Shower With Your Dad Simulator 2015 ショートレビュー

resize18074.jpg

2015年、PCゲーム界隈で大きな話題になったタイトルがあった…正確に言うと、一部のコミュニティに属する人達から絶大な支持を集めたNotGTAVに関する話題である。ゲーム内では口煩くGTAVとの関連性を否定するも、公式トレイラーではガッツリとGTAVプレイ映像を垂れ流す。ゲームプレイ中では凄まじいGTAVへのオマージュ、ユーモアがあり、Rockstar社員には見させられない。そんなこと事をやっているもんだから、見えない力が働き、ついにはSteam販売停止という事態にまで発展した。こういった話題性が呼びに呼び、確固たる地位(?)が与えられたのである。この手のバカゲーは話題性があってナンボ、内容がクソであったとしても笑い飛ばせる類である。作り手も解っているので、そういうデザインにしてくれる安心さがあった。しかし、このゲームには製作人による我々に対する安心さがない。ついに世に放たれた無法無秩序無修正ゲーム。間違いなくNotGTAVを超える超問題作Shower With Your Dad Simulator 2015、マジで何を考えて製作したんだよ!!

resize18062.jpg

正式名称Shower With Your Dad Simulator 2015: Do You Still Shower With Your Dad、タイトルの時点で察するべきゲームだが、発売されるや否や、その内容からか絶大な支持を集めている(おっと、言い忘れるところだったが、支持しているのは一部のユーザーだけである)プレイヤーは子供を操作し、シャワーを浴びている自身の父親に抱きつくゲームである。これが基本的なルールなのだが、これ以外にも複数モードが用意されており、中には何故か空中から降ってくる下半身露出親父を、手が伸びる子供が次々とGetしていく謎ルールも搭載されている。

resize18080.jpg

ゲームをプレイしていると、突然に別空間にアブダクション(拉致)される。いきなり電脳世界で、下半身モロだしの父親を入手していくルールが発動され、意味も分からずゲームが進行していく。これに対する説明や事前準備は一切ない、本当に突然始まるのである。そもそも、元のルールからして、「チ○コ丸出しの父親を次から次にGetしていくゲームに、需要があるのか?」という根本的な疑問があるが、それすらを軽く凌駕する無差別アブダクションっぷりである。その他にも混乱する要素は数多く、下半身露出している忍者と戦ったり、空飛ぶバスタブで他人の親父を撃墜したりと、無法地帯すぎるゲームが続く。

resize18060.jpg

オプション項目が病気に満ち溢れている。FOV変更は90か90.1かの2択しか用意されておらず、子供の傾きがどうのこうの等、実用的なオプション項目は存在しない。ちなみに当ブログで性的なゲームSSを掲載するわけにはいかないので、全てのチ○コを黒塗りしたが、ゲーム内ではマジで全部出ている状態。それに加え、ゲーム前に導入される親父との会話は、一体何がどうなっているのかも解らない。このゲームの凄いところは、意味不明なデザインを一貫している点にあり、懇切丁寧な説明や助言は0にも拘らず、ゲームとして成立しているところであろう。

resize18083.jpg

こんなゲームを真面目に記事にするのもどうかと思うが、案外、普通に遊べる。シンプルにハイスコアを狙うゲームとしては中々に優秀なデザインであり、時間経過とともにプレイヤーを妨害する要素が増えていく様もセンスがある。私としては熱烈に本作を支持をするわけではないのだが、あまりにも印象が強すぎて驚いてしまっているというのが本音である。マジで理解の範疇を超える、ホンモノのバカゲーである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR