東京ゲームショウ2013に行ってきた

resize4492.jpg

2013年9月21、22日に行われた東京ゲームショウ2013に参加してきました。
今年は次世代機であるXboxoneとPS4の具体的な部分や発売日が明確になったことにより、『新技術』の競い合いが目立つ空気がありました。
それに伴い、大幅なグラフィック性や大人数参加型等、より大規模なゲームタイトルが勢力を伸ばしていました。
写真のTITANFALLもプレイしたかったのですが『時間の関係上』諦めてしまい、今となってはやや後悔をしています。
でもね、このタイトルをプレイするのに有り得ないほどの長蛇の列に参加しないといけないんですよ、心が折れます。
心が折れるといえば、DARK SOULS2のデモプレイも諦めました。
一見すると前作と変わらないようにも見えましたが…どうなんだろう。

resize4494.jpg

この会社、毎回イベントに本気を出しすぎている。
一際大きな展示ブースは青白く光り、次のPlaystationは向かいのライバル次世代機にケンカを売っているかのように展示されている。
とにかく本会場で最も人集りがあったと感じるSONYは、今年も大変な強気だ。
驚いたのはGRAN TURISMO6を引っさげてのアピール。
もう出来たのか?やっぱり山内一典氏はスゴイナー、デキレバノウキモマモッテホシイナー。

resize4500.jpg

ついに海外では発売したモンスタータイトル『GTA5』も今回あった。
私は絶賛プレイ中なので本会場では全く興味はなかったが、どうやら来月に日本語版が発売されるらしい。
そのためコチラも行列は目立っていました。
…と言うかだな、洋ゲーをプレイするなら英語くらい理解しとけよ…というのは禁句ですかね?
何にしろ今ホットなタイトルも注目を集めていました。

resize4498.jpg

ベラルーシ製のPCゲーム来襲。
世界的にも売上が大成をしたWoTも金のかかったプレゼンを披露する。
個人的には今回、最も異端と感じたブースですが、勢いにのるマニアック戦車ゲームは日本のソーシャルゲーム会社よりも脚光を集めていた。
家庭用機にも進出を果たし、日本戦車まで出すわ、ブースはやたら目立つわで頑張っている印象。
これからもマニアックなタイトルを制作して下さい。

resize4517.jpg

会場をふらつくバットマン。
ちなみにこの方の友人達も気合の入った外人コスプレイヤー。
その他にも中年サトシや緑と赤の配管工兄弟、アイマスのプロデユーサー、ハイスコアガール大野さん等など。

resize4525.jpg

愛するNFS最新作は試遊台でプレイしてきました。
EAは全ブース、厳しい写真撮影禁止令が出ているので今回はコレが限界でした。
この写真はスタッフさんに許可を頂いて撮影しましたので大丈夫です。
肝心の内容ですが、『まぁ、許容範囲内かな』という印象です。
警察とレーサーに別れての対決はルールとしては(恐らく)変わっていません。
挙動はHPにかなり似ており、慣れた方ならカンタンにドリフトが出来ると思います。
少々、ナビゲーター類にイライラさせられましたが、1回のプレイで全てを把握できるほど私は全知全能ではありませんゆえ。
派手目な演出は上手く機能していると思いますが、レースっぽさが相変わらず無いのは人を選ぶデザインと言えます。
そんなに悪いゲームとは思いませんでしたので、悩む価値は十分にあります。
ちなみにグラフィックは異常に書き込まれており、素晴らしいと思います。

Forza Motorsport5は安定のレースが出来ましたが、もう少しグラフィックス以外の部分も進化して欲しい頃。
ファンなら安心してプレイできると私が(仮)保証書を書いておきましょう。
ARMORED CORE VERDICT DAYは5の時と同じくクソUI。
もう一回作り直せ、画面中央に情報が集まりすぎていて気持ちが悪い。

resize4529.jpg

今回、私が推したいのはインディーズゲームコーナーに展示されていた『Crypt of the NecroDancer』
ダンジョン系のよくあるゲームデザインと思いきや、リズムに乗って移動と攻撃を行うという異色過ぎるプレイ。
そのゲームテンポは恐ろしい程秀逸であり、基盤はガッチリと組み上がっていた。
TGSでは情報系の学校の創作物も試遊・展示されていたが今年は間違いなくコイツが一番印象深いインディーズゲーム。
製作者は外人であったが、話をすると気前よく説明をしていた。
来年にSteamで発売するとのことだが、こんなにも開発者に好感が持てたタイトルは初めてかもしれない。
頑張ってください。



次世代機が存在感を示していたTGS2013は大変に素晴らしいイベントであったと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR