Hitman その4

resize77175.jpg

【依頼:27クラブ】
仕事よ、47。
今回はバンコクにある高級ホテルに行ってもらうわ。1年前、若手女優が不審死した事件があったのだけど、これは大人気ロックバンドのボーカル・ジョーダン・クロスが殺したとみて間違いないわ。クライアントは被害者の親族。つまり、これは法で裁けなかった犯罪者への復讐依頼なの。彼の弁護人であるケン・モーガンも同じホテルに宿泊をしているから、同じく裁いてもらうわ。ただ、ひとつ大きな問題があって、ジョーダン・クロスは新曲の収録のためにホテルの階層を完全に貸し切り状態にしたわ。関係者のみでレコーディングをしているから侵入には注意が必要よ。暗殺方法や準備は貴方に一任するわ、47。


resize77176.jpg

バンコクハゲ。
今回も難しい依頼です。普通にプレイをしていると、上層階に籠るジョーダン・クロスの暗殺に時間が掛かってしまう。そこでサイレントアサシンを気にしない方向けに、面倒なターゲットを一網打尽にする大迷惑プレイで進めていこうと思います。この攻略は、下準備さえすれば割と簡単にできるので、初心者プレイヤーにも優しいハゲですよ。

resize77183.jpg

まずは下準備から。
ここがホテルのロビーだが、このエリアにターゲット2人を集め、同時に暗殺をする。このままだとホテル従業員や宿泊客、そして警備員が多すぎて目撃者多数。なによりも通常時ではジョーダン・クロスは下層階に降りてきてはくれない。しかし、あるイベントをこなすとターゲット2人がホテルのロビーにて会う事になる。

resize77212.jpg

ホテル従業員エリアに侵入。
できれば変装は此処で済ませておきたい。警備員に変装する事が出来れば上出来だ。ここに駆除業者が居るので、次に変装をするターゲットを尾行する。そして人目のないところで気絶させて、彼の服を奪おう。これで駆除業者に変装完了だ。

resize77218.jpg

駆除業者に変装をしたら、ホテルの支配人に話しかけよう。
駆除の依頼をしてくるので、それを引き受ける。運が悪いとバグってシナリオが進まなくなることもあるが、そうなったらリトライするしか手はない。NPCの行動が不安定な事も多いので、慎重に攻略するのであれば事前セーブもアリ。

resize77225.jpg

ホテルのロビーエリア全体に駆除剤を撒いたため、エリア内の全員が気絶する。
このイベントでは、ジョーダン・クロスがロビーまで下りてきてくれる上に、悪徳弁護士も一緒のエリアに居てくれる。要はタイミングよく駆除剤を撒けば双方巻き込まれるのだ。

resize77227.jpg

こうなってしまえば、人目を気にせずに暗殺は可能。
しかし、ホテルの玄関口で大災害を引き起こしているので、サイレントアサシンは取れない。ロビー外から多くの目撃者が出てしまうため、暗殺完了後は速やかに脱出をしよう。ここで留まるのは、色々と危険なのだ。ちなみに、この暗殺ルートは駆除剤を撒かなかった場合、更に分岐ルートへ突入をする。気になった初心者ハゲは、私の記事を参考にして、駆除剤を撒かないプレイをしてみては如何だろうか。きっと、衝撃的な展開を目にすることになると思いますよ。

resize77228.jpg

やや強引な気もするが、この方法が一番に楽だと思われる。
バンコクはMAP構造が高層に行くほど難しく、特にジョーダン・クロスの行動ルートは厄介だ。そのため、手早く依頼を達成したいのであれば、狙撃銃なども選択肢に入る。逆に次回は超強引に依頼を達成してみると、どうなるだろうか・・・次回はコロラドで暴れまくります。

コラム:Relics of a departed era

resize78056.jpg

PCゲーム界隈では、早期にDL販売が開始された経緯があるため、急激にパッケージ版による販売方式が廃れていった。私の記憶だとDL販売が盛り上がったのは2007年頃で、主にValve Corporationが提供するPCゲーム・プラットフォーム"Steam"がその中心を担ってきたため、殆どのパッケージ版もSteamに登録する事が出来た。パッケージ版を購入してSteamに登録する作業はユーザーサイドからすれば面倒でもあり、流通の合理化を考えるのであれば、ゲームはモノではなくデータで購入する方が宜しい。こういった時代の流れから、現在ではパッケージ版は珍しい製品である。今回の記事は、私の所有しているパッケージ版を紹介しつつ、過ぎ去った時代の遺物を思い出として残しておこうと思う。

resize78041.jpg

Left 4 Dead 2
がリリースされた2009年では、まだパッケージ版はそこそこの流通があったものの、既に斜陽に差し掛かっていたとも言える。この年の主役であるL4D2により、PCゲーム界隈はCoopに熱狂した。このパッケージ版は、説明書としてキー簡単な操作表と、ゲームをアクティベーションするコードがついてくる。このような簡素化されたパッケージ版は後の標準となり、あまり懇切丁寧な取扱説明書は付随してこないものが大半を占めるようになった。

resize78057.jpg

非常に有名なパッケージであるThe Orange Boxは、Half-Life 2本編とEp1、Ep2が入っている。そのほかにTeam Fortress2と後に伝説化する名作Portalも付随。HL2は長期間に渡って続編がリリースされないために批判された作品であるが、むしろThe Orange Boxの功績はオマケ作品であったPortalを世に出したことだろう。この作品は多くの賞が与えられ、HLシリーズよりも評価される事となった。本パッケージが無ければ、今、写真に写っているWheatley君も生まれなかったという事である。

resize78053.jpg

そのような経緯があり、The Orange Box内のオマケであったPortalは大絶賛され、個別にパッケージ版が販売されることになった。2007年にリリースされた本作は、PCゲーム界の転換期でもあり、時代はSteam一強に向かいつつある情勢。多くのPCゲーマーはSteamに登録したゲームリストから遊びたいゲームを選択しプレイをしていた。ネットワーク障害などのトラブルも現在とは比べ物にならない頻度で多発していたため、技術面において批判もされていた。しかし、こういった初期のトラブルは、2010年以降にはあまり起こらなくなり、初期Steamのような悲惨さは無くなり、次第に洗練がされていったのである。

resize78058.jpg

私が所有しているValve制作ゲーム作品では最後のパッケージ版である。
前作に引き続き、素晴らしいゲーム内容に仕上がったPortal 2は、思い出の深さも人一倍。ブログに出てくるWheatleyはこの作品が初登場にして、最後の作品となったが非常に高い人気を誇る。シリーズとしては、これ以上に無いくらいに綺麗に完結を迎えたため、続編の話は一切に聞かない。

resize78050.jpg

懇切丁寧な説明書が付随するパッケージ版は存在する。
Metro: Last Lightは、原作小説が元ネタのためか、この原作に関しての説明が多い。それだけ世界観を大切にした作品であることがゲーム内容からも伺える。ゲームの取扱説明書で、ゲームの世界観を親切に教えてくれるのは珍しい。なお本作は、日本語版パッケージも販売していたようだが、私は所有していないため詳細は不明。海外ゲームで日本語版パッケージが出るのは本当に一握りであり、基本的に英語版が多い。今回の記事では日本語パッケージ版を多く紹介するが、写真外のパッケージ版の多くが英語版である。

resize78048.jpg

Company of Heroesもパッケージ版でプレイしていたようだ。
尤も古いPCゲームなので、パッケージ版でしかプレイする方法が無かったとも言える。軍事司令官となり、兵士やら戦車を生産し自軍を勝利に導くRTSの決定版であるCoHは一番に大好きな作品だ。アンソロジー・パッケージ版はDLCであるOpposing Fronts、Tales of Valorも入ってくるお得版。ただし、このDLC2つは高難易度であり、本編がクリアできる腕が無いと厳しい。元々のゲームが非常に難しい事で有名だが、古い海外ゲームは今よりも難易度がむちゃくちゃで、ユーザーフレンドリーではなかった。

resize78043.jpg

これまた珍しいゲームである。
2000年に公開されたSF映画であり、俳優ヴィン・ディーゼルの出世作として知られるthe Chronicles of Riddick: Pitch Black。そのヒットを受けて制作されたゲーム作品で、カルトな人気がある。ゲーム作品としては、2つがリリースされており、The Chronicles of Riddick: Escape from Butcher Bayは高い評価を受けている。逆にThe Chronicles of Riddick: Assault on Dark Athenaは後半部がやっつけ仕事過ぎて微妙である。犯罪者である主人公Riddickは魅力溢れる無口筋肉野郎。ナイフの達人で、闇に紛れて暗殺をする格闘術で脱出を目指すが・・・ストーリーの見事さもさる事ながらテーマ音楽も熱い!!

resize78045.jpg

Age of Empires III
のパッケージ版が一番に豪華かもしれない。
帯型の説明書には各国の特徴が明記され、これだけでも攻略本になりえる情報量だ。RTSの代表作ともしられる傑作だが、私はゲーム下手なので陣営・日本でタートルをして時間稼ぎプレイを敢行してました。ちなみに、日本は最強候補の一角で、とある建築物による資源ブーストが凶悪。だが、事実上の最強陣営はインドで決まりだろう。住民が草を食うだけで進化できる謎さに加え、単純に攻撃ユニットと内政がバランス崩壊をしており、何をしても強い陣営。このインドがバランス崩壊を招いており、AoE3は多くのユーザーから批判されることとなる。バランスがめちゃくちゃな作品も昔は多かったような気がします。

resize78042.jpg

あまり怖くない妖怪が写真に写り込んでしまっているが、ゲーム内容は十分にホラーな名作F.E.A.R.
FPSを語るうえで外せないアクション要素を多く抱え、特に時間の進みを遅くする独自アイデアは、アクションFPSと非常に良くかみ合っており、同ジャンル内でも極めて高い評価を受けている。続編は2作品がリリースされたが、やはり初代が一番に面白いと考えるユーザーは多い。このパッケージ版は英語版だが、ライブドアが販売をしたF.E.A.R. 日本語版はプレミア化しており、かなり良い評判らしい。また本作はマルチ対戦のFPSが本格的に流行る前の時代であったためか、シングルキャンペーンに力が入っている。個人的に近年のマルチ対戦型ゲームはチーターが本格化している事もあり敬遠している。またFPSにシングルが流行る時代が来れば良いなぁ。

resize78052.jpg

Grand Theft Auto IVは発売当初はパッケージ版でしかプレイする事が出来なかったと記憶している。そうでなければ、パッケージ版を購入する動機が無い。このように日本だけリリースされないケースがある中、パッケージ版であれば購入さえできれば住んでいる地域に左右されることなくプレイ可能なメリットもあった。ただし、現在ではパッケージそのものが販売されない事が大半な上に、アクティベーションも住んでいる国からは認証できない事も。それ以外にもGTA4は多くの問題を含んだソフトであるが、それは別の機会に掲載するとしようじゃないか。ネタは隠し持つのに限るだろう?

resize78049.jpg

スカイリムの地で迷子になる鬼。この世界のオークに助けて平和を構築するも良し、或いはオークを従えてエルフと全面戦争に突入するかは彼女次第。The Elder Scrolls V: Skyrimのパッケージ版には、特典としてスカイリム地図が付随する。まるで羊皮紙のような描かれ方をしているため雰囲気が出ている。Skyrimは大変に売れたゲーム作品のため、様々なバージョンが存在するが、最終的な製品はSpecial Editionになる。これはグラフィックスの向上をメインにしたアッパーであるが、このパッケージ版は販売しなかった。Skyrimはお気に入りのゲームなので、何時か紹介する日が来るかもしれません。

resize78055.jpg

まだまだ続くパッケージ版の紹介ですが、此方も超大作Fallout 3
説明書が非常に懇切丁寧だが、Survival Guideという名目なのがユーモアたっぷりだ。実はゲーム内でもWasteland Survival Guideなる単語は出てくるので、未プレイの方は気にしてみても良いかもしれない。きっと無理なお願いをされるはずだ。このゲームは日本語版がコンシューマーだけしか発売されなかったため、PCゲーマーは英語でプレイせざるを得なかった。しかし、かなり早期に日本語化Modが登場をし、しかも翻訳具合も素晴らしい。変な話だが、個人ユーザー制作のModの方が翻訳レベルが高い事が多いのがゲーム業界の常である。ゲーム会社は、もっと英語が堪能な日本人を雇った方が良いと思うのだが・・・

resize78047.jpg

Red Orchestra 2: Heroes of Stalingrad
当ブログで攻略中のゲーム作品ですが、攻略記事は凍結中なので、これ以上の発言は控えたほうが無難。ほら、私は忙しいから・・・ねぇ?

resize78040.jpg

Serious Samの初期作品Serious Sam : The First EncounterSerious Sam : The Second Encounterをリメイクし、その2つをパッケージ化したものである。FPS初期における重要な作品であり、ひたすらに沸く大量の敵に向かってガトリングやらショットガンを撃ちまくり、時に圧殺されるゲームだ。かなりバタ臭いが、それが現在では新鮮に見えて仕方がない。なお本シリーズは2011年にリリースされたSam3以降、音沙汰がない。Sam4は制作中らしいが、何時ごろに完成するのだろうか?

resize78044.jpg

説明しよう。
S.T.A.L.K.E.R.とは、放射能汚染はウォッカを飲んで治療をするゲームである。ゾーンだからね。バグが重なり合い、それが常識化した日常でさえ、さっちゃんは我々を引き裂きに来る。それがゾーンなのだ。そして溢れんばかりのロシア語は、大量の空耳を産み、今来たばかりのエリアなのに何故か仲間が死んでいる。ゾーンでは常識である。という具合に、海外PCゲーム臭をかき集めたS.T.A.L.K.E.R.シリーズであるが、当ブログでは何と一回も紹介をしていなかったりする。説明しよう!!それは、本作だけが起動が出来ないからだ。理由は不明だが、起動が出来ない以上、私にはどうする事も出来ない。ゾーンだからね。ちなみにShadow of Chernobylは何とかなったが、どうしてもCall of Pripyatだけは起動に失敗をしてしまうので諦めムード漂う。

resize78046.jpg

纏めてCall of Duty。
所有しているパッケージ版は、3作品だけだが、これ以外の作品はほぼ全作品所済み。やはり家庭用版が多くなってしまうが、一応、当ブログ内で『Replay:Call of Duty』で検索して頂ければ、そこそこヒットします。写真には写していないが、PS2版のCall of Duty: Finest HourやCall of Duty 2: Big Red One、Call of Duty 3はPCに移植されていない。なおCall of Duty: Modern Warfare 2はパッケージ版を所有しているが、敢えて映していない。理由は、正規品にもかかわらずSteamの認証で弾かれ、プレイできない問題があったからである。現在でも日本からでは同作品はダウンロード購入不可であり、恐らく既存で所有しているアクティベーションコードも通らないと思う。やはりCoDは2と4、あとはブラックオプスが語れれば問題は無い。

resize78054.jpg

攻めてきた宇宙人から地球を防衛する鬼畜ゲーム、XCOM: Enemy Unknown
このゲームのパッケージ版は同作品内で登場をする地下施設のポスターが付随する。パッケージならではのファンアイテムだが、こういった特典もデジタル化の波に追われ、あまり見かけなくなってきた。なおゲーム本編は非常に高難易度で、当ブログでも攻略記事として扱ったこともあるが、かなりギリギリでした。アホAIではクリアは不可能だが、超能筋妖怪が居るので、宇宙人は簡単に撃退できそう。未プレイの方は、Steamにて販売しているのでレッツプレイ。

・・・

私も所有しているゲーム作品の8割がダウンロードでの購入です。パッケージ版は置き場所に困りますし、何れ処分せねばなりません。そして時代はデータでのやり取りになっており、その影響を一番に受けたのが音楽コンテンツとゲームでしょう。それについて想う事は少なく、PCゲーマーなのですから、時代に合わせた考え方に乗るべきだと考えます。今回は、私の脳に少しだけ残っているモノへの思い出をデジタルとして残すために掲載をしました。

Hitman その3

resize77052.jpg

【依頼:黄金の鳥カゴ】
緊急の依頼よ、47。
モロッコ・マラケシュのスウェーデン領事館に一人の男が逃げ込んだの。名前はクラウス・ヒューゴ・ストランドバーグ。彼はモロッコ政府の資金を横領して逮捕されたのだけど、武装勢力によって助けられ、そのままスウェーデン領事館に保護を求める形で逃げ込んだってわけ。マラケシュ一帯は怒り狂った市民によって領事館全体が包囲されていて、何時暴動が起こってもおかしくはない状態。その陰に居るのが、今回の首謀者レーザ・ゼイダン将軍よ。彼は、この一件を政治的に利用して国家転覆を狙っているわ。既に彼の部隊は現地入りしていて、その機会を伺っている。クライアントの要望は2人の暗殺。準備は全て貴方に一任するわ、47。


resize77053.jpg

マラケシュハゲ。
この依頼は、ターゲット両名が非常に厳重に警備されており、スウェーデン領事館及び軍事基地への侵入経路が難しい。しかし、言い換えれば侵入してしまえば何とかなってしまうMAPの一つであり、それがマラケシュの楽しさに繋がっている。そのため、何方のターゲットを先に攻略するかで、ルートは大きく変わる依頼なのだ。今回は、政府転覆を目論む将軍から攻略し、そのままスウェーデン領事館へ侵入してみよう。

resize77067.jpg

MAPの中心地は市場だ。
多くのNPCが買い物に勤しんでいるが、ここで必要なツールを集める事も出来よう。門の奥が領事館であるが、デモの真っ最中であり、軍人による警備のため一般人は追い払われてしまう。ストランドバーグを先に暗殺したいのならば、領事館に出入り可能な身分に変装しよう。市場を探せば、きっと領事館にアポイントを入れている人物がいるはずだ。

resize77074.jpg

将軍は廃校を軍事拠点化しており、ここに居座っている。
兵士に変装して入るも良し、印刷業者に扮してセキリティを突破しても良し。ステルスが得意ならば、実は裏道から強引に突破も可能だが、危険が伴う。こういった選択が面白いゲームなので、リトライが楽しい。

resize77099.jpg

学校は軍人だらけ。
怪しまれたら逃げ切るのは難しい。そのため、銃器類による暗殺は難易度が高かったりする。事故死に見せかけた暗殺を計画するハゲは、将軍の悪口を言っている兵士2人組を発見する。その内容を校内放送で流すと、怒り狂った将軍が2人組の元へ駆けつけて叱責を始めた。ほほう・・・

resize77106.jpg

大変だ!!将軍の頭上にトイレが落ちて事故が起きてしまった!!

resize77127.jpg

軍人ならば領事館警備のために周辺を徘徊しても怪しまれない。
今度は巨額の横領をして領事館に逃げ込んだストランドバーグの暗殺。さっきは事故死に見せかけた暗殺だったが、こっちは正統的なやり方で依頼を達成してみよう。聞くところによれば、横領犯はマッサージの予約をしているようだ。ほほう・・・

resize77140.jpg

痛いところはありませんかー?ストランドバーグさん、今から少しだけ痛くしますけど声を出さないでくださいね。


resize77148.jpg

証拠を残していない事を再確認すると、マッサージ師の姿そのままで逃走開始。人ごみに紛れて脱出地点を目指せばさらに安全だ。なお、各職業には、所持していたら怪しまれるツールが存在する。例えば軍人がピストルを持っていても怪しまれないが、マッサージ師がピストルを持っている瞬間を目撃されたら即通報されてしまう。その点が非常に重要なゲームなので、攻略が上手くいかない方は、いっそのこと銃火器を持たない攻略をしてみては如何だろうか。暗殺武器は、ドライバー1つあれば完了できるぞ。

コラム:取り留めの無いゲーム小話(2019年6月)

resize67844.jpg

高難易度ゲームで知られるDARK SOULSは、各所のボスが凄まじく強い。
案の定、本編ラスボスである"薪の王グウィン"もべらぼうに強く、何回も死んで、ようやく倒した。このラスボスは、パリィなるテクニックが有効なので、これさえしておけば問題は無いのだが、パリィそのものが難しいゲームなので苦労をするわけである。グウィンの攻撃にタイミングを合わせて・・・を何回も成功させねばならず、最後の最後まで気が抜けない。ところが世の中には、このラスボスを一撃で葬る猛者もいるようで。この猛者は世界中にいるため、何とも言えないのだが、基本的に超火力の能筋キャラで、致命の一撃で葬るという、割と誰もが思いつきそうな攻略である。しかし、その筋肉思想が凄まじい。例えば、海外プレイヤーであるZombieOfun氏は、結晶のデーモンの大斧 +4を装備し、スズメバチの指輪、赤い涙石の指輪、かつ戦闘前にわざと猛毒状態になり、自身の体力を落としまくって赤い涙石の指輪の効力を最大限までに引き出している。これは体力が低ければ火力が上がる装備だからだ。そして、大斧でラスボスをパリィ後、フルスイングして終了。下記に私が見た動画のURLを張るが、兎にも角にも火力が狂っている。このプレイヤーが凄いのは、狂った火力を出すために、そのほか全てを犠牲にしているという点にある。動画では、とても簡単そうにラスボスをぶっ殺しているが、勘違いをしないように。ここまでするより、普通に戦った方が時間はかからない。しかし、こういう突き詰めていく部分の底が深いRPGは、思いつきさえあれば各人の楽しみ方は無限大になる。そういう遊び方を久しぶりに見たような気がした。ちなみに、この方以外にも一撃ロマンを求めるプレイヤーは多いらしく、やはり火力以外すべてを捨てている。
(https://www.youtube.com/watch?v=T3DocjnKxQs)

・・・

クソゲー界隈で話題になったOperation7 Revolutionをレッツプレイ!!
無料FPSタイトルという事で期待はしていなかったが、期待以下の出来だったので大満足をして激怒できる。まず、勝手にリーンする機能が実装されており、意図せずにコントローラーを傾けると、センサーと連動して勝手にリーンしちゃう。このアイデアは前代未聞であるが、それ以前に初期武器が動作不良を起こしまくってビビる。Farcry2の精神的続編の到来に驚きつつ、金が足りないので修理できずに永遠とジャムる。このゲーム内資金が足りない問題は凄まじく、マジで銃器を整備できる金額を得ることが出来ない仕様なので困ってしまった。課金要素があるので、それをすれば解決をするのだろうか?まぁ、こんなクソゲーに課金をするくらいなら、消費者センターへの電話代金の方が有意義だと思いますが。そんなことを発見しつつも、ジャムった銃器で敵を射撃する。しかし、何故か死なないのである。ああ、ついにPS4にもチーターが出たのか・・・と時代の進化に感心しつつも、これが勘違いであることは自分がリスポーンした瞬間に、自分が無敵状態で敵を攻撃できる事から別の問題が見えてきた。このゲームは、リスポーン後の無敵時間が長すぎる上に、無敵状態で銃器の発砲が可能、かつリスポーン地点がむちゃくちゃすぎて笑える、何せ敵の背後に沸くのだから、敵プレイヤーからしてみれば競技制もクソも無い。皆無である!!リスキルは起きないが、みんなが無敵なので、無秩序に磨きがかかっている。調べてみると、以前はPC版が存在したらしいが、既にサービス終了との事なので当ブログでも、きちんと取り扱えないと意味でもクソだ。ああ、どうして、こんなにも美味しいネタが詰まっているゲームを見逃してしまったのだろうか。私は少しだけ後悔をしていますが、本作をプレイする方は、きちんと深い後悔が出来ますのでご安心を。ちなみに私がプレイをしたのは、2018年頃なので、現在はデザインが更新されているかもしれない。と言っても、一度評価が落ちてしまったマルチ対戦ゲームが評判を持ち直した例は数件しか聞かない。

resize72774.jpg

BIOHAZARD RE:2をクリアしたが、、噂の通りに難しいゲームでした。
レオン・クレアの表/裏まで通しクリアだが、リッカーの強さが初代PS版を超えており、飛びつきからの乗っかりで即デンジャー。移動能力がゴキブリを超越しており、後半の研究所では2体同時に出現する等、プレイヤーを殺しにかかっている。ようやくクリアをすると、今度は別の主人公モードが登場をする。そう、死神ハンクがオリジナル版と同様に"The 4th Survivor"として暗躍をする。ハンクというキャラクターはサバイバルホラー系のアクションゲーム界隈における珍しいモブの一人で、世界パニック序盤で全滅をしてしまうヤラレ役な特殊部隊ではない。初登場時から常に"最後の生き残り"というのが彼の立ち位置だ。真っ黒な戦闘服に、真っ黒なガスマスク。完全武装のハンクは、何時も通りに困難な任務に直面し、ラクーンシティからの脱出を目指すが・・・The 4th Survivorは本編とは異なった高難易度なため、現在、攻略中だ。何よりハンクがカッコよい。警察官の初仕事でバイオハザードに巻き込まれた新人レオン君とは違う。任務のために死街ラクーンシティに降り立ったプロの仕事人だ。同シリーズでも高い人気を誇るハンクだが、彼自身が主人公になったことは無く、あくまでも裏で暗躍するモブで留まっているのが渋い。また、お馴染みの絶対に墜落しないCAPCOMヘリ"ナイトホーク"との無線も繰り返し聞いても飽きない面白さがある。だが、新人ハンクの私にとって、クリアもギリギリの状況で、華麗なプレイは期待できそうもない。特に警察署内部からの脱出から非常に難しくなる印象で、一切の優しさが感じられない。ここ最近、このモードばっかり練習をしているが飽きがこないので問題は無い。ハンク大好き!!

・・・

第二次世界大戦中、ノルマンディー上陸作戦に成功をした連合国は、直ぐにフランス奪還に向けて大量の航空機や戦車、その他に必要な武器弾薬・燃料を本国から輸送した。しかし、アメリカから輸送されてきた品物の中には、明らかに戦闘とは関係の無いものも多くあった。その代名詞は"PINCH"である。本来の銘柄名は"Dimple"なのだが、ヘイグ社がアメリカ向けに輸出した際に銘柄名を変えたのである。そのため英国ではディンプル、アメリカではピンチと同じウイスキーにも関わらず、全く別の名で通ることになった。当時、この戦争はアメリカ軍の大々的な参戦により、戦況が変わりつつあったものの、戦時中のためウイスキーが飲めるのは将校クラスだけだったらしい。中でも高級将校になると、兎にも角にもピンチを持ち出した。恐らく、他の将校との差を見せつけるために自慢的な意味でヘイグの名を借りた行為に出たのかもしれない。戦争が終わると、暫くはピンチとディンプルの名は残った。終戦後、日本に駐在したアメリカ軍将校も、やはりピンチ好きが多かったらしく、1970年頃まではこの名が日本人にとってのウイスキー大御所で在り続けた。ところが、ヘイグ社が考えを改め、ピンチを削除し、ディンプル・オンリーな販売を開始すると、そのような名称は製造されなくなった。現在、入手できるディンプルは凡そ2,000~3,000円程度である。ブレンデッドスコッチ(モルトウイスキーとグレーンウイスキーの混在)だが、不思議とゲーム・プレイに合う酒である。これは好みの問題だろうが、少なくてもFPSをプレイ中にタリスカーを呑む人はいないだろう。(香りが強烈な事で知られる)まぁ、S.T.A.L.K.E.R.をプレイ中にTALISKERなら辻褄が合うかもしれないが。或いは、グレンドロナックを呑むのであれば、そもそもゲーム中にはやらないだろう。お供は、クラシック音楽と相場が決まっている。そういう付け合わせを選ぶのであれば、私はディンプルの『捻くれた味わい』(変に土のような感触が残る)に慣れれば、価格と品質面でもお勧めできるウイスキーだと思う。ゲーム界隈もWW2に頼っている作品も多いので、ピンチならぬディンプルをグラスに入れて古いゲーム作品を再開するには良いのかもしれない。
・・・酒の話をしているが、ゲームに関係する事なので重要なのだ。

KIDS ショートレビュー

resize77874.jpg

こんな話がある。
少数を扇動するのは簡単だ。その集団に厳格なルールを押し付け、外部との連絡手段を断絶すれば良い。理解無き正義が限られた集団の行動指針となり誰もが疑わない、疑えない状況が続けば完了する。それはとても簡単な事だから。国民を扇動するのはやや難易度が高くなるものの、やはり簡単だ。共通の敵を明確化し、権力を行使して徹底的な広告宣伝を行えば良いだけだから。この時に用いる言葉は決まって、教育・正義・秩序になるだろう。見栄えがするからね。人類を扇動するのは、短期間であれば歴史的には起こっている。"それが常識なのに、どうして疑うんだい?"だとか"昔の偉い人がそう言っていたじゃないか"のような一文が100年程度であれば効力を発揮する。ただし、どのケースであっても異端者は必ず発生してしまう。墓標にアウトローと刻まれるか、歴史の転換者と名乗れるのかは、それぞれの状況に依存する。

resize77833.jpg

怪奇な迷走作品Plug & Playの開発陣の新作は、群集心理をテーマに据えて、相も変わらずシュール世界を描いている。ゲームとしてみると、プラグ人間と同じく、あまりプレイヤー介入が出来ない仕様。基本的には眺めて戸惑い、クリックして困惑し、その結果に言葉を失う10分である。何故か日本語化されているが、やぁと平和的に挨拶をした後に、脈拍なく相手を殴りつける様相から、既にKIDSワールドは群衆の一員に加わることを強制している。このゲームは、序盤と終盤では登場をするNPCの数が大きく異なり、次第に肥大化していく組織が、たった一人の異端者でさえ許さない。皆が穴に飛び込めば、最後の一人も飛び込まざるを得ない。意味があるかは不明であっても、このゲームは右か左かの簡単な調査でさえ、全体意見の一致を求め続ける。

resize77909.jpg

非常に理解しやすいゲームになった。
狂気的な意見一致が加速していくゲームプレイに恐ろしさがある。全体が拍手を準備すれば、端から端まで、拍手の準備をする。一糸乱れぬ拍手は、棒人間らしからぬ滑らかなモーションとともに激動の感動を生む。だが、ここには固有のキャラクターは存在せずに、次第に失われていく会話劇が全てを物語っている。誰もが意見しないので、この世界が何なのかが一切に解らないし、誰もが同じ行動を強制されているので、共通の棒人間として生きている。Plug & Playと似ているのは最序盤だけで、後半部分は笑えぬ群衆行動が描かれる。自分の人生にも当てはまるし、貴方でさえ・・・よほどの変わった行いを当然のように行っていなければ、やはり私も貴方もKIDSでしかない。山月記の虎になれるのは社会を嫌った詩人だったように。

resize77896.jpg

ゲーム作品だが、アートに全振りをしている。
色彩なき芸術は気味の悪さが際立ち、逆に世界観に引き込まれていく。約300円で10分間しかプレイできないゲームなので、血気盛んなゲーマー程、KIDSは向いていない。ゲームとしての感想は、もう少しだけ長いプレイがあっても良かった気がする。このゲームは同じ展開が、次第に肥大化していく様子が面白いのだが、それでも短すぎる。Plug & Playの時も感じたが、世界観が独特なので、敢えて短い時間で纏めることに"独自の世界"があるのかもしれないが、あと一捻りの展開がワンシーン追加されるだけでも変わったと思う。また、何かの管?内部の操作が面倒で、ここは削除しても問題は無かった気もする。

resize77945.jpg

困ったゲームである。
特に私のようなPCゲームをレビューする者にとっては試練だろう。こんなゲームは比較されれば風一つで消える類である。しかし、他に比較できる作品が無いので、群衆をテーマにしながら、この作品自体が異端者となった。私はゲームレビューをするにあたり、必ず類似作品との比較で評価をする。新作のオープンワールドであればGTAが比較対象となるし、或いはSkyrimかもしれない。過去にプレイした記憶を頼りに、アレが劣っているだとかコレが過去作品にはなった等と感じていくわけだ。仮に過去に類似作品が見当たらなかった場合、自動的に最高評価になる。ゲーム品質はどうあれ関係ない。そもそも何かと比べるしかないのだから、比べる先が無い時点で満点になる。私だって本音を言えばThe Stanley Parableに99点は与えたくはないんだよ。

resize77953.jpg

群衆たちのゲーム KIDS。
決して優れたゲームではないが、高評価としか言いようがない。
もう二度とプレイする事は無いが、二度と忘れることも無いだろう。
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR