BioShock Remastered その2

resize30591.jpg

恐縮だが初回プレイ感想を書き直して頂けないだろうか。

それは出来ないよ、アトラスさん。

序盤の衝撃的な1シーンであるビックダディ襲撃。続編では試作機デルタが主人公になるなど登場する場面は多い。これはイベントシーンのため戦うことは出来ないが、ストーリーが進むと普通に闊歩しているため戦うことができる。非常に硬い敵なので、無計画に喧嘩を売ると弾薬が尽きる。レンチゲーしとけ。

resize30624.jpg

ハッキングイベントは最初は楽しいが、毎回にコレなので飽きる。初代の数少なき欠点の1つで、パズルに創意工夫が無い。むしろエレクトロボルトで即ハックみたいなので良かったと思う。ちなみに感電した経験がある私にとっては、エレクトロボルトの表現はかなりエグイ。感電する幾つかの条件に依存するが、大凡10mAという低い電流値でもクソ痛い。この倍の電流が流れると死ぬ。ちなみに落雷は1000~500000Aくらいなので即死ねる。

resize30654.jpg

レンチを持って海底都市を徘徊する様こそバイオショックである。
警備システム類はハックすることで味方にすることができるので、片っ端から味方化をすることを推奨する。とは言ってもハッキングをするのが面倒すぎるので適度に無視する方が精神的に楽です。Deus Ex: Human Revolutionの時も強く感じたが、ハッキング推奨は作業推奨になるのでマジで止めてほしい。

resize30647.jpg

銃、要らなぇなこれ。
でも地味なSSしか撮れないので次回からプラスミドとか強力な攻撃を意識していこうと思う。死んでもペナルティがないのは張り合いが無いのだが楽ちんでもある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR