Hitman 初回プレイ感想

resize37192.jpg

私はHalf-Lifeが大好きだ。
絶望的な状況下で生き残りをかけた物語は二転三転し、アクションとパズルの連続が絶妙な作品だ。バールでエイリアンをぶん殴り、海兵隊を壊滅に追い込むゴードン・フリーマンは、旧FPS界の英雄的象徴でもあった。主人公が物理学者という点もPCゲーマーに深い印象を与え、未だに続編を待ち望んでいるファンも多い。しかし続編は延期状態が続いており、我々はフリーマンの安否を気遣うばかりだ。もしかして誰かが”彼”に依頼をしたのだろうか?そうだとしたら、フリーマンは、もう・・・

resize37222.jpg

BloodMoneyまでの基本システムにAbsolutionのアクション性を組み込んだかのようなハイブリッド・ハゲーである。MAPは広く、そしてギミックが非常に多いのが特徴で、一本道Absolutionとは決別をしたようである。ややグラフィックスが重い感じはあるが、NPCがてんこ盛りなので仕方がない。光源の処理は丁寧で、2016年製のゲームを感じさせるゴージャスさだ。操作性はAbsolutionに近いものの、銃撃戦を楽しむようなデザインではなく、発見されて撃たれるとほぼ死ぬ。そういった意味では強引に突破できるシーンは過去作に比べると少なく、難易度は上がっている印象を受ける。尤も暗殺者は静かにスマートにが基本なので気にはならない。

resize37268.jpg

サーバーにアクセスしなければゲームプレイ不可という超絶クソ仕様で、仮にサーバーとの接続が切断されると”終わり”である。よくよく調べてみると、何をするにもサーバーへのアクセスをしている状態であり、これが最高に腹立たしい。オフラインでビールを飲むのにサーバーへアクセスするかい?オフラインでロックを聴くのに、読書するのに、ゲームをするのにサーバーへ接続を強制的にするのか?実際、ゲーム中に2度も切断が発生し、この先のプレイが非常に不安である。時間制ミッションの配信やサービスのためなのだろうが、ゆっくり一人でプレイをするHitmanにおいてこの仕様は不正解である。

resize37284.jpg

熱意の感じさせるゲームデザインが素晴らしいのは確かで、既にハマりそうである。エピソード配信方式なのが気にはなるが、ゲームコンテンツが少ないまま終了するよりかはマシである。先述のサーバー仕様は人によっては許せないものがあるかもしれないが、出来が出来なので許せそうな空気もある。個人的に気になるのが、難易度が選択制ではなく、平等に同じ難易度でプレイさせられることだ。リプレイをするシリーズ故、あまり高難易度だと再試行が辛くなりそうだが・・・
と、あまり文句が多いと私も彼に消されてしまうかもしれないので止めておこう。まだファッションショーも終わっていないが、これだけで十分に再プレイにも耐えそうである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR