World Guide to Beer ツボルグ・グリーン

tuborg10.jpg

第38回 【青空快晴37℃の熱帯地域】

今年、デンマークの酒造会社でありカールスバーグの子会社ツボルグが絶好調だ。
と言うと、多くの人は

「ツボルグ?そんな会社は聞いたことがないぞ」

そう思うかもしれない。
事実、ツボルグは日本では殆ど売れていないビールであり、店頭で見かけることはまず無いだろう。
しかし、国が変われば話も変わる。
2013年、ツボルグはとうとうインド国内ビール売り上げ第4位となった。
インドという気温の高い国で、デンマーク産のビールが覇権を取ろうとしている。
しかもツボルグがスゴイのは、この快挙を僅か3年で成し遂げたことだ。
インド・ビール市場では15年に及び、サブミラー社フォスターが輸入ビールとして圧倒的であったのだが、ツボルグが押しのけた形になる。
私の予想だと、インド市場での成功により、ツボルグはさらに多くの国で攻勢をしかけるだろう。
そうなれば、もちろん我が国もターゲットになる。
悔しいが、この薄味ピルスナーは暑い国や蒸し暑い地域では素晴らしい実力を発揮する。
なぜ、こんなピルスナーを褒めなきゃならんのだ、すべては気温のせいである。

デンマーク・ツボルグの生産する銘柄は多いが、今回は最もスタンダードなグリーンを用意した。
ちなみに『ツボルグ』という発音は間違いであり、正確には『ツボォー』と言うらしい。

飲んでみよう。
世界的には有名なビールであるツボルグは、やはりスタンダードな黄色。
ピルスナーに属するが、そのわりにホップの香りが少ない。
味は薄いが、ピルスナーにしては苦味が全くない。
よってコクというものが存在していない。
ある意味、黒ビールの対極にあるとも言えるが、喉越しはこれ迄のビールとは比べ物にならぬほど良い。
夏にしか輝けないビールだが、今年飲むのなら十分に選択肢に入る。

tuborg suika10
長所短所が激しいが、高気温であればあるほど輝く薄味

次回『なんですか、これ?』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR