World Guide to Beer 熱海ビール ダークラガー

atami10.jpg

第41回 【熱海に行こう!!】

仲間とともに熱海に旅行をした時は、トラブルだらけだった記憶がある。
まず旅トラブルで多いのが『無計画な人』がどれだけ多いのか、で全てが決まるのである。
無計画な人間は、自由であるのと同時に直ぐに姿が消える、これでは楽しい旅が満喫できるとは到底思えない。
だが逆に『メンバー全員が無計画・自由人』であった場合がどうなるのだろうか?
回答を教えよう。
ホテルへ到着後、意味もなく探索を開始し、アッチへふらふらコッチへふらふら。
携帯は持っていようがホテルに置き忘れていようが関係はなく、予定時間は予測時間へと変化を遂げるものの、世界一の経済学者ですら予測不能な買い物タイムへ。
カメラ野郎は意味もなくアスファルトを何度も何度も何度も何度も何度も何度も激写し、人生について語り始める。
熱海市内で迷子になれば責任追及が直ぐ様に始まるが、2分もすると飽きっぽいメンバーはケンカすら興味を示さなくなりメシの話になる。
メシ、そう食事は大抵に大揉めする。
エビは食えないだとか、リッチじゃなきゃ泣くぞとか海で泳ぎたいとか。
夜になれば酒タイム、これは揉めはしないが飲酒量が問題となる。
私は世間一般的にアルコールが強い人間に属している。
それは当ブログ内容からある程度察してくれると思うが、私以上のアルコール耐性がある化物がおりウイスキー1,2,3,4,5…まだ足りない。
朝になれば超頭痛に苛まれつつ、朝飯を食べて帰る。
これが私の熱海での思い出だ。

当ブログで日本地ビールを取り上げるのは初めてである。
それも日本産黒ビールというのも初だ。
酪農王国という会社が生産しているらしいが詳しいことは解らない。

飲んでみよう。
恐ろしい程に黒い、しかも良い黒さだ。
香りは平均的な黒ビールなのだが、やや個性に欠けている。
味は素晴らしい。
クセがないバターを上品に緩やかに流し込んだかのような芳香さに、コクはクセのない伸びしろを感じる。
スタウトと比べれば私好みではないが、それでも十分に『ハチャメチャな思い出』を流してくれる優しさがある。
初めて黒ビールに挑戦する方に、黒ビール信者は1つの見方として購入する価値がある。

atami suika10
どうやら熱海ビールは他にもあるようなので気になる方は現地捜索するべきだろう

次回『Extermination』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR