CoH再評価 その8

resize16493.jpg

The 初見殺しMAP始まるよ!!最初の目標は壊れた橋の修復。戦車を先頭に、街中心部に攻め込むと、防衛作戦が発動される。準備時間内に地雷設置や資源確保を行う。しかし、このミッションの難しさは、敵本部への侵攻にある。サブ目標なので達成しなくてもクリアは可能だが、ココを放置するとドイツ軍の戦車が逐一沸いてくるので、かなり苦しい展開になる。防衛部隊は砲兵やMGに任せ、戦車軍団は一気に敵陣営に攻め込んだほうが後半は楽。ただ、このプレイはコツが必要で、MAPの何処にATが潜んでいるのかを知っておく必要がある。何回かプレイして憶えるしかない。

resize16497.jpg

頭では理解をしているが、指先が追いついていないので防戦状態に。中心部に防衛部隊が居ないと、あっと言う間に制圧されてしまう。狙撃兵&MGは正義なので、このコンビを1チーム作成して、後は野となれ山となれ。ATチームが中心部で頑張るもの良いが、やばくなったら後方へ避難。最前線で戦っている部隊も、あまり頑張ると戦力の低下を招く。特にこのMAPが嫌らしいのは自HQが遠い位置にあるために、増援の到着が遅れる点。常に兵力は補充するくらいの気持ちで。資源が足りない?戦車の生産が追いつかない?敵の攻撃が激しすぎる?昔のゲームは非情なのです。

resize16500.jpg

ゲームを評価する上で、決め手の1つになるのがゲームボリュームです。フルプライスで購入したのに、プレイ時間が10分程度だったら誰だってガックリしてしまいます。逆に1000円で100時間の体験が得られるのなら、とんでもないボリュームとコンテンツ量なのでしょう。最近の場合だと、私はNeed for Speed Rivalsは良いボリュームでした。全シナリオクリアは難しくはないのですが、好きなスーパーカーで好きなイベントを攻略していく、ダラダラしたプレイがとても様になっているのです。スピード感のあるレースゲームで、ダラダラするというのは矛盾しているかもしれませんが、不思議と吸われるかのような体験でした。
純粋にコンテンツ量が狂っているのはThe Elder Scrolls V: Skyrim、Batman: Arkham City、Borderlands 2あたりでしょうか。しかし、それらを差し置いてCoHは膨大すぎます。シングル・キャンペーンも馬鹿みたいに多い上に、1つ1つが長丁場、さらに追加コンテンツであるOpposing Fronts、Tales of Valorも含めればシングルだけで半年は遊べます。(というか、クリアに半年掛かった)さらにマルチやらスカーミッシュもプレイすれば2年くらいは存続できるゲームでした。今時のゲームも素晴しい作品が多いですが、古風の時代は、荒削りな面白さが逆に長く遊べたような気がします。まぁ、CoHは荒が少なかったのですが。

resize16501.jpg

ビールを呑みながらプレイ出来ないゲームランキング1位。仕事終わりに気楽に出来ないプレイ時間が、今となっては哀しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR