Replay:Dead Island

resize2730_2016061122451256e.jpg

初回プレイ時から感じていたことなのだが、Dead Islandはまともな会社だったら発売をしなかったと思う。流行る要素がない - 操作性は最悪だ。ゾンビにハメ殺されるし、大馬鹿野朗NPCも多い。ダメなゲームの見本市に出たら、人だかりが出来るだろう。それでも、根幹が腐っていないので救いようがある。むしろ、ダメな点を楽しめるようにさえデザインされている。操作性は慣れてくる、ゾンビに背を向けるな、見捨てていく事をストーリーで肯定しているので問題ない。
流行はしなかったが、素晴しい作品であった。

resize2781.jpg

不満と満足が、ここまで折り重なった作品と言うのも珍しい。オープンワールドを主軸として再評価を下すと、あまりに多すぎるバグは大問題であるし、敵の火力が高すぎるのもチグハグさを感じる。そういった不満のページは、既に100頁を超えてなお、まだまだ出てくるのだから、Dead Islandを厳しく評価したゲーマーの気持ちは解らなくもない。FPSを主軸にした場合も同様の問題が横たわる。馬鹿みたいに狭苦しいFOVは全てを台無しにしてしまうのだ。しかもFOVを変更することが不可能な仕様で、これは欠陥、致命的、It’s a disaster、いくらでも酷いフレーズで埋め尽くすことが可能である。

resize2783.jpg

永続的な個性を誇る作品である。
一生懸命に作成された南国オープンワールドは、バグとFOV問題に多少の理解を示せば、素晴しい体験が出来る。まず戦闘が接近戦にフォーカスを当てており、緊張感が保たれている。Lvを上げて、レアアイテムで武装したとしても、突然死は完璧に防げない。全体的にゆっくりとした動作の中で駆け引きされる、敵との交戦距離、攻撃位置、敵の配置は、正に世紀末サバイバーを我々に提供をしてくれている。この部分、このメリットをどのように受け取ったかでDead Islandの評価は極端に分かれてしまう。

resize4140.jpg

ともかく今日はHavana Clubを呑むことにしたよ。強烈さを理解するには、多少の寛容さが無いと楽しめないものだ。そういった意味で非常にラム酒的な南国が味わえている。
悪い仕様だが、最悪ではなく、素晴しい世界だが、最高のFPSでもない。そういった要素を受け入れつつ、度数の高いやつで決めるのが近代的ってもんだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR