コラム:完成せずともGrim Dawn!!

resize20686.jpg

今年、私の記憶に残るタイトルの1つに挙げるGrim Dawnは、2013年に早期アクセスが世に放たれたが、現在でも未だに製品版にはなっていない、長い開発期間が続いているタイトルである。当ブログでも1年間に渡り記事を掲載、一時的に掲載を見送っていた期間があるとはいえ、珍しく"付き合ってあげた"ゲームとなった。当初、早期アクセスのゲームを本格的に扱うのは、心底イヤな気分だった。記事を製作する側からすれば、早期アクセスは『何時途切れるのかが分らない』ため、不安が大きい。まして、私からすればRed Orchestra 2記事がクソ重い足枷となっており、コレに加えて早期アクセスなんてプレイしたら、どうなるのか分ったもんじゃない。ところが、昨今のPCゲーム界は、何処を見ても早期アクセス話題だらけだ。避けて通るには不自然だし、本腰を入れてプレイするからには選ぶ必要が多分にあった。そのような内心のうえ、Grim Dawnを恐る恐るプレイしていたのである。結果的に、遅いアップデートに振り回されつつも、記憶に残り、語ることが山ほどあるタイトルまでなってしまった。

resize10091_201512271728566cb.jpg

開発 Crate Entertainmentが毎回に頑張っているのは実感できた。Act2実装からは、歩ける世界が一気に広がり、Act3実装以降では派閥選び、新システム追加に新クラスの登場、ワクワクが枯渇しなかった。一回のアップデートでゲーム幅が異様に広がるため、多くの"待ち人"は次から次にブチかまされる新要素に驚いていた。しかも、これだけゲーム性を変化させつつも、根幹部分が綺麗になっていく様は、汚れ知らずの勇敢さがあり、下手な製品版フルプライスタイトルよりも遥かに立派に見えた。ところが、凄まじいアップデート遅さにより、開発の音沙汰が無い期間に入ると悲惨で、フォーラム内では無駄な議論と不安視する意見が入り乱れた。
「Arcanistが強いぞ」、「F○ck off、Manticore!!何体殺せば目玉を落とすんだよ!!」、「頼む、アイテム倉庫を拡張してくれ・・・もう何も持てないんだ・・・」、「おい、脳筋が強すぎるぞ。更なるBuffをするんだヒャッハー!!」等々。様々な思いが交錯しつつ、なんと2年間にも渡りファンに支持されたのである。通常、このような熱狂的な空気が持続するタイトルは殆ど無い。CoDやBFの最新作が息をしていない現状を見れば、いかにGrim Dawnが愛されているのかが解るというもの。相変わらずゲームが完成すらしていないのに!!

resize14259.jpg

コメント欄にてGrim Dawnが年内に完成する情報を提供してくれた方が居た。このコメントに返信をしなくて本当に良かった、なぜなら返信しようと考えていた文章の内容が
「2015年内に完成するのは難しいのではないでしょうか。仮に年内に完成をしたのなら、お尻にナトリウムを詰め込んで湖にダイブします」、というようなものだったから。(ちなみに、この行為をするのは非常におススメ出来ない、人類史に残るマヌケな死に方になるため)いや、本当に危なかったよ。
12月24日、ついに最後のAct4が実装され、ひとまずゲームの大部分は完成した。ようやく最後の戦いが、最後まで行うことが出来るのである。Lvキャップも大幅に引き上げられたため、またビルドを考えるのに時間が取られそうだ。あと考えられる追加要素は、あの橋の先・・・そう、初期から行き止まりだったDevil's Crossing近くにある壊れた橋である。何があるのかね、その先に。

resize20765.jpg

Grim Dawnは完成すぜとも、高い完成度を誇る。・・・なんとも矛盾したゲームなのだが、事実なのだから仕方が無い。最終的に、どのようなゲームになるのかは解らない。しかし完成が近づいているのは確かに感じる。そうして、ようやく製品版がリリースされ、それをきっかけに購入する方も数多く居るだろうと予測される。が、我々が待っていた間に得られた、次のワクワクに期待する心情と、クソ遅いアップデートにイライラさせられた日々の融合は消え去った後である。久々に、良いゲームの、良いコミュニティの、素晴しい開発に出会った気がする。何度も言うが、まだ完成していないよ。だからワクワクとイライラはもう少しだけ続く。

完成せずともGrim Dawn 私の言っていることは遠からず貴方がたと同じ心境ではありますまいか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ばりーさんが痔にならなくてよかった。
ずっと完成待ちしてて今バージョンから開始組ですが、アーリーアクセスってこうあるべきって見本の一つですよね。多少期間は長かったですが。

Re: No title

> ばりーさんが痔にならなくてよかった。
> ずっと完成待ちしてて今バージョンから開始組ですが、アーリーアクセスってこうあるべきって見本の一つですよね。多少期間は長かったですが。

待つに値するゲームでした。(しかし、まだ完成していない!!)
大変に残念な事に、私の年末スケジュールがガチガチすぎて、GrimDawnの記事は来年に持ち越しとなります。
yakatuさん、他GrimDawnプレイヤーが1周目クリアするのを応援しております。

No title

hahaha!
ケツにナトリウム塊をぶち込む前に十分腸管を乾燥させておく必要がありますね!下痢の時なら湖に飛び込む必要もなさそうです。
ただ、括約筋が十分働いていれば、腸内に水が流入しない気もします。
ル・ペトマーヌのような括約筋をお持ちなら話は別ですが。
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR