Replay:Call of Duty:Ghosts

resize7607.jpg

私はCoDシリーズを初代からプレイしてきているが、その中でも突出しているタイトルは間違いなくGhostsであると確信をしているし、この記事を書いている現時点でさえ、これ以上に嬲り殺し的に評価を下せる最高のタイトルは他にない。まずGhostsの何が優れているのかを1つ1つ丁寧に眺めていくことで、どうしてこんなクs…素晴しいアイデアとプレイが両立できたのかを【出来る限り綺麗な言葉を使って】見て行こうではありませんか。

resize7636.jpg

グラフィックス至上主義になっていないのが最高に素晴しい。そうさ、FPSは敵を打ち倒す面白さにこそ原点があるわけで、映像美や心に響く美しい音楽がメインに出てきてしまっては駄目なのです。私はグラフィックスに対して執着は薄いのですが、それでも最新ゲームをプレイしますと、圧倒的な技術・音楽に圧倒され、驚き戸惑いのゲームになります。しかし、グラフィックスにだけ注目が集まってしまうのも考え物です。流石はInfinity Ward、そこをよく理解してくれました。前作Modern Warfare 3、もといBlack Ops 2と比べても、大幅に退化したグラフィックスには大きな意味があったのです。ゲームは映像だけじゃない!!動いて射撃する面白さにあるんだと主張をしているように思えます。『我々はグラフィックスやFPSに拘らずに面白さを追求したのです。もっと言えばスタッフが大量に抜けてしまったので拘れなかったのです』そんな声が聞こえるような気もします。

resize7597.jpg

では射撃感はどうでしょうか。これも素晴しい出来であり、具体的に言うと100万年前から一切に変更されていない古臭いデザインが全面に押し出されています。全ての事柄を改良する必要性はないのです。悪い部分を改善してしまったら、いつものCoDが堪能できませんからね。Infinity Wardのセンスにまたもや私は驚かされてしましました。射撃の面白く無さは、遥か昔から多くのファンに指摘されていましたが、敢えてファンの言い分を聞かず、自社の流儀を貫き通す勇気。凄いですね、ええ本当に凄いと思います。そして今回の目玉は犬です。CoDと言えば犬、しかも本作は味方として登場し、プレイヤーを助けてくれます。中盤以降、完全に空気扱いですが、それは脚本家がうっかり設定を忘れてしまったからでしょう。

resize7890.jpg

こんなスカスカの脚本をパッケージ化する勇気に感激すら覚えます。アメリカが2陣営に分かれた内戦が勃発、アメリカ大ピンチ!!…これ以外、全く説明がされませんから、そもそも物語りの始まりから終りまで、私は理解が出来ませんでした。理解が出来ないストーリー性でしたが、空母で射撃するシーンはどっかで見たような気がします。ええと、何でしたかねぇ、ほら、あの出来が物凄い悪いCoDですよ。まぁ偶然の一致も考えられますから、あまり深入りするのは止めておきましょう。面白いシーンも2、3秒くらい存在して、宇宙や水中シーンは中々に新しい試みだったと思います。移動が面倒くさい事を除けば、さらにその面倒くさい移動シーンが無駄に長く、意図が分らないシーンに成り下がっていたとしても、素晴しいのです。

resize7939.jpg

Ghostsの一番凄いポイントは、EDにあります。フルプライスを支払って購入した全プレイヤーが、訴訟を起こさなかったというのが一番に凄いことなのです。こんな理解に苦しむEDは初めてです、少なくとも歴代CoDシリーズの中では断トツに最低のEDです。しかし、それでもプレイヤーは怒りませんでした。それはED後、直ぐにEminemのSURVIVALが流れたからです。これは本当に良く考えられた演出で、どうしようもないEDの後に素晴しい音楽を素早く流す手際の良さに、近年のInfinity Wardの実力が如実に現れています。これらを総合して考えるに、GhostsはSURVIVALの宣伝のためだけに製作されたCoDと考えると、私はとても納得できるのです。音楽宣伝のためにゲーム製作するのですから、本格的なFPSを目指さずとも良いわけです。ちなみに、この素晴しい音楽を聴くためにはThe Marshall Mathers LP 2を購入すれば、この退屈なゲームをプレイしなくともOKです。
タイトルが亡霊というのも中々に自虐的で素晴しい。むしろ、そこに高評価が出せますね。


追記:Replay:CoD(BO~Ghosts)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何時も読ませてもらっています。

>Ghostsの一番凄いポイントは、EDにあります。フルプライスを支払って購入した全プレイヤーが、訴訟を起こさなかったというのが一番に凄いことなのです。
フルプライスで買ったけど、EDまでやる気にならなかった派です。
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR