お知らせ 記事削除の件

某国内ゲーム会社の、某人気ホラーゲームのショートレビュー記事を掲載していたのですが、この会社のガイドラインに『ゲームから取り込んだ動画および静止画』を強く禁止する一文があったため、該当記事を削除しました。ガイドラインの全文を読む限り、とにかく個人で動画やゲーム内の画像を掲載することは、絶対に認めないと言うスタンスの模様。



まぁ、ゲーム開始時にも、よく解らん警告文が流れていたので、調べてみたら案の定という感じだった。面倒くさい事になる前に、記事削除を行ったが、今後もこの会社のタイトルを取り上げることはない。
というか、この会社が創ったゲームは買いたくないというのが本音。これまでシリーズ初期から買い支えてきたんだけどなぁ…。残念なことだが、仕方が無い。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ええっと…シリーズを重ねるごとにゴリラ化していったキャラに代わって、髭の中年のおっさんが活躍するゲームでしたっけ? カメラ位置が最悪だとかなんとか。

YouTubeで該当のゲームの実況動画が普通にアップされてるのに一個人のブログでのレビューはダメだとか、おかしな対応ですね。

Re: Re: Re: No title

> ええっと…シリーズを重ねるごとにゴリラ化していったキャラに代わって、髭の中年のおっさんが活躍するゲームでしたっけ? カメラ位置が最悪だとかなんとか。

ええ、そうです。そのシリーズの最新作です。

> YouTubeで該当のゲームの実況動画が普通にアップされてるのに一個人のブログでのレビューはダメだとか、おかしな対応ですね。

公式の回答には以下のような記述があります。
『ゲームソフトやゲーム機本体の機能を使用して、撮影・アップロードしたもの』は掲載・配信が可能。
つまり、私のようにPCの録画・撮影ソフトを用いる方法は、ゲーム機本体の機能ではないから認められないと解釈できます。また、YouTubeだとか、その他の類似した動画サイトにあるゲーム動画も違法だからさっさと消せ、というスタンスのようです。
個人ブログで『我々の製作したゲームを勝手にレビューしたり、感想を書いたりするんじゃねぇよ。嫌なら買うなよ。』とも解釈できます。
個人的な意見を言わせてもらうと、『全くおかしな対応、かつ最高に馬鹿げたマーケティング』だと思います。

No title

日本国内版と海外版のイントロをYouTubeで見比べてみたんですけど、
国内版は "C◯◯◯O◯" のロゴが表示される直前に
「ゲームソフトを権利者の許諾なく、インターネットを通じて配信 ~省略~ 日本国の法律で固く禁じられております。」
とデカデカと注意書きが入るのに対し、海外版は企業ロゴの前にそういった注意書きは表示されていないようでした。
カ◯◯◯は 「海外プレイヤーのゲーム配信はいいが、日本人の配信は許さない」 という奇抜なスタンスを取っているんですかね。

※自分はそのゲームを国内版海外版どちらも実際に所持していないので、国内版と海外版の注意書き云々の件は間違ってるかもしれません。

Re: No title

> 日本国内版と海外版のイントロをYouTubeで見比べてみたんですけど、
> 国内版は "C◯◯◯O◯" のロゴが表示される直前に
> 「ゲームソフトを権利者の許諾なく、インターネットを通じて配信 ~省略~ 日本国の法律で固く禁じられております。」
> とデカデカと注意書きが入るのに対し、海外版は企業ロゴの前にそういった注意書きは表示されていないようでした。
> カ◯◯◯は 「海外プレイヤーのゲーム配信はいいが、日本人の配信は許さない」 という奇抜なスタンスを取っているんですかね。
>
> ※自分はそのゲームを国内版海外版どちらも実際に所持していないので、国内版と海外版の注意書き云々の件は間違ってるかもしれません。

どぶろく殿
調査、感謝いたします。



私も調べてみましたが、海外版だと確かに許諾文章は出ずに、直ぐにタイトル画面に行くようですね。
このゲーム制作会社が何故、日本版にこのような規制をしたのかは解りかねますが、恐らく手間の問題だと思われます。
例えば、日本語版を所有しているプレイヤーの多くが日本人です。ですから、メールなり電話で一言「おい、さっさと動画や記事を消せ、さもないと訴えるぞ!!」だけで済みます。ところが、投稿者がベルギー人であった場合、フラマン語、ドイツ語、フランス語で「お願い、動画を消してよ」と頼みこむ必要があります。また、海外の動画をいちいちチェックしていたら、調査と確認作業だけで10万年は掛かってしまいます。或いは、単に日本のゲーム業界が嫌いで、意地悪したいだけか。まぁ、前者だと信じたいところですが。

No title

いや、びっくりしました。
そんなことってあるんですね。

ファンを減らし、敵を作っていくことにコストをかける会社、、
それを想像することができない会社、、
ユーザからどんどんずれていく会社、、先が見えますね。

No title

えっ...著作権にちょっと厳しいだけでなんでこんなにカプンコを叩くの...?
出典を明示してる場合には著作権には引っかからない筈なのに...ってこと?

Re: No title

> えっ...著作権にちょっと厳しいだけでなんでこんなにカプンコを叩くの...?
> 出典を明示してる場合には著作権には引っかからない筈なのに...ってこと?

まぁ、私一人が神経質になっているだけなのかもしれませんが。
カプコンを叩いているわけではありません。
日本語版にはわざわざ著作権の文言を入れて、海外版では入れないのも、違和感を感じますしね。
なんにせよ、今後はカプコンのゲームを取り上げることを考えていないので、問題はないと思います。

No title

どぶろく氏が言及している日本語版にのみ存在する注意書きは、ゲーム自体のデータを不特定多数がダウンロードできるようにすることが違法であることを周知する文章なのでスクリーンショットやプレイ動画のアップロードの話ではないと思います。
日本版にしか存在しないのは2010年頃に日本の著作権法が変わったことを認知してもらうためかと思います。
違法にアップロードされたゲームのダウンロードも違法になったのですが、初犯の際は違法性について知らずダウンロードしたと主張すれば無罪になるらしいので
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR