Estranged ActI ショートレビュー

resize0601.jpg

ここまで盛り上がりのないゲームも珍しい。
不運にも難破してしまった主人公(漁師)は、殺人犯に意味不明な事を頼まれ、拳銃を託される。
数秒後、自身も殺人犯になるが、正当防衛なのでOKとか相手はゾンビっぽいから射殺してもノープログレムさ!!
というアメリカ精神でマラソンをする。
HL2MODだけあり、完全にHL2を意識した作品で、特に『アレックスとドッグ』が単語として登場するあたり、製作者の悪いセンスが垣間見える。

resize0553.jpg

説明されない事が普通なので、新たなキャラクターが出てきても一切に素性がわからない。
意味ありげな台詞もあったが、ハンバーガー店で10分でシナリオを製作したと予測される。
脈拍もなく…というよりも脈がない。そういうストーリーだ。
武器は拳銃とハンマー、マシンガンの3種しかないが戦っているよりもマラソンしている時間が長いので気にならない。
それと無意味に光源処理に力を入れているが、特にデザインで有利になる点はない。
細かな点から大きな事までマイナスだらけなゲームだ。

resize0603.jpg

このゲームが素晴らしいのは約1時間30分でクリアできることだ。
これは大変に素晴らしいことであり、私はED画面を見ると大喜びをしたほどだ。
この作品はAct1なので続編が出ると思われるが、その前に製作者に一言アドバイスをしようじゃないか。

お前、マジなのか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR