超精鋭狙撃手 その5

resize6120.jpg

時代:第二次世界大戦末期
場所:ドイツ・ベルリン近辺
活動勢力:ナチス・ドイツ軍、ソビエト軍、アメリカ軍(中年狙撃手1名)

忘れていたが、フェアバーンはV2ロケットの開発・関係者の暗殺任務を遂行するために、ドイツに派遣されたわけで。あまりにも敵を射殺しまくっているので、本任務よりも戦線に影響を与えているような気もするが、この近くに標的の1人である科学者がいるらしい。しかし、科学者Schweigerはドイツから逃亡しようとしたため、処刑される寸前。と言うことで、標的を救うために中年が戦場を走り抜ける。

resize6137.jpg

相変わらずの職人芸的な狙撃テクニック。このゲームの良いところは、自分の行った狙撃を別視点でスタイリッシュに見せてくれる映画手法にある。そのため、ゲームを『見る』事が嫌いなプレイヤーにはおススメできないが、こういう作品は一度触れてみても損は無い。

resize6140.jpg

狙撃ゲームなのだが、狙撃対象が非常に多く、実は難しい。文字通りにテキパキと捌かないと、敵弾幕が激しくて中々に好転しなくなってしまう。コツはヘッドショットや急所などを徹底的に行い、画面内にできるだけ多くの敵影を写すこと。敵がカバーをよくするため、隠れている敵を放置すると、意外な場面でピンチになりやすい。ちなみに、ライフル弾丸はたんまり持てる仕様なので、撃ちまくりでOK。…狙撃兵なのか?

resize6143.jpg

…タブンという単語を聞いても、ちっとも理解をしていないフェアバーンさんだが、無理も無い。当時、タブンはドイツの極秘研究の1つであり、終戦後になって明らかにされた神経ガスである。元々は農薬の研究だったはずが、戦争によって毒ガス研究に使用されたのは哀しいことだ。『科学は農薬を生み出すが、それを使うなとは言ってくれない』(映画:ジュラシックパーク)というセリフを思い出すなぁ。

resize6204.jpg

この面をクリアするのに2時間掛かりました。死ゲー化してきたな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR