コラム:旧世界・治外法権地域

resize21214.jpg

ここ最近、FPSタイトルを熱心に取り上げる気力が沸かなくなった。尤も私は広く浅くゲームをプレイする雑食派なので、特段にFPSに肩入れすることもない。FPS作品も2007年ごろまでにリリースされたタイトルは良く知っているが、それ以降に発売したタイトルは思い出せないことも多く、Brothers In Arms: Hell's Highwayあたりは忘却されたに等しい。最近のFPSタイトルが面白くないとは言わないものの、今ひとつ光る作品が少ない。それだけ旧世代のFPS作品が、土台基礎を築き上げた過ぎたとも言えそうだ。

resize21531.jpg
ドギツイQuakeリスペクト作品『Wrack

ゲームが下手だと苦労をする。
現在、主流のFPSはQuakeらしさが殆ど無いのが特徴だ。敵の攻撃を避ける(隠れずに戦う)等の戦闘におけるプレイヤーの動きが極端に少ない。また移動スピードがリアル寄りであり、フン、フン、フン、ハッ!!と移動の掛け声が聞こえるスポーツFPSも無くなってしまった。ただし、この系統は難しい作品が多く、MAPに隠しが非常に多いことも特徴だった。そのため、快適にプレイを進めるためには練習が必須であり、下手なうちはストレスが貯まるデザインでもある。(それでも素晴しい作品が多く、当時は不満はなかったのだ)この時の私は、FPSが上手だったのかもしれない。Wrackをプレイして楽しさを感じても、失われた楽しさを完全に自身が取り戻せていない感覚がある。これは私が下手になった証拠であり、愛すべき最高のFPS作品SeriousSamに哀しみを持ち込む日もいずれ来るかもしれない。

resize19104.jpg
FPSが苦手な方でも大丈夫な『Portal2

今後のFPSがQuakeに戻ることは考えにくい。
移動やMAP探索に高度なテクニックを要するデザインは廃れて当然であり、ここから革新的な作品が生まれると本気で信じている古参はいない。(存在したら、それはそれで大切な思想だろう)銃を撃って敵を打ち倒すことがFPSの本質だと信じてはいるが、幾つかの例外作品をプレイするたびに、旧式な思想に取り付かれているのは私の方かも知れないと強く思うようになっていった。一人称で銃を撃つのは特段なメリットではない。例えば、The Elder Scrolls V:Skyrimは三人称視点でもプレイする事が可能ではあるが、この作品では一人称視点における冒険者の発見に新たな可能性を感じる。初めて訪れた都市マルカルスは、これまでとは異質な街づくりであり、一人称視点で散歩をすると地方文化が深く体験できる。ここで剣を抜く必要も必然もない、単に歩いているだけでFPSの素晴しさが心底伝わる。そういった意味では、GTAⅤも同類だろう。

resize13710.jpg
稀に見る移動FPS『Dying Light

午後のPCゲーム of the year 2015でDying Lightを推した理由は、テクニックを要求するFPSながらも快適になるような配慮を感じたからというのが大きい。FPSでMAP内を素早く移動し続けるテクニックは、上級者に与えられた特権だった。それこそロケットジャンプやストレイフジャンプが出来てスタート地点、そこから先が難しい。かといって、快適すぎると低予算ハリウッド映画以下であり、それで失敗をした某有名FPSシリーズも良く知っている。(誰もCoDとは言っていないから、抗議をしないように)奇妙な話かもしれないが、オールドスクールFPS作品が好きなプレイヤーは、恐らく大量の敵を捌くことが好きなのではなく、移動に主眼を置いたデザインに思い入れがあるのではないか。障害物に隠れて敵弾を避けるのではなく、直感的に避け続けなければならない環境に、FPSらしさを感じることが多くなった。Dying Lightはそれが非常に良く練りこんである作品で、途切れぬ疾走感が、懐かしさと最新の両端を握っている。

resize21539.jpg
一人称視点(コックピット視点)で激突レースも出来る『Need for Speed Rivals

寛容になってきただけかもしれないが、 FPSはFirst Person Shooterだけのものではない。むしろ、これからのFPSは、もっと当たり前の思想で作成していったほうが良いかも知れない。一人称でロッククライミングだとか、料理、洞窟探検、洞窟爆破、マラソン、会社経営、会社爆破解体・・・売れるかどうかは別問題だが、銃あるべくして開発されたFPSより未来を感じる。そして、この話題は間違いなくVRで実現されるであろう。

さて、取り残された旧来のFPSユーザーは行き場所がありません。Quakeの時代は戻らず、Half-Lifeの存在を知っているゲーマーは老衰しており、MoHは死にました。もはや自身が絶滅危惧者だと実感する時期に来たのであります。・・・私は決別できないでしょう。撲滅運動の最中、端に追いやられてしまったバール物理学者も、古き心の治外法権で保護されております。
FPSをプレイする機会は減りましたが、この一帯を解体爆破するほど愛を失ったわけでもない。

resize10724.jpg
アフリカお散歩『Farcry2

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まだバールを握りしめて待ってますから!
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR