Red Orchestra 2をプレイしよう 第四回

resize3606.jpg

BattleField1942というゲームがあるんですね。
最近FPSをプレイされた方は『BattleField』は知っていても、初代をプレイしていない方が多いかもしれません。
しかし、初代は古いゲームですので仕方がありません。
PC版しかありませんし、今見るとグラフィックスも汚いのですが、当時は『FPSの最先端』を体験させてくれました。
私は『BF』と聞くと初代を思い出します。
チーム皆で行動して、楽しむというルールをプレイヤー全員が理解していました。
時代が時代でしたので、そういうゲーマーが多かったのです。
今日の大人数FPSはBF1942から大幅な進化をしました。
例えば、れっどおーk

【仕事を決めろ!!】
RO2は初代から少し特殊なクラス制を採用しており、BF等に慣れたユーザーは戸惑うかもしれません。
そこで今回は、各クラスと仕様を大雑把に見つつも、ライフルマンを主軸にした記事にしていこうと思っております。

各クラス仕様
①ELITE ASSAULT
事実上の最強兵科であるELITE ASSAULTは、ドイツ軍とソ連軍とで大幅に使用出来る武器が異なる。
クラス・レベルが低いうちは、両軍共にサブマシンガンしか使用できないが(ドイツ:MP40,ソ連:PPSH-41)、ある程度のレベルがあるとドイツ軍はMKb42(H)が使用出来る。
このMKb42(H)がRO2における唯一の万能武器であり、とにかく強い。
フルオート射撃では安定しているし、何より当たる。
一方のソ連軍はRO2内でのクソ武器と名高いAVT-40が使用出来る。
とりあえず兵科自体はスゴく強い

②ELITE RIFLEMAN
最初はボルトアクションしか使用できないが、レベルが上がるとセミオートライフルが使用出来る兵科。
射撃精度は高く、しかも連射できる点が素晴らしいセミオートライフルは使いやすい。
言えば、接近戦から遠距離までOKなクラス。
強いです。

③MACHINE GUNNER
撃ちまくり兵科のGUNNERは、運用にコツがいる。
一旦、射撃体勢に入れば問答無用の弾幕が張れるものの、移動速度は遅く、そして射撃すれば目立つため狙撃される。
また銃身の温度問題や連行弾薬も悩ませるために、活躍するには訓練が必要。
しかし、強い。

④MARKSMAN
前作で多くのプレイヤーを恐怖のどん底に追い込んだスナイパーも、今作では(相対的に)弱体化。
スコープ付きの銃は遠距離射撃が可能だが、とにかく扱いにくく味方や状況に大きく左右されるようになった。
とは言え、一撃死が横行する本作では侮れない。
普通といった程度に収まったものの、PS次第では大活躍。

⑤SQUAD LEADER
分隊長さんの仕事は多い。
移動式リスポーンポイントなため簡単に死ねず、かと言って後方待機のSQUAD LEADERは役に立たない。
スモークグレネードでの援護や砲撃ポイント指示といった戦況に左右する行動が多く、活躍が出来れば仲間から感謝されるだろう。
武器も優遇されており、サブマシンガンからセミオートマチックライフルまで比較的に武器選択の自由は幅広い。
強い、弱いでは比較してはいけない兵科だ。

⑥COMMANDER
指揮官。
砲撃から偵察まで行う。
凄まじく重要なクラスなため、初心者は絶対に避けるべき兵科。
しかし誰も指揮官をしていないようならやってみよう。
面白いクラスであはあるが、味方への砲撃誤射はしないようにしたい。
強いし、重要なクラス。

実は他にもENGINEERやANTI-TANK SOLDIER、ASSAULT1,TANK CREWMANといったクラスもあるが、MAPによって使えないことが多いので割愛する。
だいだい上記⑥役+下記①役の7クラスを選ぶことが多いが、重要なのは各クラスに人数制限があること。
これはサーバーや人数によっても制限人数が変わるので言い切ることは出来ないが、強いクラスほど制限人数がキツく設定されている。
COMMANDERが2人以上のサーバーは絶対ないし、全員がSQUAD LEADERになってしまったらバランスが崩れてしまう。
多くの場合、ELITE ASSAULT、ELITE RIFLEMAN、MACHINE GUNNER、MARKSMANは2人か3人。
SQUAD LEADERが4人、COMMANDER1人というケースだろう。
例外的なクラスが次項で説明するRIFLEMANであり、唯一人数制限がない。

resize3386.jpg
皆がスナイパーを選べるわけではない。

【⑦RIFLEMAN】
ボルトアクションライフルを装備した一般的な兵科。
人数制限ナシ、レベルが上がっても使える武器はボルトアクションのみな漢兵科。
基本的に一発当てれば敵は死ぬ
異様な射撃精度を誇り、敵がスナイパーライフルを持っていても遠距離で勝つケースも。
今作から追加されたズームによって、遠距離射撃に磨きがかかった兵科の1つ。
何度も言うが、1発の精度と威力が最強なため遠距離は運用次第では無双できる。
一方、接近戦は絶望的にできない。
ボルトアクションの宿命は、初弾を外した後に直ぐに2発目が撃てないこと。
出来るだけ接近戦は避けたい…トコロだが接近戦しなくてはならないのがRO2。
RIFLEMAN運用のコツは次回コラムに回し、本コラムではとりあえずRIFLEMANを称賛することから始める

Ураааааааа!!

resize3303.jpg
良い物を見つけたぜ!!

【で、何をすればいいの?】
RO2はキルデスゲームではないので、とりあえず味方と一緒に行動しましょう。
今回からRIFLEMANを主体とした記事になりますが、まずは味方の後ろに付いて行きましょう。
初心者プレイヤーなら尚更です。
味方が伏せたら自分も伏せて、味方が射撃したら射撃しましょう。
基本的にRIFLEMANは援護が得意なクラスですが、クラス自身も戦闘能力は高いので、慣れたら障害物に隠れながら戦いましょう。
障害物の考え方は前回書いたのですが、コラムを書く期間が空きすぎたので忘れた方は読み直しましょう。
まぁ、このゲームをプレイしている人が日本にどれだけいるのかを考えると、悲しい文章なのですが…
RIFLEMANは伏せ射撃、依託射撃の相性が良く、とにかく遠方の敵を狙うと良いかもしれません。
しかし同じ場所での射撃は、まず狙い撃ちにされるために移動する事を覚えておきましょう。
そして時には味方と共に室内に突入する覚悟も必要なのです。

resize3362.jpg
スモークが焚かれたら前へ進もう



今回は簡単なコラムになってしまいましたが、仕様が複雑なゲームなので徐々に進めて行きましょう。
次回からテクニカルな話になっていきます。
それとRO2需要が極めて低いので、次回コラムも間が空きます。
と言うかですね、全何回になるのかも不明な点が私的には怖いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR