コラム:取り留めの無いゲーム小話(2017年1月)

resize38020.jpg

これより少し前に、2016年製の最優秀ゲーム大賞を発表した。記事内ではGrim Dawnを最優秀作に挙げており、Shadow Warrior 2は踏み台にされてしまった感がある。実際、ゲームの出来として、はっきりとした優劣が出てしまっている以上、仕方がないものだ。ただ、気楽にプレイできるという点に於いては似非ニンジャの方が圧倒的だ。Grim Dawnはある程度のレベルまで行き着くと、ハクスラというゲームジャンルから強力な装備集めに奔走する事となる。別に悪い事ではないのだが、気苦労も多くなっていく。レア素材が出ないことにイライラしたり、作業感しかないアリーナプレイは、あまりにも淡白だ。ところが、こっちは違う。ハクスラ要素は崩壊している上に、その他の要素も大雑把に組みあがっている。アイテム集め?うるせぇ、それよかジャンプしてカタナ振るんだよぉ、武士道!!という、しっちゃかめっちゃかなFPSは本格的なハクスラとは真逆なプレイを提供してくれる。ひたすらアクションをさせてくれる、ハクスラはオマケ以下なので気張ることもない。そういった意味では、2016年に雌雄を決した2作品は、相反するものがあった。当ブログの立場上、ニンジャの味方が出来なかったことは理解してほしいのだ。

・・・

飲酒がどれだけゲームプレイに影響を与えるのだろうか。過去にレースゲームで行ったが、確かに酔っ払いレースはタイム的に悪いものとなった。しかし、未だに納得ができない部分も多く、再試行を考えている。とは言え、この手の企画は私以外にも協力者の存在が不可欠で、中々に実行に移せないでいる。何とも歯痒い状況だ。ふと思いつくのが、飲酒状態でのFPSにおける影響だ。このジャンルも反射神経を必要とするし、狙って射撃する部分に大きな変化が見られるはずだ。問題は、どのように結果を数値化するかである。被験者は私が適任者だろうし、協力者も無理を言えば・・・まぁ何とかなるだろう。しかし、実験の方法は真剣に考えねばならない。例えば、あるステージをクリアするのに平常時と飲酒時でのゴールタイムを計る、というのでは正確な結果とは言えない。多くのFPSのタイムアタックは敵を倒さない方が早くクリアができるからだ。これでは、酔い状態のAIM能力が解らないだろう。アリーナシューターでのBOT撃ちも考えたが、これは平常時が残念なので無意味に近い。敵をひたすらに倒し続けるようなゲームであれば、生存時間を計測でき、これは数値化可能である。ああ、酔っぱらった状態でSerious Samをすることになるのか・・・非常識すぎる。

resize29847.jpg

Red Orchestra 2をプレイしよう - してないじゃないか!!
と、そろそろ読者からツッコミが入りそうな更新停止っぷりである。一応、ゲーム自体はちょくちょくプレイをしているのだが、記事を書くまでに色々な事情がありましてね。かれこれ攻略記事も4年目に突入し、健全なブログ運営のために早々に終わらせたい気持で一杯である。実はRed Orchestra 2の発売は2011年で、6年が経過した現在でも、64人サーバーが埋まることがある。同年に発売をしたCoD:BlackOpsはマルチプレイが過疎、もとい全くプレイヤーがいないので対戦することができない。尤も同シリーズは乱発しすぎなので人が散っているだけなのかもしれない。つまるところ、RO2は『散れなかった人たち』であり、同時にライバル作品の不毛が6年間も続いたことになる。投げやりにプレイする人間も皆無なのも異常というか平和というか、他ゲームではあまり見られない光景だ。時間が十分に経過すればRO2プレイヤーも他作品に散っていくが、また何処かで出会ってしまう気がする。類は友を呼ぶ、類は同じ情景を求むもの。

・・・

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-が全く勝てない。私が下手だから勝てないのではない、周囲が上手すぎるのだ。これは負け続けて卑屈になっているわけではなく、私の友人が大会にも出るような猛者しかいない状況が問題になっている。格闘ゲームマニアなら喜ばしい環境なのかもしれないが、当の本人にとってはゲンナリなのだ。私も勝ちたい。その強い思いを友人にKOF94でぶつけることにした。KOF94を初めてプレイするだって?知らねぇよ。開幕即ストームブリンガーでクソゲーを開始する。これに限らずKOF94は現在の格闘ゲームとは比べ物にならないくらいにバランスが壊れており、条件が揃えば先のストームブリンガー1回で体力満タンの相手が死ぬ。強キャラであるハイデルン以外にもヤバイ連中は多く、紅丸の小足連打は洒落にならないほどぶっ壊れており、ここから必殺技が繋がってしまう優遇っぷりだ。そもそも94は投げキャラが強すぎる。大門で投げときゃ相手は死ぬ、ラルフで投げて拾って投げる、等と非情の限りを尽くして友人をボッコにした。この一連の嫌がらせで気づいたのは、格闘ゲームは現在の方が遥かに良くなっているという点だ。FPSやレースは昔を懐かしむ声が多いが、格闘ゲームの昔を懐かしむ人間は少ない。せいぜいセイヴァーかスト3rdくらいしか思い浮かばない。個人的にはわくわく7とかも好きだったが・・・マニアックすぎるか。もしかして昔の私は格闘ゲームが好きだったのかも。それにしてもストームブリンガーは気持ちの良い減り方をする、こういう大雑把なゲームもたまにプレイするならとても楽しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR