ビールをよく飲む都道府県ランキング

resize4186.jpg

ぐるなびによって発表された日本全国のビール消費量ランキング。
ランキングは該当する県都道府県の1人あたりの年間平均でのビール消費量となっている。

1位 東京 

堂々の1位は日本を代表する都道府県にして、日本の中心地である東京都。
平均消費量は42.2Lとダントツ。
恐らく居酒屋の総数が大きく影響してのランクインだろう。

2位 大阪
関西を代表する大都市は平均消費量32.4Lとあまり奮わない様子。
個人的には、もっと東京と消費量が近いと思っていたが…

3位 京都
観光都市として賑わう古都は30Lとなった。
意外にも繁華街を持つ2位の大阪と遜色のない消費量。



1位の東京は予想していたが、面白いのは周辺の千葉、埼玉、神奈川の消費量がとても低いこと。
近隣の県は、やはり東京で飲むというデータが現れている。
特に埼玉県はワースト3という結果に。
同じくワーストである鹿児島は焼酎が有名なので理解できるし、奈良県はトップ2、3が近隣にあるため仕方がないように思える。
日本全国に目を向けると、東北地方が消費量が多く、反対に九州地方では低めな数値。
何方もビールよりかは日本酒製造か焼酎製造に長けた地域なのだが、そうも寒い地方の方がビール好きらしい。
実は世界的にも寒冷地の国の方がビール作りが上手だったりする。
特にヨーロッパはソレが顕著で、英国、ベルギー、ドイツが該当する。
チェコは日本と同じく四季がハッキリしている国なのだが、冬はかなり寒いらしい。



黒ビール、もしくはウイスキーの消費量ってどうなっているんだろう?
まぁ、黒ビールの消費量なんて極小だろうし、ウイスキーに関しては…

そういえば山梨か東京ぐらいしか思い浮かばないな。

都道府県ビール消費量ランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR