンビと戦って、DayZみたく完成しない。永遠に未完成のサバイバルね』大凡、合っている。ただし、Forestは非常に親切なゲームガイドが初心者に何をすべきかを教えてくれる。さらに珍しいのは、明確なクリア目標が設定されていることである。原住民(?)に攫われた息子を救助するという家族愛が描かれる!!・・・まぁ、肝心の息子が未実装なので、現状だとクリアは出来ないが。

resize27623.jpg

当初の予想を大きく上回る出来である。グラフィックスの質が非常に良く、それでいてプレイヤーが干渉できるオブジェクトの数が多い。見渡す限りに広がる森は、地面に転がる小石ですら拾うことが可能だ。鹿が森を走り抜け、兎が、亀が、小鳥が、トカゲがきちんと生息している様が、とても心地よい。感激するのは、環境音である。森を通り抜ける風や、それによって静かに騒めく木々のリアリティに驚いた。食事やスタミナなどの健康に関するシステムも厳しいものではないのも嬉しい。しかし、建築に必要な木材が多く、この部分に関しては調整をしてほしいものだ。丸太1本でログハウスを造れても嬉しくはないが、流石に2桁クラスになると時間が掛かって仕方がない。

resize27685.jpg

・・・正当防衛だったんだ。私がログハウスを建築している最中に、突如として原住民2人組に襲われた。焦った私は平和的な解決を望んだものの、それは叶わなかった。斧で原住民を倒した後、衝撃の事実が判明した。まず主人公がサイコパス野郎ということである。でなければ、原住民を解体し、そのオブジェクトを作成する方法をサバイバルガイドに掲載するはずがない。しかも、そのページだけやけに血まみれだ。死体オブジェクトを森に置き、私は決心した。ここを我が拠点とする!!ここで防衛し、自炊し、そしてゲームが完成するまで待つ。

resize27708.jpg

家を壊す奴は原住民だろうが救助隊であろうが許されない。
私は生き残るために原住民を襲い始めた。Forestは平和とは程遠いながらも、味方の居ないサバイバル生活の楽しさを満喫できる。過度な期待をしている私の想いに応えてほしい未完成タイトルである。

Hell's Highway その6

resize26843.jpg

映画『Fury』でブラッド・ピット演じるコリアー戦車長は、常にハッチから顔を出していました。今回の戦車ステージでも身を乗り出して指揮をしています。現実に、連合軍がどのような戦車運用をしていたのかは知りませんが、これって危ないと思うのですが。銃撃の的ですし。RO2だと戦車内部から外の様子を知ることは可能なのですが、酷く視野が狭く操作が難しかった記憶があります。戦車長は大変やぞ。

resize26861.jpg

人間ドラマが多いゲームです。
この後、部隊のフランキー君が脱走。部隊から兵員が減り、人材不足に悩む軍曹殿。戦争ドラマにありがちな指揮官の葛藤が描かれております。軍曹の心の闇は深いようで。

resize26867.jpg

夜間市街地でB.A.Rを乱射する。連射機能がある銃器は、基本的にフルオートをしてはいけない。連射すると、銃身が跳ね上がり、銃弾が拡散をするためである。2発、3発程度の連射に抑え、自身が制圧射撃を行い、部隊メンバーを助ける。ちなみには、私はB.A.Rが大好きです。まさに鋼鉄の塊をぶん回している感じが素晴しいです。HHは銃器デザインや質感に力が入っており、拘りを感じる。

resize26919.jpg

広場を奪還する。
行方不明の脱走兵フランキー君、戦死していく子供、友軍兵士。
シリアスな流れに、流され行く軍曹殿。中間管理職の明日は暗い。

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR