午後のPCゲーム of the year 2015

resize5983.jpg

2015年に発売されたPCゲームの中から最も優れたタイトルを当ブログが選出する記事『午後のPCゲーム of the year 2015』。本年は面白いタイトルが多く、PCゲームの当たり年だった気がします。優れたタイトルを決める基準ですが、私が十分にプレイ時間を確保できたタイトル、かつゲーム内容がユニークであるものを判断基準にしています。そのため全ての方が納得できる記事にはなっておりません。



2015年を振り返ってみると、オープンワールドゲームに於いて際立った大作が発売され、話題になりました。家庭用からPCに移植されたGrand Theft Auto Vは正にPCゲームらしいゴージャスな追加要素を引っさげて再登場しました。The Witcher 3: Wild Huntも大きな話題を集めたタイトルでしたが、私の時間が空かずプレイするには至りませんでした。聞けば非常に素晴しい体験が出来るとの事なのですが、これに関しては来年以降の楽しみとして取って置くことにしましょう。また、国内からはMETAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN、シリーズ最新作にしてシリーズ担当した小島 秀夫がコナミから解任、クビになった事で話題に。私もMGSシリーズは好きですが、時間の関係から今回の選考からは外させて頂きました。小島監督には、是非とも過去作品に囚われないデザイン・ワークを期待しております。さて、PCゲーム界隈を眺めますと、早期アクセスに対応したタイトルが随分と増え、どうやら一時的なブームではなく、これから先も続くような気配を見せていました。中には高いPCスペックを要求する早期アクセスもあり、とても少数集団が作成したゲームには見えない作品も数多く出ている印象です。話題性だけでモノを言うのであれば、Fallout4Call of Duty: Black Ops III等もあったのですが、未購入ですし、映像を見る限り劇的な進化をしているようには見えませんでした。続編が多いゲーム業界ですが、個人的にはリバイバル作も増えてくれると助かります。

resize11654.jpg

Dirty Bomb(Splash Damage)は開発 Splash Damageの名前を久しぶりに聞いたので嬉しくなりました。てっきり私は倒産か解散したものと思っていたので忘却すらしていた会社なのですが、マルチプレイ主体のチームFPSを創らしたら世界一の会社・・・だったはずです。ゲームの根幹は良く出来ているのですが、クラス間のバランス調整に戸惑う開発がユーザーの下まで届いてしまっていて、やや不安定なタイトルに。F2Pで課金FPSにするくらいなら、パッケージで堂々と勝負をしてほしいタイトルでした。

resize20380.jpg

堂々と正面から勝負をする?まさか、そんなルールは海底には及ばない。Depth(Digital Confectioners)は鮫を選べばダイバーを闇に連れ去る猛獣として、ダイバー側を選べば何時襲われるのか解らない不安を身に浴びて。ダイバー側は4人で協力して鮫を倒さねばならないが、鮫が凶悪な性能で、1対1ではほぼほぼ不利。一人で探索をするだなんて、泳ぐ餌にも程がある。しかし鮫は2匹と数の上では劣るので、作戦が必要だ。海底対戦と言うことで、360度全方位に目を配る忙しさも楽しさに換えるセンスの素晴しさ。本年、私が選ぶ最高の対戦ゲームでした。

resize20634.jpg

鮫が作戦を練るのなら、Deathtrap(NeocoreGames)は人間側が防御網を築いてモンスターを駆逐するゲームだ。複数のルートを防衛するタワーディフェンスでありながら、ハクスラ風味な変り種なデザインが目に付く。異様な敵数が絶え間なく、複数の防衛ルートに流れ込むために、アッチで防御網が崩壊すればプレイヤーが急行してモンスターをぶん殴り、コッチでは厄介な特殊能力を持った敵がプレイヤーの設置した罠を凍結させてくる。決して解りやすい、一強罠を用意せず、タイプ別に組み込んでいかねばならない。更に悩ましいスキル選びから、アイテムショップでのお買い物。古いデザインながらも、欲張って破綻しなかった稀有なPCゲームでした。

resize10964.jpg

あれやこれや考えるゲームは、気分が乗らないと厳しいものですが、Wolfenstein: The Old Blood(MachineGames)は脳筋シューターからステルス好きまで幅広くカバーしてくれる。この作品は2014年に発売をした名作Wolfenstein: The New Orderの前日談にあたり、フルプライスゲームではありません。しかし、どうした事か、そこらへんのシングルプレイに力を入れない大作よりも、遥かにFPSをしています。No・演出 No・QTE YesFPSという超古典的なスタンダードしかしていないMachineGamesは好感が持てます。マルチプレイ無しの直球ですが、これが良いのです。



さて、あまり長く書いてもダルイだけですから、そろそろ発表して終わらせましょうか。
午後のPCゲーム of the near 2015に選ばれるべきタイトルは
Grand Theft Auto V(Rockstar North)

resize15090.jpg

娯楽の粋を集め実行し、改善と快楽、快適なオープンワードゲームになったGTAⅤ。困ったことに、GTAⅤで可能な事柄を列挙するにはページ枚数が足らなくなるために、なにがどのように素晴しいのかは細かくは語れないのだが、それにしても色々と詰め込んだゲームである。基となった家庭用と比較をすると、画質の向上が凄まじく、特に水のきらめきや空模様といった自然描写への熱心さが嬉しいではないか。街中を歩けば、そこの街角は本当にありそうだし、道行く通行人もアクションを起こしてくれる。

resize14981.jpg

MAP造詣がリアルを追求しているために、日常的な生活香りがする。何もかもが非現実でなく、車の運転から射撃まで『自分が体験しているかのように振舞ってくれる』。操作できるキャラクターは3人になり、成長要素も復活。元凄腕の銀行強盗マイケルは時間を遅くする特殊能力により精密射撃が誰よりも上手、青年フランクリンは銃の扱いは下手でもドライビングに関する特殊能力のお陰で移動が楽チン、危ない中年トレヴァーは元軍人だけあり戦闘からヘリコプターの運転までこなす。クセのある3名をリニアにチェンジするシステムは機能をしていて、ミッションによっては常にキャラクターを変えながらのプレイになる。これは面白い試みだな、で終わることなく、徐々に派手になっていく様は映画的でもあり、操作して感動し画を見て納得する仕上がりになっている。

resize15700.jpg

後半の連邦銀行襲撃作戦は、シリーズの中でも屈指の場面になっている。色々と下見をして、準備をするシーンも感慨深く、それらを乗り越えて決行されたシーンなのだが、プレイ出来る映画そのものが詰め込まれている。リーダー・マイケルが走り出し、それをトレヴァーが援護する。追手はパトカーから武装ヘリまでやって来て、銀行前は銃撃戦になってしまう。逃げつつ戦うアクションは映画『HEAT』のようで、非常に熱中できる体験だった。キャラもよく喋り、臨場感も文句ナシだ。惜しむべきは様々なミッション構成があるために、中には退屈な時間もあるという点である。趣向を凝らしているのは解るのだが、あまり人間ドラマに付き合わされるのも考え物である。特に後半になると、マイケル絡みのトラブル処理がダルイ印象で、連邦銀行襲撃の後のテンポが良くない。

resize15676.jpg

まだまだGTAⅤについては書くことも出来るが、全体的に引き締まっており、デザイン的にも成功をしていゲームである。と、言うことで当ブログはGTAⅤをPCゲーム of the near 2015にすr … … … near? oh,sorry!!私としたことがミススペルをしてしまいました。Game of the nearだなんて縁起でもないですねHahahaha、

でも演技じゃなくて本当なんですよ。

GTAⅤは気に障るポイントが2つある。まずマルチプレイのLv上げがダルすぎて寝込むくらいに病的ですらある。楽しい銀行強盗ミッションをするには、指定のLvでないと参加できない。最初はちまちまとレースだとかでLv上げをしなくちゃあならない。何故、こんな無駄な時間をプレイヤーに要求するのか。私はこのデザインが気に障ったので、ベタ褒めしない事にした。シングルだけ見れば素晴しいゲームなのに・・・とも言えない。MAPに見所が少なく、過去作品に比べ思い出に残らない。ラスベンチュラス、ストーン島、或いはバイスシティのような陽気な南国さもなかった。街と砂漠が細かく作っているが、頭に残らないのである。だからGTAⅤはGame of the yearに近いだけの作品、でも私に高評価されたのだから悪い待遇じゃあないですよ、Rockstarさん。

… … …

今年は本当に序文が長いのですが、もうミススペルはしませんから安心してください。
それでは、最優秀賞をゾンビに進呈しましょう。



              午後のPCゲーム of the year 2015
                 Dying Light(Techland)

resize13186.jpg

貴方が高所恐怖所で無い場合に限りDying Lightには褒めるべきポイントが非常に多く存在する。見所も多いデザインだが、Techlandらしさ全開のセンスが炸裂しているため、異様なゾンビゲームである。Techlandで記憶に残るのは、Dead Islandである。南国オープンワールドゲームだが、人を選ぶタイプのデザインで、移動から戦闘に至るまで慣れないうちは難しい。移動すればゾンビに殴られ、応戦しようにもプレイヤー側は不利なためフラストレーションが溜まるのだ。おいおい、どうして主人公を弱くするんだ?ドヴァキンさんやリコ・ロドリゲス並みに暴力でゾンビを屈服させたいのに!!しかし、プレイをしていくと、むしろそういった不利を楽しむ事が出来るようになる。というか、それが出来ないと付き合っていられない。私はDead Islandの精神的な続編だと思い込んでいたので、模造品を期待していた部分も大きかった。

resize13720.jpg

FPSでここまで移動アクションに情熱を費やしたゲームは、私の知る限りDying Lightだけである。しかも拘りが半端じゃない。ここで重要なのは、相変わらず主人公は戦闘下手なエージェントであるために、確実な勝利が期待できない。戦闘はかなりの危険を伴う行為だ、敵は数が多い上に体力も高い。ゾンビなら勝てるかもしれないが、銃で武装した集団ライズには返り討ちにされてしまう。だから逃げるのだ、敵から逃げて逃げて逃げつつ目的を達成する。屋根から屋根へ飛び移り、壁をよじ登って逃げる。凄まじい量の『掴める壁』が存在するハラン市内に、固定の逃走ルートは無く、自分で好きなように縦横無尽、上下左右を味方につけて移動をするのだ。逃げることは負けではない、生き残るために走らなければならないようにデザインされ尽くされているだけ。

resize13590.jpg

プレイヤーが安全地域から一歩前に出てしまえば、そこからは常に不利だと思ったほうが良い。いくら強力なナタやスキルを得たとしても、ゾンビの群れの前では無傷での勝利は難しい。しかし、足ならプレイヤー有利だ。戦闘は最小限に納めれば良いだけなので、プレイ時間の大半は楽しいパルクールで過ごすことが出来る。ところが、意地悪なポーランド人達は、そう易々とクリアさせますまいと戦闘要素もふんだんに入れてくる。強力なボスゾンビと戦うしかない状況、戦闘は不利なのだから嫌でも緊張感が高まる。困ったことに、接近戦のセンスの良さはDead Island並みであり、局部破壊推奨の戦闘は面白い。

resize13886.jpg

1つのゲームに2つの異なる状況を用意する - 昼間は危険だが視界も良く、ゾンビ達も落ち着いている。だから重要なパートは太陽の下で行うのが望ましい。ところが流れ行く時間が太陽を沈ませると、究極の人間不利が始まる。夜間に登場するゾンビが非常に強力で、正面から戦闘で勝つのは厳しい。しかも、プレイヤーと同等の足力を有している上に、一度見つかると大量に沸く。逃げても追いつかれる可能性があり、セーフゾーンまでの逃走はいくらプレイヤーLvが高くとも汗が凍るほど怖い。では全てのイベントを昼間だけで終わらせれば良いのではないか?理想はそうなのだが、ちょっと遠出をしていると夕方になってしまい、慌てて帰り支度をする事も多くなっていく。考えようによっては夜間でもゾンビに見つからなければ問題は無いわけである。理想の上ではだが。

resize13608.jpg

時間によってゲーム性が大きく異なるだけでも素晴しいが、ゾンビと人間でも戦闘方法が大きく異なる。ゾンビは直線的に近づいてくるだけなので対処には困らない。ところが、人間相手だと生意気にもフェイントをしかけてきたり、攻撃をガードしたりと戦略的な動き方をするのである。タチが悪い奴になると、銃をぶっ放すので、音でゾンビが集まってきて、あたり一面が敵だからけになることも。油断ならない敵が、直ぐ其処にいるので、時間帯以外にもプレイヤー側が緊張するシーンは多い。そういった要素があるために、サバイバル色はかなり強い。薬草を摘んで貯めたり、ガラクタを集めて新しい武器を作ったりと、収集要素は重要だ。嬉しいのは、収集を神経質にならずともクリアは出来る事だ。バカみたいにLv上げをしたり、ムキになって強い武器を作成しなくても楽しく攻略が出来るように工夫がされている。

resize13863.jpg

知らず知らずに主人公が強くなっていく。最初は逃げるのに精一杯で、屋根から落ちたり、武器を壊したりで大変なサバイバル生活だ。毎回に生死を問われているようなものだ。ところが中盤あたりからフック移動が可能となり、これにより空中移動が可能になる。これにより夜間でもゾンビから逃げ易くなり、さらに今まで行けなかった様な高所や、移動のコンボも自由になった。このフック移動は絶妙なレベル帯で憶えるのがセンスを感じる。そして丁度良いタイミングで新MAPの登場だ。良い塩梅に強い武器が手に入り易くなった頃、街への空爆が迫っていくストーリー展開。プレイヤーがハラン市内に慣れてきたタイミングで、次から次へとゲーム性に関わる要素を出してくれるので、プレイ時間に空白が見当たらない。

resize14035.jpg

日本語版の表現規制問題は現行だと解決をしているので言及はしないが、それでも後味の悪さは残る。好きな会社なので、あまり叩きたくはないが、それでも配慮が欠けているというか、Dead Islandを規制せずDying Lightを狙い撃ちにするのは納得が出来ない。これを規制するならチ○コゲームの立場を議論するべき。それと大変にご立派なQTEシーンのラストシーンは、あまりにも感動をしすぎて血管が切れた。最初のハラン市内到着から一転して大ピンチのクレインさん、政府側のエージェントでありながら市内の人間に有益な行為をしていく。せっせと人助けをし、時にはゾンビ化した仲間を殺害し、物資を集めて生き残ろうとするも、極悪非道な武装集団との戦いは避けられない。熱い展開だ、古典的なストーリーだけれども、応援したくなる。ゲームの中身も頗る調子が良い。それで最後の最後にQTEをさせる。何で見直しをしなかったの?何故、私をポーランドに呼ばなかったの?どうして理解が出来ないの?QTEに素晴しい体験なんて1つも無いのだよ、害悪なだけと気づいて欲しいんだ。

resize13819.jpg

立体的なMAP造詣、2つの異なる時間にアクションを詰め込んで、味付けはゾンビ・サバイバル。
今日、最も先進的なタイトルを決めるとするのであれば、グラフィックスや物理エンジン、最適化されたプレイにこそ評価点を見出すことができる。ただし、そういった技術的な事柄は、後10年も待たずして、革新的な製品が生み出されると見て間違いない。楽観主義で物申せば、バールでゲームを創造するよりも早く、我々は完璧にスキャンされたワシントンを歩くゲームが体験できるかも知れない。(そんなゲームはプレイしたくは無いが)しかし、楽観的に見ても、センスのあるゲームが何時頃に発売されるかは予測が立てられない。GTAⅤを超えるタイトルは待てば必ず出る、ただDying Light並みのゲームの場合、待てば出るだろうが、相当に待たせれてしまう可能性の方が大きいような気がしてならない。

よって2015年に発売したタイトルの中で最優秀を与えるとするのなら、選択の余地なし、である。
Good Luck、Good Night 幸運にも素晴しい体験が出来た事と、オープンワールドゲームの夜明けに幸運を。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR