RUSSIA BATTLEGROUNDS ショートレビュー

resize64491.jpg

貴方が池に落としてしまったのは金の"PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS"ですか、それとも謎のロシアゲーですか。

おお、女神よ。私が池に落としたのは大人気マルチプレイヤーゲームの方です。全世界同時接続数300万人の対戦ゲームをプレイしたかったのです!!ですから謎のロシアゲーはそのまま捨てておいてください。

貴方が池に落としたのはロシアゲーの方ですね。正直者には、そのままロシアゲーを授けましょう。安心してください。日本語にも対応をしているのでロシア語が出来ない貴方でもプレイできるでしょう。

おお、女神よ。感謝いたします。私はロシアゲームがプレイしたかったのです。PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS?そんなゲームは全く知りません。きっと他のゲームサイトが紹介をしている事でしょう。おお、女神よ・・・本当に感謝いたします。

resize64466.jpg

闇金ウシ〇マくんが、ロシア語を喋りながら襲ってくるゲームである。

某大人気バトルロワイヤルゲームを露骨にパクった本作であるが、あまりの怪作っぷりにクソゲー・ソムリエ特級の私でさえ混乱している。まずロシア語が五月蠅い。敵BOTがプレイヤー目掛けて一直線に襲ってくるのだが、近づかれたら最後、異様な早口ロシア語で耳が崩壊する。何を言っているのかは不明だが、ロシア語を連発しながら素手1つでプレイヤーに特攻してくる様は、そんじょそこらのゲーム開発者では思いつかないだろう。君たちは実に狂っている!!

resize64503.jpg

撃っても、撃たれても判定が謎である。
ヒットボックスはあるらしいが、機能しているのかさえ不明である。恐らく、バグが同時並列で発生しているので、この状況をきちんと説明ができないと思う。フェンスに引っかかって動けない闇金業者を殺傷していたら、突然に背後から武器持ちのクソが沸く。え・・・?武器は地面に落ちていないのに何故だ?BOTのみが銃器を持ち運び、いきなりに射撃してくる。それも主人公だけに。理不尽と腹立たしさの中、私はひたすらにウシ〇マを殴り続ける。たまにアイテム判定もバグっていて、拾えたのか拾えていないのかさえ分からない。ちなみに、SSのグラフィックスは設定上の最高画質でお届けをしている。スゲェ、これじゃあ実写と見分けがつかないほどの美しい表現じゃないか。これが96年であればDuke Nukem 3Dよりグラフィックスが少し汚い程度で済む。つまり、このゲームを動かすには96年当時の最高PCが必要ってわけさ。

resize64506.jpg

マルチプレイも実装されているが、全世界で3人くらいしかいないらしく、ロビーで談笑するゲームになった。実に有意義な時間を過ごせたと感じた。残りの2人も、きっと池の女神に騙されて購入した輩だろうから妙に話が合ったよ。だが、最大の魅力は充実の言語対応だろう。怒濤の24言語に対応したグローバルゲームなのだ。日本語、英語、フランス語・・・ウガンダ語。ウガンダ語に対応をしたゲームタイトルというのは非常に珍しく、私は気に入った。そう、世の中、リリースするタイトルは英語を搭載しておけば問題ない、と安易に考えているゲーム開発者に対する警告である。何時から英語が世界標準言語になったんだ、勝手に決めつけてんじゃねぇ!!だが、そう思っても声高には叫べない。何故なら英語ができないと海外ゲームの魅力は半減してしまうからだ。皆さんも心の中では解っているはずだ。そして理解を始めている、RUSSIA BATTLEGROUNDSはクソゲーを超えた存在だという事実にな。

resize64477.jpg

返品しようかどうか迷ったが、私のクソゲー規定を軽く超えたため合格である。
その実態は、何度プレイをしても得体の知れなさが広がるばかりのロシアゲーであり、プレイ中はロシア語まみれのバトロワもどきが体感できよう。現行verではMAPは一種類のみだが、定価100円なので当然といえば当然の仕様でもある。武器の種類は非常に少なく、プレイヤー数も絶滅危惧種で、バグが盛られ、ロシア語で溢れ、ようやく俺たちは1つの結論に辿り着く。やはりロシアゲーは最高なのだ。ロクなゲームが在った試しがない。満足できるロシアゲーは存在しないからこそ、PCゲーマーはソレを愛さずにはいられない。

resize64507.jpg

私の主張が解らない方も大勢いる。私自身も何が何だか解らない。
だが、このゲームが有意義でないという事は理解してくれたと思う。だからこその有意義さが産まれる。
有難う女神様!!もう池にゲームは落とさないよ。二度とロシアゲームを掴まされてくないんでね!!

コラム:取り留めの無いゲーム小話(2018年8月)

resize44229.jpg

伝統の三人称視点から一人称視点へ、大量のゾンビを射殺するゲームから少数の敵に怯えるデザインへ、そして恐怖から狂気の人間関係を描いたRESIDENT EVIL 7 biohazardは文句なしに楽しめた。これまでのシリーズ主人公は特殊部隊出身の警察官など軍事訓練を受けた人物であったが、今回の物語は一般人が巻き込まれた感じがアリアリとしていて良かった。イーサンの強さもホラーサバイバルならではの絶妙な味付けで、敵から逃げる選択肢が過去作に比べて現実味がある。そういう作品のはずだった・・・DLC『End of Zoe』をプレイするまでは・・・
バイオハザードシリーズ最強の主人公と呼び声高いジョーが拳銃や散弾銃を持ち歩くことは無い。ナイフさえ持っていない。常に素手、素手殺しの狂人だ。最初のOPからして特殊部隊2人を素手で殴りつけ、挙句縛り上げる鬼畜っぷり。しかも、特殊部隊員の話を全く聞く様子も無く、殴る蹴るの暴行。(特殊部隊員は明らかに善人だった)勢いそのままに本編でイーサンが散々に苦しめられたモールデッドを素手でぶっ殺す・・・何だ、この主人公は?完全に狂人である。素手で戦う?バイオハザードなのに?しかも、めちゃくちゃに強い。拳ひとつで沼地に特攻をし、時にワニちゃんに食われてしまう事もある。体力が減ったらザリガニを生で食って凌ぐ。あまりの野生児っぷりにクリスやレオンのイケメンたちの影は無い。衝撃的な主人公だが、次回作でも出番はあるのだろうか?

・・・

久しぶりに泣いたね。
嘘つき姫と盲目王子は素晴らしい雰囲気と可愛らしいキャラクターで、ダメなアクションゲームを搭載した、言わば『欠陥があれど素晴らしいゲーム』であるダメゲーだった。この作品ね、ゲーム以外で発売をした方が良かったと思います。絵本チックな作風なのですが、本当に絵本で販売をした方が批判は無かったように思えて仕方がありませんでした。まぁ、日本一ソフトウェアが製本に走っても本業ではないので、アクションパートをどうにかせェよ!!とツッコミを入れるのが本ブログの意見なわけです。アクションが良くて、ストーリーがダメな作品は割と多いのですが、その逆は珍しく、また大人でも泣けるEDはゲーム界隈では片手で数えるくらいでしょうか。またキャラごとに声優を用意せずに、語り手だけの読み進めで進行をする形式も良かった。こんなに褒めるのは、このゲームと並行をして進めていたタイトルが、さっき話をしたEnd of Zoeだったからだよ(怒)
一方は目の見えない王子の手を引く姫(オオカミが化けた姿)が、願い事を叶えてくれる魔法使いに会いに行く話。一方は、話を一切に聞かないオッサンが姪っ子を担ぎ、実兄と拳で語り合う話。組み合わせが良くないよ・・・。纏めると、何方も素晴らしいゲームなのでプレイしてほしい。ジョーを先にプレイしておけよ、こっちは泣けないからな。

resize61728.jpg

Left 4 Dead 2・・・Steamユーザーであれば誰もが一度はプレイをした有名タイトルである。誰もがTKされ、誰もがキックをされ、燃やされ、治療キットを横取りされ、ロシア語で暴言を吐かれ、非協力的なCoopを体験した。Coopでコレなので対戦モードに至っては空前絶後の荒れ地である。殺伐を超えた殺戮が繰り広げられる。目を閉じれば思い出す。世界各国の言語が入り混じった罵詈雑言がチャットに息吹を与え、読めずとも理解できる。ここの住民は、皆が皆、例外なく精鋭だった。タンクが出ても戦わずに逃げ切る奴、良く解らないショートカットでクリアを目指す奴、一度も攻撃を喰らわずにゴールする奴。当時ですらテクニック極まった連中で溢れ還り、最適ルートが解らないFPS初心者は置き去りにされた。
あれから8年が経過した。この8年間でL4D2以上にプレイされたCoopFPSはあっただろうか。或いは、この作品以上に優れたデザインがあっただろうかと振り返る。
PAYDAY 2:No、ARK: Survival Evolved:That’s wrong、Killing Floor 2:No, it’s not true、Rust:F〇ck no!!そう、1つも無い。L4D2ほど荒れたタイトルも無いのに、これ以上に話題になったCoopゲームは8年間で1つも思い浮かばない。さぁ、今こそ再プレイの時が来た。高pingの五月蠅いロシア人、チャットが五月蠅いアメリカ人、アジア人(台湾?)、そして私。一生、出会う事のない無国籍チームは協力的なプレイした。信じられないことに、4名は一度も抜けずに同じメンバーで1時間もプレイをしたのである。恐らく、そういった平和は二度と訪れないであろう。それが最近になってゲームで感動をした思い出である。

・・・

Viewpointがやりてぇんだよ!!
ビューポイントを御存知でない?プレイしたことが無い?どのようなゲームなのか分からない?一言で言えば、世界一移植から見放された伝説のアーケードSTGの1つである。タイトル名通り、斜め視点がウリのゲームであり、変な中毒性がある。この作品はSTG界隈では欠かすことが出来ない程、多くの話題を未だに持っている。何せ類似品が無い上に、良質なサウンドと程よいシューティングテイスト、斜め視点から描かれた進行は、妙な気分にさせつつも悪い気はしない。そして必ずと言ってよいほど、ファンはViewpointのプレミア価格を愚痴る。移植に恵まれなかったアーケードゲームは数多いが、その中でも突出して価格が高い。中古ネオジオ版が15万円だ。もともとのネオジオソフトが高価格なジャンルとは言え、92年製の中古に10万円以上の値が付くことは珍しい。参考までに初代メタルスラッグの基盤が2万前後で買えることを考慮すれば、いかにViewpointがレアなのかが解ると思う。最もメタスラはPSやSSにも移植された上にコンプリート版などもあるため比較をするべきではないが。一応、補足をするとクソ移植ながらViewpointのPS版は存在する。ただし、北米でしか販売されなかったため国内では逆にレアなソフトである。何度も言うが、本作はオリジナル版以外は全てクソなので入手しないように。ネオジオCD版という選択肢も考えられるが、ゲーム機本体が黒歴史過ぎて無かったことにされている。オリジナルが大変にレアな上に、それ以外すべてクソという『どうしようもなさ』がある。以前にも、ウォーザードの移植に関して嘆いたことがあるが、正直に言うとViewpointの方が価値がある。もっと言うと、ネオジオの価値は3割方Viewpointが支えている。KOFなんて毎年出ているし、どれも変わらない気がするし、メタスラはアーケード以外から発売されているし。そんな愚痴でした。

Replay:Spec Ops: The Line

resize2148.jpg

1914年8月、ヨーロッパで前代未聞の大戦争が勃発した時、アメリカは中立宣言を発令し、軍事よりも交戦中の他国貿易を重視した。その立派な宣言は多くの国民に響き、実際にアメリカは何処の国にも加担をしないというスタンスを貫いた。ところが、その1年後にドイツ海軍の潜水艦が英国定期船ルシタニア号を撃沈し、その乗客1200人が死亡した。これに怒り狂った大統領は参戦を決意し、国民もそれを支持した。だがルシタニア号は民間船ではなく、英国へ極秘裏に武器弾薬を輸送する武装商船だった。政府は自国民に説明をしなかった。あまりに大量の - 連合国に25億ドルもの融資を行い、莫大な戦時利益を上げている事を。参戦をするや否や、戦時検閲を発動。連邦政府は言論弾圧のためだけに130億ドルも費やしたが、その見返りは十分すぎる程であった。ルシタニア号撃沈は口実に過ぎなかった。戦争は儲かる!!そしてウッドロウ・ウィルソン大統領は綺麗な言葉でアメリカを締めくくる。
「アメリカは世界でただ1つの理想主義国家である」。だが、彼の政策は明確な干渉主義であり、軍事主義的である。アメリカが戦争国家となる前夜だ。いや、この時点では、もう・・・

resize2105_20180723213231ad4.jpg

Spec Ops: The Lineでよく意見が分かれるのは、この作品が平凡なのか非凡なのか、といった奇妙で極端な評価である。だがゲームプレイそのものだけに固執をすると、残念ながら平凡・平均・凡庸・平平凡凡たるTPSだろう。実際に、アクションシーンで面白いと感じるシーンは全くと言ってよいほど無い。物影に隠れて、カバーアクションからの射撃で敵を倒す。敵兵の数は多いものの、バリエーションが少なく、あまりに淡々と進行をしていく。ただひたすらに単調であり、仲間に指示が出せるシステムも成功はしていない。ウリであるはずの砂を全面に出したアクションも思っていたほどではなく、むしろ滑っている感すら漂う。
バーカ!!お前はクソだよ。2012年に発売をしたゲームの中で、最も捻りのないアクションシーンの折り詰めさ。誰が、こんな飽きやすいシステムを擁護するんだ?Spec Opsのアクションを褒める人が居たら見てみたいものだ。よっぽどゲームと言うモノを触ったことが無いんだろうな。

resize2139.jpg

想像を絶する物語である。
砂嵐吹き荒れるドバイで行方を絶ったアメリカ軍中隊。それを調査するために現地に派遣された特殊部隊員3名。小隊長ウォーカー大尉は歴戦の兵士。当初はアメリカ軍が現地ゲリラ部隊の攻撃を受けていると思い込むが、救助するはずのアメリカ軍が住民を虐殺しており、その事実に困惑をする。そしてアメリカ軍からの攻撃を受けてしまったウォーカー大尉は、ついに友軍に銃口を向けてしまう。部下に攻撃命令を下し、そして自身も現地住民虐殺に加担をしてしまう。ドバイの法となったアメリカ軍、事態を葬ろうとする諜報機関、ゲリラ、そして予測不能の戦闘に巻き込まれてしまった精鋭特殊部隊員。
このゲームのストーリーは開幕から暴力的で、戦争のグロテスクさや身勝手さをストレートに表現をする。敵味方の判別が全くつかない戦場に放り込まれたウォーカー大尉は、ゲーム史に残る悲劇的な主人公に数えられるのも納得できよう。正に救いがない展開の連続で、正義と命令の狭間で苦悩する小隊長に食って掛かる部下たち。誤った判断を背負いながらも前進する小隊は、次第に疲弊していき、ついに犠牲者が出てしまう。良心が悪に殺され、守るはずの住民に襲われ、友軍からは追撃され、もはや倫理は通用しない様に大尉は朽ち果てていく。信じられない程に絶望しかない。

resize2189_201807232205426b5.jpg

アクションの退屈さに目を瞑ってでも2周する価値がある。
このゲームは最初の"死体を発見したシーン"から実は矛盾している事に気が付くはずだ。そう、このゲームは導入部のヘリシーンからトリックが盛られている。非常に解り辛い部分が多いのだが、ゲーム内の背景をよくよく観察をすると、2週目であれば、明らかにウォーカー大尉が過去に何らかの因縁があったとしか思えない矛盾が発生しているのである。問題は、こういった考察が苦手なプレイヤーに開発が矛盾の数々を結ぶ結論を明らかにしなかった事にある。言ってしまうと、Spec Ops: The Lineのストーリーは難解な部類に入る。何故なら、ウォーカー大尉は途中から現実の存在では無くなるため、それ以降の進行が、これまでの現実と幻想が入り乱れてしまい余計に解り辛くなっているからである。どの部分からウォーカー大尉が変化するのかは、ゲームをプレイすれば一目瞭然で"ヘリコプター墜落"から明らかに矛盾点が多くなる。つまり・・・あのOPに繋がるわけである。そういう疑惑の目でヘリシーンを眺めると「待て、何かがおかしい・・・」というセリフは決してメタではなく、深い意味を持っている事に気が付く。ああ・・・何て凄惨な展開を経験してきたのか、ウォーカー大尉。

resize2178_201807232218259c1.jpg

後半から絶望の連続で、特に分岐EDはどれも考えさせられる。テーマに沿った各種EDはアメリカが全世界に押し付ける暴力を伴った正義感における問題点を表現している。ウォーカー大尉が正義かどうかは解らないが、間違いなく国家的な正義に準拠した人物だったと言える。彼や部下も、国家的な戦争主義のために利用された人員であるが、それ自体は決して悪いとは言えない。何故なら、ウォーカー大尉は任務を遂行しようとして予想外のトラブルに巻き込まれだけだったから。住民虐殺も、それが発生することを予期するのが難しかった。しかし、結果的に住民を守ろうと行動した事が引き金となって、実に多くの人間を殺しまわった。再プレイにして想う事は、大尉はアメリカそのものの思想に感じられたことだった。実に矛盾をした行動が多い大尉である。住民を救うと決意したが、住民を一番に虐殺した。友軍を救うために派遣されたのに、友軍を攻撃した。国家のメンツを保つために、別の国家組織に協力をし、それも結果的にドバイの虐殺に繋がった。自分たちの理想を実現するための干渉行動が、全て戦闘に繋がった。しかし、誰が悪人かは明確に解らない。明らかにはされない。各自の目的は"ある理想に基づいている"。だから正義が沢山にあって、それが局所で戦闘化したのである。永遠に紛争が無くならない理由だが、そこに高い戦闘能力を保持する特殊部隊が入り込んだ事で一気に激化した。その一末をゲームプレイに落とし込んだ本作は非凡と評価されるので、これまた平凡なのか非凡なのかの判断が曖昧になってしまう。

resize2219_20180723225029d8c.jpg

非常に素晴らしいゲームと言ってよい。
ゲーム操作そのものはゴミだが、その操作から得られる悲劇的な物語の進展は称賛に値するだろう。局所的に難しいアクションシーンが見受けられたり、敵味方のAI性能が悲劇的な出来栄え。アクションゲームであるにも関わらずアクションが足枷となっている。だが、それを超えるテーマ性を物語が含み、終われば考え込んでしまう。このゲームに於いて"私とウォーカー大尉"の旅路について。ゲームクリア後にゲーム感想を忘れることは実に簡単だ。実際にCoD:MW2などクリア後、僅か6秒で全てを忘れることが可能である。その証拠に今日、MW2の詳細を語れる人間は地球上に存在しない事からも明白である。だが、Spec Ops: The Lineは違う。6年経過したとしても、全てを忘れることは困難な類だ。
良く出来ている、良く練ってある、故に大変に心に残る。この不条理でさえ6年では消し飛ばないのだから。

resize2224.jpg

万人にお勧めできるとは言えそうもない。
ショッキングな虐殺シーンに驚いたプレイヤーは多かったし、シナリオは果てしなく重い。それが連続する事が、この物語を支えている本柱なので生理的に受け入れられないのであれば手を引くべきだ。少なくとも本作は、超キュートで可愛いミニスカ娘は出てこない。そういうゲームじゃない。あまりの過激さにゲーム舞台国となったアラブ首長国連邦では購入を禁止したほどである。
Spec Ops: The Lineの再プレイは、一言で終わらせることができない内容であった。

午後のダメゲ部⑤ -局所的高難易度-

resize48810.jpg

-致命的な欠陥があれど、素晴らしいゲーム-

を私は勝手にダメゲーと呼んでいます。どの程度の欠陥を『致命的』と判断するのかは難しいのですが、今回取り上げるテーマはゲーム内に於いて一部シーンが異常に高難易度化しているタイトル。そのゲームが最初から最後までマゾゲーであれば目立つこともないのですが、序盤がサクサクで、ある時"高すぎる壁"に挫折してしまうかのような、ある意味では難易度調整が甘いゲーム言えます。今回のテーマはかなり厄介な選定になりました。まず複数の難易度が選択可能なタイトルである場合、果たして"高すぎる壁"はどの難易度を基準にしているのかと言う問題。これはイージーな難易度では問題にはならないが、ハードにして瞬間にゲーム仕様が変わるがために予想外の局所的高難度化するケース。例で挙げればBorderlands2は状態異常の重要性が極端に変わるため高難易度では一部シーンが難しくなります。しかしながら、これは今回の趣旨とは異なる要素が強いため除外しました。またクリアに運が絡む、レベル上げを徹底的に行えば難所を突破可能、バグ・グリッチでなければ突破不能なども対象外にしました。
つまりプレイヤーの腕一本だけで進められるようなタイトルで、いきなり現れた局所的高難易度が致命的と言えるゲーム、とお考え下さい。道を歩いていたら最強妖怪が大量に表れた、というようなイメージですね。

resize48393.jpg
気合だけでは避けれない

DoDonPachi Resurrectionを選ぶか、Mushihimesamaにするかで大いに悩んだが、ゲーム品質が優れた方を選ぶのであれば此方で文句はないだろう。このゲームに関しては以前に紹介記事を書いているが、軽くおさらいをしておこう。元となったゲームはアーケードSTG『怒首領蜂大復活』であり、その後稼働した高難易度ver『ブラックレーベル』も含まれている。実のところ、怒首領蜂大復活はSTGプレイヤーであれば相当に簡単な部類に入る。少なくても前作・大往生と比べても自機が非常に強く設定されており、かつ道中の瞬間的な難所は決まっている。STGで難所が固定されているというのは、かなりクリアが楽なタイトルだ。ボムやハイパーの無敵時間を利用して強引に突破が出来るから。STGの中では簡単な部類には入るものの、それでも弾幕系は全体的に難易度が高い傾向にあり、正確に言えば『全シリーズの中で最もプレイし易いタイトルが怒首領蜂大復活』となる。STGが苦手な方は是非ともプレイしてみてほしいですね。

resize48111.jpg
これが烈怒状態のボス戦

話が平和的に終わらないのは、ブラックレーベルの存在があるからに他ならない。
烈怒(レッド)システムなるランクゲーと化したブラックレーベルは、大元とは完全に決別したクソ難易度となっており、顕著に各ボス戦が高い壁となった。特に多くのプレイヤーが驚いたのは、2面ボス"ネクスィ”の高速弾で、序盤面にも関わらず1ミス2ミスは当たり前。ランク調整も考えなければならず、何も考えずにプレイを続行すると上記SSのような事になる。これでもまだマシな方で、後半面ではボス・ゴールデンディザスターがランク調整をミスった状態で突入をすると裏ボス化する。しかも、この突入条件が"わりと自然に達成されてしまっている“事があり、手が付けられない。更に本verから裏ボスが登場し、先のゴールデンディザスターをノーミスで撃破後に登場をする。つまり、このverは極端にボスが強く調整されている上に、更にランクゲーとなり、更に更にオリジナルには居なかった凶悪なボスをてんこ盛りにした鬼畜STGなのである。
ただし、弾幕ゲームとしてはブラックレーベルの方が攻略探求が楽しく、後継作の怒首領蜂最大往生がランクを意識しすぎて面白くなくなってしまった事を考えると、これが最後の弾幕ゲームと言えるのかもしれない。なお本作はトッププレイヤーによって裏ボスを含めてクリアが達成されている。

resize2428.jpg
基本的にMAPは広い

今回のテーマに完全に合致するのはSerious Sam 3: BFEの方かもしれない。
Serious Samは大量に沸く敵を追い回し、追い回され、ぶっ殺しまくるFPSの代表作である。シリーズ全体を通して高難易度で知られ、特にSam 3はシリーズ最難関として知られている。この作品が局所的に難しいシーンが多いのは、その戦闘デザインにあるからだろう。広いエリアに大量の敵が沸くデザインのため、行動を意識する必要性がある。敵の行動パターンや敵弾を避け続ける操作が続くため、一回一回の難所に疲労が蓄積されていくものの、本来のFPSとはこうあるべきだと感じずにはいられない。凝った演出や感動的なアメリカ軍大勝利ムービーなんて見たくてFPSをしているわけじゃない。敵を撃って、移動して、撃ってを繰り返すだけのゲームは本当に少なくなった。だが、FPSとは"そういうもの"なのである。だから永遠に戦い続けられるゲームが今日までに話題として生き残った。プレイせずとも、誰もがSamの名を聞く。プレイした者にとっては二度と最終面は御免だがね。

resize2450.jpg
二度としません!!

ラストシーンの高難易度っぷりは非常に有名で、もはや開発は病魔に侵されている。
ああ、最終面だからとびっきりに難しくしたんだよ。ファンサービスってこういうもんだろう?考え直せCroteam。これは苦痛でしかない。クソ長い一本道に、奥から大型の敵を沸かせまくり処理が追い付こうが何だろうが、プレイヤーに向かって全軍突撃させる。弾薬はMAXでも足りないから、道中の弾薬BOXまで戻る羽目になる。だが安心してほしい、敵が沸いた瞬間に後ろ向きで攻撃しながら後退をするので弾薬ポイントまで既に戻ってきた。そして気が付いたらスタート地点まで追い詰められている。ラストのラストが、これまた心をへし折る鬼畜行軍であり、正気の人間は攻略に2日間かかるはずだ。まともじゃない物量に、まともじゃない開発、苦しみをこらえて最後のコーナーで見た巨人の波状攻撃。ファンサービスってこういうもんだろう?おお、そうだったね。先ほどは申し訳ない。考えてもみればSamのラストシーンは毎回に局所的な高難易度だった。今回は異常にラストが難しかっただけなんだね。致命なくらいに敵を打倒しまくった。
・・・

久しぶりにダメゲ部を掲載したのですが、今回は議論が必要かもしれませんね。
と言うのは、『局所的に難しい』というのは、結局のところプレイヤー腕によるからです。ほぼ全プレイヤーがボス戦で困窮するであろうDoDonPachi Resurrection・ブラックレーベルモードほぼ全員が立腹するであろうラストシーンがあるSerious Sam 3の2作品を取り上げましたが、この2つはゲーマーの間でも評価が高く、決して低品質なタイトルではありません。そもそも高品質なゲーム内容でなければダメゲーに選出されません。その上で致命的な高難易度を有していなければならないのですから。ただ、STG系は得意・不得意の差が大きく開くジャンルだと思いますので、「午後のPCゲームがボス戦だけが難しいって言ってるけど、全体的に難しいじゃないか。嘘つき」と思われてしまっても、私側からは反論が出来ません。或いは、その逆もあるかもしれませんが、それは貴方がトッププレイヤーな証拠です。貴方が簡単だと思われても、私にとっては高い高い壁なのですから。
別に選出タイトルが虫姫さまでもSerious Sam Classic: The First Encounterでも良かったのです。今回、その他に選出を見送ったタイトルを下記に列挙しますので、興味があれば各人が評価してあげてください。どれも名作揃いですが、やはり局所的に難しさが目立ちます。

Outland:ラスボス戦が高難易度。自機の強化概念があるため見送り(過去記事あり)
XCOM: Enemy Unknown:序盤強制イベント。(カテゴリ内に該当記事あり)
Zombie Army Trilogy:一部鬼畜シーンがあるが、Coopにて打開可能(過去記事あり)
Red Faction Guerrilla:車を使ったミッション全般。(カテゴリ内に攻略記事あり)


Rising Storm 2: Vietnam よく解らん大型アプデ

resize63579.jpg

少し前から、謎のやる気を見せアップデートを繰り返すRising Storm 2。
新しいMAPを追加しまくる、WW2武器を追加する、AKを更に強化するなどの内容盛りだくさんであるが、どうにしろ一撃死マルチプレイなので何が変わったのか解らない。取り敢えず、ベトナム陣営は強化されたと見て良い。まぁ、攻撃ヘリが使用できない陣営なので陸戦兵器は優遇されすぎても問題は無いような気もする。

resize63621.jpg

地味にアメリカ側が厳しくなった。
特に感じるのは、トラップ類の解除モーションが追加されたことで、前verでは即時解除が可能だったが、現行では2秒程度の解除時間が発生をする。トラップ解除中は身動きが取れなくなるので、狙撃の的。これを利用して、敢えて目立つ位置にトラップを設置し、解除中のアメリカ兵を狙撃する猛者も居た。またAK類のショルダーストックが強化され、ADS/AIMの性能が向上をしたため、アホみたいに狙い撃ち乱射OKみたいな風潮になった。やべェ。

resize63574.jpg

気が付いたら日本語が追加されていたが、フォントの関係で読み辛さMAX。
日本語が追加されたことでプレイヤー人口が増えると思ったが、そもそも、この手の洋ゲーをプレイする輩は言語関係なし。日本語を堪能したため、英語に戻す。やはりベトナムはロックに限るね。

resize63592.jpg



resize63619.jpg



resize59264.jpg



resize46730.jpg

Don't look back to see!!

プレイヤー人口も、そこそこ増えてきているようなので、週末は皆でベトナムしよう。
とってもカジュアルなFPSなので、誰でもお勧めです。
プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR