続・超精鋭狙撃手 その1

resize7699.jpg

1941年・北アフリカ戦線。ロンメル率いるドイツ・アフリカ軍団が次々と連合国の防衛線を突破。突如として戦場に現れた精鋭機甲師団の前に、英軍は敗走。ついに重要拠点トブルクが包囲される事態まで追い詰められていた。チャーチルはトブルクの死守を命令したが、現地は激戦地と化しており、いつ陥落してもおかしくない戦況が続いていた。

resize7701.jpg

同盟国の危機を知ったアメリカは、トブルク防衛のために援軍を派遣する。この重要な任務を与えられたのは、たった一人の中年兵士。走ると直ぐにハアハアしちゃうし、サブマシンガンの扱いは下手、しかも低体力ときたもんだ。しかし、彼は狙撃の天才、超精鋭狙撃手なのだ!!

resize7711.jpg

今回からSniper Elite IIIをプレイしていきます。前作V2は大戦末期のベルリンでしたが、それより3年前のフェアバーンさんは北アフリカで活躍をしていたようです。このタイトルは、日本語版の発売が急遽中止になったため、一部の洋ゲーマーの間で話題となりました。恐らく、キルカムがグロシーン満載なので、その表現が引っかかったのでしょう。まぁ、洋ゲーは英語でプレイするのが一般的ですので、日本語版は始めから諦めておいた方が精神的に楽です。DeadspaceやらMortal Kombatの日本語版が発売をされたら、それはそれで問題な気がします

resize7706.jpg

相変わらずのキルカムの仕事っぷりに惚れる。内臓を貫けば、そのシーンが鮮明に見れますし、頭蓋骨なんて日常茶飯事ですよ、グロというより理科的なものを感じるんですが、日本だとアウト。前作もこんな感じだったが、よく日本語版が発売できたな。前作がOKで本作OUTの基準が解りません。前作なんて、アメリカ軍が同盟国ソ連を襲っていたんですが…

resize7715.jpg

見てください!!なんと体力ゲージがあるではありませんか!!これで突然死が大幅に減ることでしょう。それに加えUIも随分と親切になり、敵の警戒度が色で表示されるシステムは、さながらDishonored。それ以外にもアイテムの管理は解り易くなったし、相変わらず走るとハアハア五月蝿いし、ダッシュ距離も短い中年アクションが楽しめます。

resize7728.jpg

チャプター1はチュートリアルなので基本的な操作説明と、ちょっとした応用で終わる。
しかし、今回のフェアバーンさんは、どのような職人芸を見せてくれるのだろうか?それと今回も単独行動するのか?アフリカで独りうろつくのは危険だと思うのだけれど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR