World Guide to Beer クラフトセレクト ゴールデンエール

resize20678.jpg

第81回 【最近の出来事③】

Jared Mason Diamond著のベストセラー『銃・病原菌・鉄』を読み終えたが、世間で言われているような名著とは思えなかった。これは人類の移動や文化に関する歴史本なのだが、各セクションにおいて決定論的な主張をしすぎている。所謂、作者の推察を裏づけするだけのデータが足りていないのである。と言うと、熱心なファンから怒られてしまいそうな発言であるが、海外でも同じような意見が多かった。同じく歴史本でベストセラーになった『World history』(著William Hardy McNeill)の方が資料としてはキチンとしている。こちらは世界史をコンパクトに纏めつつも、重要なイベントは見逃さずに、綺麗に面白い。教科書的な要素が強いために、読み解くのは時間が掛かるのだが、私はコチラを支持したい。聞いた話によれば同作者の『戦争の世界史』は更に面白いと評判だ。読みたい本は多いのだが、時間が無いために実現までは遠そうだ。ここからは体験論になるが、読書をしない大人は、退屈な人間が多い。それも広い範囲で読書を行わないと、酷く窮屈な視線で物事を考えるようになってしまう。と言うことで、私の机には未読の本が既に28冊を超えた。そのような状態でもTo Explain the World: The Discovery of Modern Scienceの日本語訳である『科学の発見』(著Steven Weinberg)を購入してしまった・・・
増える一方の本、ブログを書いている場合じゃないな。

読書をしながらビールを呑むのは非常に素晴しい。本がダメでもビールがある、ビールが不味くても本がある。飽きたら読書を止めてGrimDawnをすれば良い!!

飲んでみよう。
私はゴールデンエールは大好きだが、クラフトセレクトのは大嫌いだ。こんな味の薄いエールを飲めと言うのか!!比較する対象はデュベルが一般的だと思うが、ここまで味に差が出ると、比べる対象をスーパードライのレベルまで落としたほうが良い。これはゴールデンエールじゃない、味も特徴的な甘さが感じられないばかりか、香りも貧弱そのものだ。何より、強烈な個性が無い。どうも日本の大手はエールを作るのが下手なような気がしてならない。もっと厚みのある良書に仕上げてくれ。

resize20679_20160710003143bde.jpg
萃香さんは本を読むのでしょうか?

次回『最近でもない出来事』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR