Dying Light その5

resize13423.jpg

橋は良い。人類にとって橋は重要な建築物だった。例えばローマ帝国の時代だと国家の基礎ともいえる程、重要な意味を持っていた。カエサルは4万人にも耐えうるライン川を通過する橋の建設に挑んだが、これは帝国の高い技術力を物語っていた。まずカエサルは川底に斜めに橋脚を打ち込み、これによって川の流れに強い構造にした。この時、上流の橋脚は川の流れに沿う様に、下流は流れに反するように並べられた。この構造により軍隊が通っても十分に頑丈な橋であり、カエサルはたった10日程度で完成させたため、敵の居る場所に関わらず攻めることが出来たのである。さらに彼の後を継いだアウグストゥス、その腹心アグリッパは橋と水道を…話が脱線しそうだ、ゾンビゲームに戻さないと何の記事だか分らなくなる。
ともあれ橋の出来が良いゲームは、私好みなのだ。

resize13425.jpg

この橋はメインミッションには関係ないが、とんでもない完成度を誇るMAPデザインである。最初、橋の頂上部分に行く方法が分らず、右往左往をしていたのだが、何気なく壁に向かってジャンプをすると掴む事が出来た。おい、マジかよ…コレを登れと?と思ったが、途中から冷や汗モノの移動が続き、ミスをすれば落下死の連続。ようやく登ったと思えば、さらに上に行けるというサービス鬼畜が待っている。やってやろうじゃねぇか!!と鼻息荒く挑戦をするが、コラム5回目にして序盤という現実。しかも寄り道しまくりのプレイである。クリアまで半年以上掛かるかもしれない

resize13428.jpg

怖い、めっちゃ怖い。信じられないほど高所でダッシュしまくるクレインさんに興奮を覚える。ちなみにココまで来るのに三回転落死しました。とりゃーと勇気を持ってジャンプをしてからの、実は届きませんでした→3秒ほどの自由落下→ぐちゃ の恐怖コンボ。こんな決断が今後増えてくるとなると心臓に悪いなぁ。

resize13443.jpg

流石に半年もDying Lightをやるわけにはいかないので、ぼちぼち進めるが、クレインさんがライズの本拠地に特攻するシーンは笑える。主人公が一番の世紀末キャラクターだったようである。新たに覚えたドロップキックが笑えるほど気持ちの良い攻撃で、しかも強い。もう鉄パイプなんて要らないのだ。

resize13451.jpg

斧ゲー始まる
無差別格闘戦士と成り果て、怒りの支援物資強奪をするエージェントの明日は?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR