午後のPCゲーム"Play"of the year 2016

resize37844.jpg

2016年に掲載されたPCゲーム関連記事の中から、私が最も印象に残ったタイトルを決める『"Play"of the year 2016』。該当する期間は2016年1月1日~12月15日までに取り上げたことのある、又は話題にしたPCゲームタイトルの中から決めます。ゲームの品質はさして重要ではなく、むしろクソすぎて印象に残ったり、衝撃的なデザインで心にトラウマが残った等、選考に於いては何でもアリの無差別級マッチになっております。今年1年で掲載した記事を振り返る意味合いも含んでおりますが、お付き合いをお願いいたします。

resize37182_20161214152612ad0.jpg
Make America Great Again: The Trump Presidency(掲載時期2016-11-11)

2016年は米国・大統領選挙があり、Donald John Trumpが勝利をしました。色々とネタになる発言、性格でしたので、早速PCゲーム界でクソゲーとして発売をしたわけです。いやー、最近のPCゲームははっちゃけてて良いですねぇ。気に食わない国にミサイルを撃ち込むわ、大統領自身がヘリでテロリストを襲撃するわで、発売禁止になる要素てんこ盛り。久しぶりクソゲーへの欲求を満たしてくれた貴重なゲームでした。超お勧めです

resize21184.jpg
Blood and Bacon(掲載時期2016-2-18)

拭い去れぬチープさ、射撃音は適当で、リロードアクションは間違いだらけ。何故か狂暴化した家畜が巣くう農場に舞い降りた1人の救世主。開幕3秒で、撃ちまくり劇場が始まる。一見するとクソゲーかもしれないが、これは若干クソゲー寄りの意味不明イカレFPSなのだよ。考える必要は無く、取り敢えず撃って動いていれば何とかなる大雑把さが心に染み渡る。FPSが最高のゲームジャンルだと信じているのかね?馬鹿言っちゃいけねぇよ。むしろ、このような類があってこそのPC・FPS界隈なのだ。超お勧めです

resize22941.jpg
Black Mesa(掲載時期2016-4-25 Black Mesa その1他)

往年の名作Half-Lifeのファンメイド・リメイク作であるBlack Mesaは、本年の攻略記事では一番に楽しいゲームだった。FPSに必要な要素を全て詰め込んだ作品HLのリメイクとあって期待をしてプレイをしたのだが、裏切られる事無く素直に面白い作品である。現在の作品群に比べると、やや派手さが足りていないかもしれないが、そこは急展開する物語でカバーできており、難易度も丁度よかった。このverでは最後の異世界編・直前までしかプレイができないものの、研究所内でのサバイバルこそHLなので逆に良かったのかもしれない。古典的なゲームに触れる機会は常に持っていたいものだ。

resize10687.jpg
Farcry2(掲載時期2016-6-22 Replay:Farcry2)

大変に評価が難しいタイトルの1つで、扱いに苦労した。Farcry2はプレイヤーにお任せスタイルと言えば聞こえは良いが、実際は放任の方が近い。ストーリーイベントを淡々とこなすだけでは移動が面倒なだけだが、そこに何を見いだせるかをプレイヤーに求めている。射撃感は良く、アフリカの草原は静けさに包まれている。しかし、火災や大爆発などの偶発的なアクションが重なれば、そこから自分だけの、開発に押し付けられない進行が始まるかもしれない。重要なのは、そうさせるだけのポテンシャルを保有していることであり、ゲームが面白い/退屈の責任を我々に押し付けているのである。全く困った作品だ。

・・・

それでは、本年で最も私の心に残った作品を書きたいのですが・・・何というか、何ゲーなのか未だに解らないため分別も出来ません。恐らく、全PCゲーマーも困惑していると思われる謎ゲームでした。

resize21569.jpg

            "Play"of the year 2016最優秀・意味不明ゲーム
             Plug and Play(掲載時期2016-4-2)


以上、終わりです。またね!!

resize21585.jpg

今すぐ忘れた方が良い。このゲームは本当に気が狂っている。そもそも、これをゲームとして何に分類するべきかという議論が済んでいない。一応、ポイントクリック・アドベンチャーとして考えてみると、アドベンチャーしていないので酷いデザインだ。人間型のプラグたちが織りなす日常に介入していくのだが、まるっきり意味が解らない。プラグのケツに新たなプラグが差し込まれ、プラグの恋愛劇場に戸惑う、プラグ同士の殺し合い(?)が無気力に続くと思えば、差したり入れたりを繰り返すことで、何かが変わっていく。説明はない、理解もない、何がどうなっているのかも分かりません。

resize21589.jpg

私は色々なゲームを体験しすぎて評価が固まってしまったのかもしれない。いつの時代でも前衛作品は直ぐには評価されないものなのだ。自分の固定概念を消し去る段階にきている。そうさ、何も世界を救うだけが、悪者と銃撃戦を繰りかえすだけがゲームではないはずだ。プラグが擬人化しているがエンターテイメント的で素晴らしいじゃないか、戦艦だって擬人化しているゲームがあるくらいなのだから。プラグを抜いて差して15分、ゲームクリア後に心底から流れる虚しさを喜びに変えよう。2度目のプレイでは本作が単純に意味不明なシュールを垂れ流しているのではないと確信をするはずだ。

resize21558.jpg

他者への理解が得られない事への苦しみ、同じ種族同士の無意味な争い、お金を拾う事の大切さ、愛に無愛で応え、彼は生を実感する。なんて素晴らしいテーマを扱ったゲームなのだろうか。操作することに夢中になり過ぎてゲームを見る事への重要性を忘れていたのは私だった。私の脳も腐りかけてきたので終わりにしたい。しかし、このゲームをクリアしたことで、また一歩高みに近づいたのは間違いない。

resize21600.jpg

私のゲーム史に一生残るゲーム。
Plug and Playは超お勧めです



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR