続・超精鋭狙撃手 その12

resize8147.jpg

最終DLC『Save Churchill part3』を開始する。
怒らないから、このMAPデザイナーさんは早急に私に連絡をして欲しい、絶対に怒らないから

resize8154.jpg

この視界に入る全てが行動範囲になる上に、高低差が激しい。ここまで来るのにも激戦、さらにスタート地点からルート選択を強いるという豪華っぷり。まさに広大なMAPがもたらす絶望、暴力、リトライ。違うゲームで例えるのなら、「安易な気持ちで買ってしまったFarcry2」。偶然にも中年狙撃ゲーの舞台もアフリカである。

resize8168.jpg

ゴール地点には敵戦車が徘徊をしており、フェアバーンさんとの壮絶な鬼ごっこが始まる。とは言え、対戦車地雷を持ってきたプレイヤーにとっては格好の的。地雷が無くてもダイナマイト設置して狙撃でも即撃破可能。爆発物が無かったとしても…ここまで辿り着くことのできたプレイヤーなら、銃弾2発もあれば十分だろう。
戦車をぶっ壊し、チャーチルも救い、ああ、長かった2時間…このMAP長すぎだよ。

resize8180.jpg

第二章開幕!!

久々に絶望をした。長いってレベルじゃない、区切らないってレベルじゃない、中年を働かせすぎだ。ここからは完全に初見殺しゾーンと化しているが、私は前作クリア者だ。今作もクリアしてやる。意地で自我を維持しているようなものだ。怒りの心で最後の一本道を進み、匍匐で狙撃から身を守りつつ、突き進む。最後に待つ構えるのはドイツ軍スナイパー部隊。
1人の中年VS精鋭スナイパー部隊がアフリカで最後の激突。これだけ活躍をしていれば、スナエリ2で大戦末期に単独派遣されたのもうなずける。

resize8183.jpg

スナエリ3は実に作り手の情熱を感じられるゲームだ。前作の悪かった部分、特に理不尽な難易度に徹底的にメスが入り、突然死が少なくなった。MAPにギミックが多く、ルートも複数存在するために、箱庭色が感じられる。同じMAPでもステルスして目標を完遂するのと、ランボープレイで特攻するのとでは、別ゲームのように感触が異なり、そのどちらも上手にデザインがされている。私はステルスでのっそのっそと背後からの暗殺プレイの方が緊張感があって楽しめた。不満点は後半面が高難易度な事。あと一部のchapterが長い。しかしながら、ゲームとしては方針がより明確化し、全体的に引き締まった面白さに支えられている。個人的に高評価が出せる中年アクションゲームである。

スピンオフ作品『Sniper Elite: Nazi Zombie Army』がありますが、流石に次回は違うタイトルに手を出したい。
たまにはファンタジーな世界観を有するゲームをプレイしたいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR