SUSgallery:TITANESS Tumbler Basic line Capri Blue レビュー

resize40620.png

ギリシャ神話に出てくる女神ガイアは大地の神であり、母なる女神としてギリシア各地で篤く崇拝された。夫は天空神ウラノスで、夫が雨を降らせ、妻が大地を形成した。世界を構築した2人は何人かの子供がいた。そのうちの1人が巨神族(ティタン)のクロノスである。天空神ウラノスに次ぐ全宇宙を統べた二番目の神々の王であったクロノスは、他の巨人族を従えてゼウスとの総力戦争を始めた。しかし、結果的には巨人族は大敗をしてしまい、戦争を生き残った巨人族も追放処分となった。そして他の神々が世界を治める構図が出来上がったという。
Titanium(原子番号:22,元素記号:Ti,呼名:チタニウム)はその特異な金属性質から巨人族タイタンに由来している。実際にも名前負けしていない強靭さがある。非常に硬く、かつ軽い事で知られた金属で、天然には土中に酸化チタンとして存在をしている。他にもチタン鉱石やルチルなどの鉱石にも含まれている。言ってしまえば、チタンそのものはさして珍しい金属ではない。しかし、チタン製のゴルフクラブが高価になるのは、チタンの精錬が難しいからだ。つまり原材料費が高価なのではなく、加工するのに手間や高度な技術を要するからに他ならない。そういった金属特性があるため、チタン製のカップは驚くほど高値で、しかも製品数が少ない。

resize40618.png
小鬼は別途用意して下さい。

貴方の所有するゴルフクラブが偽物のチタン製かどうかの判別は実に容易い。研磨盤の砥石を高速でゴルフクラブに当て続ければチタンかアルミ合金か直ぐに解る。本物のチタンは白い火花が散る上に、その頑丈さゆえに破損することはないだろう。偽物は直ぐにダメになってしまう。またチタンの強みは人体に対して、金属アレルギーを起こしにくい事も挙げられる。人工関節のパーツにチタンが用いられるのも、この特性があるためだ。軽い、錆びにくい、頑丈の3点を有するチタンは正に金属界の巨人と言える。さて、チタン製のマグカップは珍しいものの、決して入手が難しいというレベルではない。現にネット通販でも購入することができる時代において、このような嗜好品を見つけ出すのは10分、あるいは10秒以内にでも達成できる。問題となるのは品質である。私が所有している呑み道具は、総じて高品質な連中しかいない。職人による本錫、切子ガラスの美術品も2品持っている。どれも酒好きには堪らない実用的なコレクションで、そのパフォーマンスには満足をしている。はたして君はブログで紹介するだけの実力者かな。

resize40624.png
その強靭さは、強く殴った程度ではびくともしない。

2015年、TITANESS Tumblerは英国王室に贈答され世界的に注目を集めた。その他にも世界各国の首相が集まる食事会にも使用されるなど、相応の扱いをされている。シリーズには色違い・サイズ違いがあるが、私が購入したのは青みのあるCapri Blueだ。容量は400mlで、重量は僅か144g。当ブログではそれなりのカメラを使用して撮影をしているのだが、このCapri Blueの色合いは肉眼と写真との差が出てしまうタイプだ。和紙のような模様の中に、ライトブルーとチタン特有の金属色が織り込まれていて、自然的な表面が美しい。他社のチタン・タンブラーと比較を何度しても、この不可思議な自然身が頭から離れなかったため購入するに至った。他verで気になったのは、Lime Greenだが、お財布の関係から同時に購入は出来なかった。

resize40623.png
底には真空2重の特徴である塞ぎ穴跡がある。

強烈な存在感を放つタンブラーである。切子硝子のような派手さが無いにも関わらず、金属だけでここまで目立つものなのか。そのくせ軽い重量が、良い意味で気持ち悪い。仮に私が「チタンって何?わかんない」状態であれば、この軽さと屈強さのアンバランスっぷりに道理が説明できなかっただろう。幸いなことに、私は金属マニアだし、この金属の真実を知った状態で酒を楽しむ事ができる。しかし、それにしてもTITANESS Tumblerは強気の値段設定だ。このタンブラー1つで、最新鋭のグラフィックボードを超える。GTX1060の寿命は2年くらいのモノだろうが、TITANESS Tumblerは何年間もってくれるだろうか。少なくとも私の寿命より長い事は間違いない。そう考えるのであれば、許容範囲内かもしれない。実際に満足をしているので問題は発生していない。ただ、ちょっと贅沢をしすぎたかな。

resize40622.png
キチンと中を覗けるのは所有者だけ

触った感触、持ち上げた印象はチタンそのもの。飲み口を強く握っても軋み1つしない。仮に研磨盤が用意されても、迷うことなくブチ込める自信がある。この製品の最大の魅力は、飲み口から眺めるタンブラー内にある。光の反射から、青とシルバーの混合色が、まるでプラネタリウムのように広がる。400mlのタンブラーにしたのは、正に『この絶景』があるからに他ならない。近しい表現を用いるのなら、海上から深度を伺うかのような、海底を眺めようにも底が見えない不可思議さ。この中に入れるビールの選定は既に決定をしている。愛するスタウトは、あまり似合わない。青と銀世界に黒は不要。黄色?ゴールデンエールくらいの色合いならば問題ないだろう。もう一案としてはレッドエール。ふふふ、トラピストビールが良いな!!丁度、丁度、オーストリアから素晴らしい奴を仕入れたところだったんだ。だが残念なことに、今回はその写真を掲載をしない。本当の楽しみは、秘密として隠し持っていた方が良い。出し惜しみも、長くブログを続けていくには必要です。ちなみに、今回用意したビールは、グレg・・・

resize40621.png
強さを感じる

金属タンブラーで、これ以上の品質は予想すら出来ない。正に世界の権力者やVIPに喜ばれるだけの存在だ。これだけ強くて、ゼウスに負けたというのが信じられないよ。変に海外に媚びを売っていないデザインも大変に素晴らしい。やはり金属製品と妖怪は日本のものが最高だ。

購入するかどうかの判断は、この記事1つでするべきではない。実際に、手に取って、見て、あれやこれやと考えてみるべきだ。しかし貴方は、これを購入する人間が一定数存在するのも何となく理解をしてもらえると思う。手にすれば理解する、これが巨人の硬さ、軽さ、美しさだ。1つの存在として見事に纏まっている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR