Crimzon Clover WORLD IGNITION ショートレビュー

resize4062.jpg

私は格闘ゲームが苦手だ。何故、あんなにも複雑なコマンドを入力し続けなけれなばらないのか。そして、仮にコマンド入力に成功をしたとしても待ち受けている結末は必ず『画面端でボコられる』になる。上手なプレイヤーの言い分は解り易い。「それは理解していないからだろう?」、いやいや、理解はしているさ、私は格闘ゲームが下手なんじゃない、大嫌いなだけさ。一方的過ぎるデザインや敷居の高さ、意味不明さ、私のコマンド入力精度なんて、猫がピアノを弾くレベルだ。とは言え、これらの意見は悪質な偏見だ。私もウルIVはプレイするし、その他の完成度の高い作品も知っている。しかし、STGは偏見なしに語ったとしても上級者向けすぎるジャンルだ。敵弾は光速、密度に至っては画面さえ見えない、処理落ちする日常はプレイヤーの助けになっているのか技術が追いついていないのか、待て待て。そもそもクリアが出来るゲームなのか。こんなに難しいゲームジャンルは廃れて当然だ。

resize4075.jpg

Crimzon Cloverの内容を語る前に、このゲームが非常に変わった経緯で販売された事について述べよう。もともとは同人サークル「四ツ羽根」が2012年に制作したゲーム『CrimzonClover』が基になっている。このゲームはマイナーではあったものの、一部のマニアによって高い評価がなされていたが、パッケージ販売のみで流通量も多くなかった。(品薄になったため何度かパッケージ版の増産が行われたらしい)その後、アーケード版『Crimzon Clover for NESiCAxLive』が配信・稼動をし、こちら側も好評。そして、何故かまたPC版に戻ってきた。今回のPC版はSteamオンリーで『Crimzon Clover WORLD IGNITION』というタイトル名ではあるが、基本的にはアーケード版と同じ内容になっている。PC版→アーケード→PC版、という不規則な(?)経緯がある。

resize4097_20140819184010ac1.jpg

プレイをして一発で気に入ったのは、見た目ほど難しいデザインではないと言うことだ。確かに画面中に敵弾は表現をされるものの、プレイヤー側の攻撃能力がぶっ飛びすぎていて、敵を即撃破できるシーンが多い。状況造りも巧みで、撃っているだけで画面中が何やら爆発しまくっているので、気持ちよくスイスイと進める。手を抜いているようなシーンは無く、本当にセンスが豊かな開発者が、上手に考え抜いた空気が終盤まで続く。このゲームをオンリーにしている要素としてはブレイクゲージがあり、これは敵を破壊するとゲージが溜まっていき、100%時に開放をすると、強力な攻撃モードに突入する。さらにダブル・ブレイクモードもあり、これらの凶悪な破壊行動をエクステンドに変えるというシステムも見事だ。稼ぐことが非常に楽な上に、進行上でも重要な意味を持つため、お気楽な爽快感とスイスイの両方が手堅く楽しめる稀有な作品である。

resize4086.jpg

このゲームの何が凄いのか。
センスである、もうそれ以外の言葉が出てこない。難しいアーケードモードでさえクリアできそうな、頑張れば何とかなりそうな空気が滲み出すぎている作風に加え、簡単明快なNOVICEモード(私のお気に入りだ)やUnlimitedモードとTime Attackモード、BOOSTモードとプレイヤーにやらせたい事がハッキリとしている。その上に、楽しめる道中や暑苦しいボス戦と、連戦に継ぐ連戦で、近年のタイトルでも珍しいくらいに『直球だけで仕上げました』ゲームである。
これは質もそうだが、思想的にも素晴らしいゲームであり、私もファンになってしまった。悪いポイントなんて…

resize4128.jpg

…ある。
まず、後半戦は急激な難易度上昇をするため、ややバランス感覚に欠ける面がある。特に敵の数と体力が目に見えて上がるため、ココからは死んで覚える世界となっている。それと派手な演出が素晴らしい一方で、演出に隠れてしまった敵弾も多く、焦って回避操作をしたシーンもちょくちょくあった。言いたくはないが、もう1つ。機体選択は全4種から可能だが、現時点だとTYPE-Ⅰの火力が無さ過ぎてゴミ機体と化している。せっかくカッコよいレーザーが出せる子なので、強くして欲しい。

resize4118.jpg

ストーリーは無い。だが、絶対にあると思えるような演出。
音楽は独特なモノがある。どうにしろ素晴らしい。
Crimzon Cloverは一貫をしている、様々なセンスによって支えられた、STGの理想系といっても差し支えなさそうだ。あと報告をしておくが、上のSSが証拠になっているように『私はクリアした』んだ。そう、クリアしたよ。(私が嘘つきがどうかは、購入した人が判断をして欲しい。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR