午後のダメゲ部② -バグを愛した民-

resize27579.jpg

-致命的な欠陥があれど、素晴らしいゲーム-


を私は勝手にダメゲーと呼んでいます。どの程度の欠陥を『致命的』と判断するのかは難しいのですが、今回取り上げるテーマはゲーム内のバグ。いかに内容が素晴らしく、美を追求した楽園であったとしても、ドアが開かなくなって進行不能に陥る、需要なキーアイテムが消失、NPCが増えるなどのバグが目立つようではいけません。我々の目的は、呆れるほど酷いバグを精査し、称賛に能うるダメさを発見し喜ぶことにあります。勿論、ゲーム本体の品質も十分に確保された上で、ダメなバグをめちゃくちゃに叩くわけです。

resize30993.jpg
一兵卒に小銃は与えられなかった

Red Orchestra 2はプレイヤーとバグの熾烈な争いを経たゲームである。ことリリース初期のバグは深刻で、CTDが10分間で1回はザラ、バグに愛された民にもなれば、PunkBusterのエラーで接続できなかった。ゲームを購入したのにプレイ出来ない問題が次々にプレイヤーを襲い、首尾よく出撃できたとしても武器を持たずにスターリングラード戦線に放り込まれる始末。運よく小銃を手に戦う兵士も、永遠に手込めするリロードモーションに驚愕し、体がはみ出しているカバーアクションに不安を抱き、経験値が何故かマイナスされるという理不尽に遭遇したのである。絶望渦巻くRO2に、力尽きた放浪民は他ゲームに救いを求めるも、「何で銃弾を食らったのに自動回復すんだよ、クソが!!」と現実思考をBFやCoDに持ち込み孤立した。援軍は暫く到着をしなかった。

resize14585.jpg
後に大幅なバグの改善が進んだ

地面を無邪気にホッピングする手榴弾君に愛情が芽生え始めたころ、公式スタンドアロン拡張 Rising Stormが配信される。この頃には重大な欠陥は修正されており、武器が地面に埋もれる不具合を除けば楽しくプレイができるようになっていた。しかし、RO2のバグは現在まで数えるに、その総数が非常に多く、リリース初期の混乱を考えれば十分にダメなゲームである。今日、プレイする多くの古参ですら、修正されなかったバグに襲われたとしても冷静である。彼らはバグと戦い、バグとともに歩んできた民なのだ。ゲーム自体が徹底されたリアル志向で構成され、品質も十分なRO2だったからこそ付き合うに値した。正にダメゲ界のスタンダードは君のものだ。

resize20327.jpg
60か30か、FPS問題に揺れたレースゲームだった

通常、レースゲームにおいて最も重要なファクターはフレームレートである。Need For Speed RivalsはPC用と家庭ゲーム機用の2タイプが発売されたが、どちらも初期では30FPS固定だった。ところが熱心なファンが、PC版には60FPSが内包されていることを発見、固定30FPS化を打破する方法もネット上で公開された。そう、本来はPC版は滑らかな60FPS仕様だったのであるが、何らかの問題があり家庭用に合わせたのである。恐らくだが、本作はモーションブラー効果が強く働く上に、グラフィックスとの兼合いがあったためだろうと言われている。窮屈さを嫌ったPCゲーマーは、楽園を60FPSに修正し、公道を闊歩し、そして重大なバグに立ち会うこととなった。

resize20329.jpg
私の大好きなレースゲームの1つだが・・・

60FPS化した場合、必ず進行がストップしてしまうイベントが発見されたのである。突如として公道の時間が停止し、行動不能になる名車たち。解決方法は2つしかない。ゲームを強制終了するか、30FPSに戻すか。私はレースゲーム色が強いこともあり、とてもではないが同志諸君に対して
「おーい、30FPSに戻せばゲームが楽しめるよ、だから60FPSは止めなさいよ」とは言えない、言えるはずがない。尤も、この行為は完全に自己責任でのプレイとなる。例え隠された60FPSであったとしても、それは公式ではない。さらに言えば、Rivalsは発売に関してかなり揉めたゲームである。開発Criterion GamesがEA本部と今後のゲーム方針で喧嘩、Criterion GamesとのNFS開発契約破棄したのである。本作をGhostGamesが引き継ぐものの開発が難航。EAがメンバーを投入し直して完成させるも、本家Criterion Gamesは主要メンバーが退社し、新会社を設立する。残されたGhostGamesはレイオフが敢行されている、等のトラブルがあり、小さなバグ修正も行われなかった。
誰の肩を持つわけではないが、これはダメゲーとして認定しない方が波風が立たない。とにかく荒れたものの、ただただ素晴らしいゲーム(ただし30FPS)。我慢できないが、頑張れば何とかなるという点で、重大な欠陥ではない。・・・レースゲーマーの人からは怒られそうな発言だが勘弁してほしい。

・・・

ということで第一回ダメゲ部が予想に反して人気だったので、不定期ながらも連載コラムにいたしました。ネタがネタなだけに、非常に遅い掲載になると思われます。そもそもダメゲーなんて、そんなに思いつくものじゃないよ。今回は解りやすいバグという題材でしたが、重大な欠陥があっても高品質なタイトルと言うのも昨今は珍しく、選定にも苦労をしました。ともあれ、バグを美化しているように思えるかもしれませんが、バグなんてクソですよ。こんな重罪を抱えつつも愛されるRO2は・・・ ・・・ ・・・ 一体なんなんでしょうね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR