Disgaea PC 初回プレイ感想

resize42559.jpg

殿下、起きてください。
私は初めてディスガイアをプレイするのですが大丈夫でしょうか。巷では史上最強のやり込みゲームと称されるだけに心配事が増えるばかりで御座います。周回プレイが前提のゲームデザインのようですが、そこまで殿下に付き合うことは叶いません故、ご了承のほどお願います。とは言え、私はSLG初心者というわけでもありません。以前は宇宙人ぶっ殺し戦隊の司令官として、Xcom:EU,及びEWを初回プレイにてクリアしております。(Xcom2は諸事情により任務放棄いたしましたが・・・)しかし、当ブログでは殆どが海外ゲームの紹介・攻略に注力しておりますので殿下のような日本ゲームはアウェイで御座います。ここ近年では珍しい紹介となるでしょう。

resize42570.jpg

殿下、修正をお願いしても宜しいでしょうか。
マウスカーソルでの選択が不安定過ぎて、非常にストレスが溜まります。カーソルを動かせたと思えば、突然に入力を受け付けなくなったり、クリックでも同様の症状が見受けられます。調べましたところ、これは私のPC環境での問題ではなく、殿下御自身の問題であると判明をいたしました。ただしキーボード操作では問題がありませんでしたので、当分は此方で対応をいたします。しかし、名作Xcomは全てマウスで操作・決定が出来ましたので、UI部分での殿下の評価は下げざるを得ません。尤もPS2オリジナル版はプレイをしておりませんので、基の操作体系は存じ上げませんが。

resize42576.jpg

殿下、可愛らしいですね。
ラハール殿下をはじめ、忠臣エトナ、プリニー隊などキャラクター造形が素晴らしい限りです。世界観も魔族が中心のファンタジーなのですが、コミカルな論調で物語が進んでいく様は愉快です。また戦闘デザインも覚えることは多いのですが、この程度であれば簡単な部類に入るかもしれません。ユニットを移動させ、接敵して攻撃をする、たったこれだけなのですが、地形の有利・不利や属性などがありますのでSLGのスタンダードを貫いていると思います。

resize42594.jpg

殿下、報告をいたします。
中ボス戦で負けてしまいゲームオーバーになったのですが、次の瞬間にスタッフロールが流れ、どうも1週目クリアを果たしたようなのです。私、このブログを5年間運営しておりますが、初回プレイにて1週クリアをしたタイトルは過去に1つもありません。そして何事もなかったかのように2週目が始まっております。流石にこれだけのプレイでクリアをしたと公言するのは問題ですので、もう少しだけ続行をいたします。それでは。

午後のダメゲ部③ -強すぎた主人公-

resize41281.jpg

-致命的な欠陥があれど、素晴らしいゲーム-

を私は勝手にダメゲーと呼んでいます。どの程度の欠陥を『致命的』と判断するのかは難しいのですが、今回取り上げるテーマはゲームバランスの崩壊を招くほど凶悪な主人公たち。たった一人で巨悪に挑むことが日常と化しているヒーローにとって、強さとは主人公に与えられし特権。ある者は大量の銃火器でナチスやゾンビを打ち負かし、また別の者は特殊能力を用いて優位に戦う。単純に筋力が発達している場合もあるだろうし、或いは知略で戦う者もいるかもしれません。ゲームバランスとの兼合いを考慮すれば、主人公とは強すぎる一歩手前 - ちょっと強いくらいで落ち着くのが無難です。弱すぎる主人公は、多くのプレイヤーが匙を投げますし、逆に強すぎるとレビュアーから袋叩きにされるのがオチです。しかし、中には呆れるほど強すぎた連中もいたわけで・・・

resize0947.jpg
白けるほど強いSalvador

Borderlands2はDLCを含め全6名から主人公を選ぶことができる。ハクスラ色の強いRPG・FPSなので、バランス問題は何よりも優先するべきであった。しかし、実際はSalvadorの強さが突出しており、どの難易度に於いても悪い意味で大問題児となっている。このキャラクターの強さのポイントは、周回難易度の仕様とスキルの兼合いに原因がある。まず他のクラスに比べても、優秀なスキルの数が多い。捨てスキルが殆ど見当たらないため、レベルが上がるごとに強さが実感できる。特に問題なのが固有スキルであるガンザーキングのバランスである。これは時間制限付きの発動型スキルなのだが、効果が凄まじく『発動時に体力が大幅回復、武器の自動リロード、発動中の体力回復効果、被ダメージ軽減、弾薬の回復、それに加えて同時に2つの武器を発砲できる』という火力、防御を大幅に向上させるスキルである。さらにガンザーキング特化型のビルド組を行うことで、効果時間を長くすることが可能で、戦闘中は常時ガンザーキングも夢ではない。他のクラスは火力や防御を同時に向上させるビルドを組むのが難しく、色々と工夫をしなければならないことを考えると、このガンザーキングはぶっ壊れた性能だろう。

resize42515.jpg
違う種類の銃を同時に撃てるだけでも凶悪なのに・・・

一番に白けるのは3週目の難易度であるUltimate Vault Hunter Modeの仕様にある。攻撃属性にスラグと呼ばれる状態異常があるのだが、UVHでは効果時間が長くなるのと同時にスラグ状態の敵に与えるダメージが3倍になる。そして敵の体力が倍に増加し、ライフが徐々に回復する仕様になるために、戦闘の基本はスラグになる。まず敵をスラグ状態にしてから高火力の武器に持ち替えて攻撃するのが基本セオリーなのだが、ガンザーキング発動中はこのような考えは関係ない。片方にスラグ武器を持ち、もう片方に高火力系の武器を持てば済む話だ。根本的に言えば、難易度仕様(スラグありきの調整)が攻略性をダメにしているゲームの代表格で、ハクスラとしての考える攻略を失っている。素晴らしい物語、キャラクター造形、悪くないオープンワールドにセンスのあるBGM・・・そして白ける強さを誇った主人公Salvador。Borderlands2は2週目するだけならば最高の体験が得られるが、3週目以降の詰めの甘さはダメゲーとして扱うのが宜しい。そういった意味で大変に素晴らしくも単純すぎるミスで損をしているタイトルと言える。

resize3797.jpg
大陸を己が力で闊歩したドヴァキン

タムリエル大陸の北部地方にスカイリム地方があったそうな。しかしスカイリムに内戦の足音が忍び寄り、不穏な空気に包まれております。大都市ホワイトランの族長バルグルーフ様は反乱軍と戦うために帝国に援軍を求めますが、本国はあまり協力的ではありません。反乱軍のリーダーはドラゴンの声を操る特殊能力者ウルフリック・ストームクロークです。戦えばホワイトランは崩壊をするのが目に見えておりますが、バルグルーフ様は決して帝国を裏切るような御方ではありません。そのような緊迫した情勢の中、絶滅したはずのドラゴンが目撃されます。かつてドラゴンと人類は熾烈な戦いを繰り広げ、人類側の切り札によって苦労をして根絶をした強力な種です。もはや数世紀が過ぎたる今日、ドラゴンを打倒できる者はおらず、そして対抗する技術も失われつつありました。ある日、バルグルーフ様に一人の元死刑囚が来ました。この汚らしい者が言うには、自分はドラゴンを確かに見た、と。そして何を思ったのか、机の上ではしゃぎ、衛兵の顔面にパンチをして暴れたため牢獄に放り込まれたのです。今思えば、コイツが大陸の情勢を大きく変えてしまった元凶だったのです!!

resize3776_20170408185533310.jpg
人類最大の敵であるドラゴンを嬲り殺しにつつも、時には従えて暴れ回る鬼畜主人公

The Elder Scrolls V:SKYRIMの主人公であるドヴァキンのやりたい放題っぷりは突出しているため、最強の主人公候補であろう。ドヴァキンの何がヤバいのか - 列挙しきれないほどの要素で出来上がってしまった主人公としか表現のしようがない。重要なのは、ゲーム開始時はさして強くないという部分である。むしろ、戦闘が苦手な一般人という立ち位置である。それがレベルアップを繰り返すと、高体力・高スタミナのドーピング野郎となるのだ。伝説の武器を探しにダンジョン探検に行こう?止めておきなさい、伝説の武器だなんて量産できるじゃないか。しかも自分の好きな能力を付随させれるよ。猛毒もたっぷり塗りたくろう。この世界では魔法は不要だ。全て剣と盾で解決をする構造になっているからね。むしろ盾が一般的な盾の概念を超えた性能で、殴りですら凶悪な威力を誇る。しかしドヴァキンが真の意味で崇拝されているのは、ゲーム内の行動にある。詳しくドヴァキンの悪行を書いてしまうと沢山のページが必要になるけれども、バルグルーフをホワイトランから追放することもできるし、都市そのものをめちゃくちゃにすることも簡単にできる。そもそもドラゴン討伐をする使命なのに、ドラゴンを味方にしている時点で何かがオカシイ。そしてかつての英雄を使役し、あの世で迷惑を起こして、2人目のドラゴンボーンをも殺す。各都市の自治権はドヴァキンの気分で統治者が変わるし、神にも喧嘩腰だ。ドヴァキンが好かれる理由は、短絡的な強さを持つだけで治まらないキャラクター性にある。プレイを進めれば理解できるだろうが、ここまでやりたい放題に暴れ回っても、許される感が漂うデザインゆえに、強すぎることが詰まらなさに繋がらないのである。ここが先のSalvadorにはない、そして過去にもこういった主人公は存在しなかった。かなりズルい立ち位置にいるとも言える。

・・・

ゲームバランスを壊すほどの主人公は、そこそこ存在をするのですが、ダメゲーであることを前提条件に考えるとかなり数が絞られてしまいます。今回は2タイトル共に非常に優れたゲームなのでプレイした方も多いのではないでしょうか。個人的には、やはりドヴァキンに賞を贈りたいところです。戦闘が強いのは勿論、生産や説得(強引さ)を考慮すれば他の追随を許さない主人公です。物語的にも「お前、それは・・・」というようなやんちゃっぷりも発揮し、飲んだくれて暴れるという迷惑さもドヴァキンでなければ許されなかったことでしょう。(ドヴァキンが酔いから冷めて、迷惑をかけた人たちに謝罪に行くイベントがある)また今回の一枚目に登場をした伊吹萃香も主人公ではないにしろ、かなり強力なゲームキャラクターの一人です。鬼に金棒とは言いますが、更に強力な武器を手にした彼女のような存在がこれ以上に現れないことを祈りましょう。

Van Helsing: Final Cut その10

resize38858.jpg

雪山頂上のボス戦で初めての死亡。
難易度を上げているとはいえ、死ぬほど難しいハクスラではないため油断をしすぎたか。ただし、死んでもペナルティは安い。カタリナが戦力として不安定な活躍しかしないため、本格的にカタリナ装備を吟味し始める。やはりドレイン系は中々に使いどころを選ばないオールラウンダーだった。殴り回復を強化する一方で、攻撃速度を速めて何とかする作戦。あとは知らん。

resize38871.jpg

主人公が炎上しているSSしかなくて申し訳ないが、常時炎上している方が攻略が捗るのだ。
これによって防具選びが完全に適当になってきた。スキル発動中は、敵に炎が燃え移るために、特段に防御を意識する必要が無いのだ。自分燃える、敵燃える、それだけ。

resize38899.jpg

またレジスタンス防衛戦線が始まっとる。ついに開発の力が衰え始めたか・・・雪山まではそれなりに趣向を凝らしていたが、ここから既視感のあるシーンが多く、正直に言って語ることが少ない。そこで、Vanと同時起動でDeathtrapを並行してプレイを開始する。こうなってくるとオマケ派生したデストラの方が面白いんだよなぁ。こっちの続編を作ってよ。

resize38921.jpg

体力を上げ過ぎたせいで、不死と化したVanさんの雄姿。
爆発の中心地にいるが、ほとんど問題ない。しかし移動速度が遅すぎてストレスが溜まってきた。倍速したいです。

resize38946.jpg

新たな能力は、氷漬け範囲攻撃。
炎上よりもMPは喰うが、火力は上がる。効果時間を引き延ばして総火力を向上させていこうかな。それにしても最初の頃に比べるとかなり強化されているのを感じ始めた。これでクリティカル上げが出来れば・・・



コラム:取り留めの無いゲーム小話(2017年4月)

resize29771.jpg

衝撃的なストーリー展開が持ち味のSpec Ops:The Lineは、将来的に記事として取り上げたいタイトルの1つ。主人公ウォーカー大尉の最後の選択シーンは、緊迫感が溢れ、非常に印象的な場面だ。その悲劇的な結末は複数種類用意され、よくよく議論の対象となる。リードデザイナーによれば、最初に用意した原案では、ウォーカー大尉は死ぬというものだったらしい。ところが、パブリッシャー側からの猛反対により、別のEDを用意する羽目になった。この記事内(ネタバレ注意)ではハッキリとウォーカー大尉の最終的な立場が明記されている。この事から察するに、開発側の本心は自動的に1つに絞ることができる。初回プレイ時はWelcome to Dubaiが相応しいと思っていたが、確かに『終わらせる』という意味においては不適格である。何れ私が紹介をするだろうが、これは確実にネタバレに繋がる。もし貴方が少しでもSpec Opsが気になったのなら、私よりも早くプレイしよう。最精鋭の特殊部隊・小隊長が正義のために殺戮をし、責任回避のために次々と目的を見失う旅路が脳裏に焼き付くはずだ。

・・・

取り止めが無いゲーム小話 - と言っておきながら『纏まっている』ような気がする。もっと、こう・・・全体的に雑なゲーム話で尺を稼ぐようなせこい記事を目指しているのですがね。取り止めが無いゲーム小話は今回で5回目で、連続して書く予定は無かったのだが、何故か続いているのも不思議だ。連続して続いていると言えば、Borderlands 2の攻略記事は予想外に長く続いた。Grim Dawnも同じくらいに続いた稀有なタイトルで、これから予想するに現在攻略中のVan Helsingも長引きそうだ。やはりハクスラは、ゲームの特性上、どうしてもプレイ時間の確保が必要で、気軽にプレイできない。そろそろハリウッドシューター要素満点のFPSや簡単レースゲームをしたい気分である。しかし、中々に面白そうなタイトルが見当たらない。Shadow Warrior 2は都合が良いタイトルだが、書く内容が薄くなるのが目に見えている。Oh,Ninja,hahahahahaだけ書いていてもゲーム内容が伝わる凄まじいシンプルさで、逆に困る。次のゲームは何にしようかな -  という取り留めの無さで丁度良いと思うのだけれど如何か。

resize41291.jpg

アポカリプスFPSの代名詞Metro2033は原作小説からして優れていた。小説版では主人公アルチョムがよく喋るため、そのキャラクター造形を掴むことができる。ところがゲーム版ではアルチョムの人間性は無視され、アルチョムの目を通じた体験記になっている。この部分の徹底っぷりは凄まじく、続編Last Lightでもアルチョムは無口で、プレイヤー側からすれば謎の多い主人公のまま終わる。一応、ロード中に旅の経過を話すのだが、これはプレイヤーに対する物語の補足で終わることも多い。アルチョムの顔がゲーム中に於いて見ることない。彼は常にガスマスクを被った青年として描かれ、プレイヤーそのものと重ねられるように影に留まってくれている。続編LastLightも原作(Metro 2034)があるのだが、これは日本語訳がされておらず、ちょっと悲しい。原作者ドミトリー・グルホフスキーは世界観を作るのは得意なのだが、物語がえらくベタで、SFを読み慣れている人は驚きが少ないかもしれない。そういった意味でMetro 2034は未読のままLastLightで青年の話を終わらせた方がベストなのかもしれない。

・・・

ワイン通は味だけではなく、銘柄名も気にするという。全く馬鹿げた評価方法だが、あまりにもダサい名前だと確かに気になるかもしれない。幸いなことに、ゲーム業界はクールなタイトル名を付けるのが巧みだ。タイトル名の響きだけで評価するのであれば、NieR:Automataはカッコイイ。シンプルにFar Cryというのも耳に残りやすく、Civilizationも同様に解りやすい。長いタイトル名だとThe Elder Scrolls V: Skyrim - Dragonbornタッチ!カービィ スーパーレインボーエースコンバット04 シャッタードスカイは声に出してみても悪くはない。ここから主題から脱線していくが、Devil May Cryと聞くと、私の最初の勘違いが強すぎて『Devil Make Lie』となってしまう。これが間違って覚えてしまっていると理解しているのだが、どうしても脳内から消せないワードとして居座っており、たまに本当に間違えることがある。私以外にも間違って覚えている方は・・・いるよね?

Van Helsing: Final Cut その9

resize38751.jpg

Vanさん、思い切って範囲攻撃スキルを取得し、育成方向を大幅に変更する。
元々の体力が優秀なので、あまり防御に力を入れずに、殴られつつも殴り返すスタイルは基本的には変えない。しかし、これまでは複数の敵との戦闘に時間が掛かり過ぎており、ややボス戦用のビルド組であった。これ以降も強ボスは出ないだろうと判断し、完全に雑魚特化キャラにしてみた。これが異様に素晴らしく、これまでのプレイ時間は何だったのかと思うほどに短期決戦が可能になった。私は間違っていたよ、重要なのは防御じゃない。これからは火力と防御だ!!

resize38777.jpg

こうなってくると、カタリナさんの扱いが難しくなってくる。
Vanさんが超前衛と化したので、一緒に出張ると体力の関係から死亡が多発する。リスポーン系のパークを取得して、復活を速めることで凌いでいるのだが、限界が来ている。

resize38819.jpg

自分を中心に火炎攻撃が発生するため、接近戦でのDPSは上がる。
このゲームはボス戦よりも雑魚戦闘の方が面倒なので、舵を切るのならココがベストだろう。むしろ体力ガン振りなので、多少の無茶な殴り合いは大丈夫。MP消費は問題にはなっていないため、特に準備はしない。しかし、雪山シーンが長いですなぁ。

resize38832.jpg

常に発火しつづける漢、Vanさん。
強くなってきました。

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR