World Guide to Beer ホワイトベルグ

resize4653.jpg

第59回 【がおー】

近所に新入りの猫がやって来た。黒、ややグレーがかった細い体に、長い尻尾。へアスプレーを誤まった使い方をして失敗したかのようなヘンテコ前髪(モヒカンっぽい)が特徴的なレオは、相当タフな心臓を持っている。他人の家の玄関前で堂々とお昼寝をしたりするもんだから、色々と噂が絶えないのだ。私がレオを目撃した時なんて、屋根から体半分ずり落ちている状態で、お昼寝をしているのである。明らかに危ない状況だったのだが、他人様の飼い猫なのでどうすることも出来ず、そのまま立ち去ることにした。 停めてある自転車に攻撃したり、ボンネット上で寝たり、更に凄いのは運動能力で、明らかに他の猫よりも素早い。よくジャンプも頻繁にしているので、行動的な野郎だ。飼い主によって何度か過激な行動に関して注意がされているらしいが、当人は「知ったことか」という態度であるらしい。こんなに行動的であるのに一度も怪我をしたことが無いレオは、堂々とした態度で今日も己が人生を楽しむことに専念している。

デザインを見た瞬間にレオを思い出したが、サッポロ ホワイトベルグと猫は何も関係が無い。
これは発泡酒なのだが、上面発酵で作られており、ベルギービールに多く見られるコリアンダーシード・オレンジピールが含まれている。

飲んでみよう。
これまで私は多くのベルギービールを飲んできたが、このホワイトベルグはベルギーっぽいだけで本質的にベルギービールのことを理解していない。なぜならば、味に『分けのわからない深遠さ』が無いからだ。
ベルギービールは大抵の銘柄で、恐ろしく個性的で、決して真似の出来ない味わいがあるものだ。
ところがホワイトベルグは色、香りは普通、味は悪くは無いが普通である。
よくある柑橘系の薄いフレッシュさがパッと広がるように見せかけて、広がらず、のど越しはあるけれど、記憶に残らない。
要は飲みやすいだけの、なんちゃってベルギービールなのだ。
しかし、このホワイトベルグは価格が安い。殆どのビールコラムでは価格に関する事柄は書いてこなかったが、それでも通常のベルギービールの1/5ともなれば買う価値は出てくる。
そういった意味でコストパフォーマンスは高いと思うが、出来ることならホンモノを飲みたいものだ。

resize4654.jpg
レオはもっと個性的なのになぁ・・・

次回『鬼を連れて鬼ヶ島』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR