World Guide to Beer L’Olmaia BK

resize4754.jpg

第63回 【究極の料理を食べに行こう-そもそも自分で料理をしなくても最高の料理店を探せば何も問題はないではないか】

そももそ美味しい料理を食べるのに、私自身が手足を動かさねばならない理由は、全く無い。この場合、重要視されるのが、情報の質である。世界の何処に、その美味しい料理店が存在をするのか?ネットで検索をしても明瞭な回答は得られなかった。信頼できる情報…つまりは巨大な情報を扱うのに長けた国の人間に聞けば解決をするというのは明白である。となると答えは自動的にアメリカ人となるだろう。勿論、本来ならスノーデン氏に聞くべきなのだろうが、彼はロシアに住んでいるので当てにならない。私は何人かのアメリカ人に『美味しい料理名と、それを出す料理店』を聞いたところ、直ぐに回答が帰ってきた。さて、どれどれ…McDonald's(ハンバーガーチェーン)、Jack in the Box(ハンバーガーチェーン)、Burger King(ハンバーガーチェーン)、A&W(ハンバーガーチェーン)、Five Guys(ハンバーガーチェーン)、Whataburger(ハンバーガーチェーン)、Arby's(ハンバーガーチェーン?)、Carl's Jr(ハンバーガーチェーン)、Wendy's(ハンバーガーチェーン)、お婆ちゃんのラザニア、Hot 'n Now(ハンバーガーチェーン)、…まだまだあるぞ、Shake Shack(ハンバーガーチェーン)、お母さんのハンバーガー、お母さんのハンバーガーチェーン、Original Tommy's(ハンバーガーチェーン)…この中に世界一の美味しい料理店がある、と彼らは強く主張をしている。私は結果を見て、こんなに世界一の料理店が量産されているとは思わなかったので、困惑をしてしまった。論理的に考えよう。これらの調査結果から解を得るには、共通事項を見つけることで次回への展望が開ける。ならば回答は、つまり世界一美味しい料理に共通に使用されている食材は、ピクルスであり、世界一の料理には必ずピクルスが存在するというのが私の結論である。

前回に引き続きL'Olmaiaであるが、今回は黒を用意した。中々に情報が少ない銘柄だと思うし、私は黒ビールマニアだから、今回の記事はわくわくをしている。ちなみに、序文のハンバーガーチェーン話だが、私の友人間では、In-N-Out Burgerの評価が平均的に高かった。調べてみれば解るが、色々とアメリカンなハンバーガーである。

飲んでみよう
色は黒、これだけで十分に素晴らしい。少なくともピクルス越えは確実である。
香りは、やや甘ったるい珈琲のようにも感じるが、そこまで常識から逸脱した黒ビールではないだろう。
さて、私は黒ビール愛好者なので、ちょっと厳しい意見を言わせてもらう。
というのは、見た目に反して味が軽く、ちょっとキャラクター性が薄いのである。L'Olmaia La 5のような固有さがなく、少しだけ丁寧に造りました感がありすぎる。決して不味いビールではないが、黒でやるなら、もっとドギツク濃くするか、わけわからなくするか、高バランスにするか、の何れかに行き着いて欲しいというのが私の願望である。言ってしまえばL’Olmaia BKはチェーン店のメニューにある高額なハンバーガーだ。無理強いしてまで飲みたがる人も中にはいるかもしれないが、私にとっては一度きりになるだろう。

resize4755.jpg
黒ビールは常識を逸脱しているくらいで平均点である

次回『賞賛』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR