湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNE ORIGINAL SOUNDTRACK 10th Anniversary Box 感想

resize62045.jpg

湾岸MIDNIGHTは1990年~2008年に連載された漫画で、その独特なセリフや濃すぎるキャラクターなどで人気を博した。その世界観そのままにアーケード・レースゲームとして稼働したのが湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズである。この作品内で使用される音楽は非常に人気があり、私も過去に販売されていたサウンドトラックを所有をしていた。しかし、MAXIMUM TUNE2のサントラは所有していても、それ以降のモノは持っておらず、忘れたままになっていた。仲の良いゲーム友達から、2015年に発売をした10th Anniversary Box の存在を知り、折角なので購入をした次第である。
このサントラで収容されているのは、MAXIMUM TUNE、MAXIMUM TUNE2、MAXIMUM TUNE3、MAXIMUM TUNE3DX+、MAXIMUM TUNE4、MAXIMUM TUNE5・・・106曲にも及ぶ壮大なボリュームである。現時点で同作品のサントラを聞くのであれば、余程の拘りが無い限りは10th Anniversary Boxを購入するのが最も手堅い手段だろう。

resize62046.jpg

CD6枚のボリュームも凄いが、各作品を担当したゲームプロデュサーのコメントやシリーズの音楽を手掛けた古代祐三による回想録などブックレットも厚い。このブックレットで知ったのが、製作人にはクルマ好きが多いという印象だった。宣伝用に盛った可能性もあるが、2代目プロデューサーを務めた小林景氏の所有した車数10台、うちターボ車7台という経歴は明らかに一般人のソレとは大きくかけ離れている。ブックレット内でも、この方の話は、同級生であった古代祐三にも及び、運にも恵まれているのを感じる。(しかも仲が良かったらしい)そのため、ブックレットそのものとしては、この2人のインタビューがゲーム製作人とゲーム音楽家の対比がハッキリとしており、個人的に楽しめた。

resize62047.jpg

ゲームの方向性が初代から変わらないため、シリーズ通じて安定した面白さがある。
しかし、ボリュームが桁違いに増えたMAXIMUM TUNE2がゲームとしても、音楽としても最高に盛り上がる。この作品に関してはOP~既に素晴らしい音楽が目白押しで、特に後半戦で流れる”Destination Blackout”はカッコ良い。MAXIMUM TUNE3DX+以降は触れる機会が無く全く知らない。しかし、それでも良い曲が多く、Maxi5は”Daystar” Maxi4の”Driving Energy”などテンポの良い曲や”Taillight”の一節である『Two hearts beat as one・・・I follow your taillight.』は原作漫画に出てきそうな英文である。
ゲームに引けを取らない音楽性、音楽に負けていないレースゲーム。同作品をプレイした事がある方なら、きっと気に入るサウンド集だと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばりー

Author:ばりー
PCゲームとビールを愛するおっさん
お気軽にコメントして下さい
なにかあれば返信します

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR